※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

キノコの塩焼き+ハム+バジルのバゲットサンドイッチ

レシピ

主力野菜➡︎舞茸、しめじ

タンパク源➡︎なし

サブ食材➡︎マッシュルーム、ハム、タイムやバジル

今回はバゲットサンドイッチのレシピ。バゲットを切り開いて具材を入れていく。具はハムときのこの塩焼き。フレッシュバジルを挟んで爽やかな香りとともに頂くハムとキノコの塩焼きのハーモニーは至福を味わえる一品。

ハムはできれば市販の添加物モリモリのハムではなくて、ちゃんと豚肉から作ってる無添加のやつがいいけどどうにも手に入らない時はメーカー物でも。でも本物のハムで作るこのバゲットサンドイッチはめちゃうまですよ!

キノコの塩焼きはこのサンドイッチのためだけに作るのは非常にもったいないです。副菜、料理の付け合わせとしてもオシャレで味も美味しい。

ただ本物の豚ハムを使うにしても量が少ないからこのサンドイッチだけだとタンパク質不足になる。タンパク質が入った野菜スープなどを献立にすると栄養バランスがよくなる。

材料 2人分

バゲット40cm

きのこ(舞茸、しめじ、マッシュルームなど)の塩焼き 80g

ハム 4枚(サラダチキンでもいい)

好みのハーブ(タイムやバジルなど)

調味料

《バター12g➕マスタード3g》

工程

下ごしらえ

40センチのバゲットは半分の20センチに切り分ける。包丁で横目に切り目を奥まで入れる(上下をすぱっと切り分けてもいい)

バゲットに具を挟む

上下を切り開いたバケットの内側に《バター12g➕マスタード3g》を塗る。上下両方に塗る

👇ハム、きのこの塩焼き、ハーフを挟んで完成

スポンサーリンク

【オーブン調理】きのこの塩焼き

副菜、弁当、ハンバーグの付け合わせなどいろいろ使い回しが効く超便利レシピ。なおかつ栄養的にも超優秀。これ1品作り置きしておくだけでもだいぶ助かる。冷凍もできるからたくさん作って子供の弁当おかずにしても。シンプルに美味いからキノコ嫌いの子供でも意外と食べてくれる確率が高い。

スポンサーリンク

材料

しめじ、しいたけ、まいたけ、マッシュルームなど計500g

にんにく薄切り

好みのハーブ(タイムやオレガノ)

調味料

《オリーブオイル23g➕赤ワインビネガーor酢23g》

塩2.5g

工程

下ごしらえ

キノコは食べやすく手で割く

キノコと調味料を和える

ボウルorポリ袋でキノコ類500gと調味料《オリーブオイル23g➕赤ワインビネガーor酢23g》を和える

洗い物を出したくなかったらポリ袋で和えるのが手軽

オーブンorグリルorフライパンで焼く

今回はオーブンでやる。180℃予熱しておく。

調味料を和えたキノコを耐熱容器に広げて、塩2.5gを振る➡︎にんにくとハーブを振りまく

フライパンでも作れるけど、オーブンなら温度と時間さえ設定すれば放置できるので手軽

👇180℃で15分焼く

作り置きと保存日数

きのこの塩焼きは冷蔵で4日以内に食べきる。4日以内に食べきるなら作り置き可能。冷凍保存可能。冷凍は1ヵ月以内に食べ切る。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました