※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

【主菜】豚ロース肉➕赤パプリカ➕いんげんの醤油炒めのレシピ

レシピ

主力野菜➡︎なし

タンパク源➡︎豚ロース肉

サブ食材➡︎パプリカ、いんげん、生姜

主力常備野菜がなくてサブ食材のパプリカとインゲンを使うというなんとも作りづらい料理がコレ。いんげんが安く大量に手に入る夏の時期にしか作らないような料理。

寒くていんげんとかが高い時にわざわざこれを作ろうとは僕は思わないから、野菜直売所や畑の無人販売でインゲンが大量に100円で売られているときにいつも作ってる。

国産の赤パプリカは高いからピーマンで代用可能。パプリカを日常的に買う人ってあんまりいないですよね、、パプリカって1個でなんであんなに値段高いんでしょうね。けちんぼの僕にはあまり手が出せない食材なんですよね。。

と、この料理を紹介しておいてこのレシピをディスってしかないけど年1くらいで作るこの料理の味はとてもおいしいですよ。

スポンサーリンク

レシピを見ないで作るための基本的な作り方工程

少量の油をフライパンに引いて豚肉に火を通すことで出てくる豚肉の脂でいんげんとパプリカも火を通す。

豚肉の脂に生姜風味も効かせるため、いんげんとパプリカをフライパンに入れる前に生姜を入れて弱火で香りを出すことが大事。

豚肉の脂と生姜の風味が野菜に移ったら調味料を入れてさっと和えて完成

スポンサーリンク

豚ロース肉➕赤パプリカ➕いんげんの醤油炒め

材料

  • 豚ロース肉 100g
  • 赤パプリカ 100g(1/2個)
  • いんげん 100g
  • 生姜千切り 1かけ

調味料

《醤油12g➕酒10g➕(砂糖3g)》👈砂糖はなくても。

仕上げ用《太香ごま油6g》

工程

0、下ごしらえ

【切る】

  • 豚肉は細切りにして、酒と塩で下味付ける。炒める前に片栗粉まぶしておく
  • パプリカは薄切り
  • インゲンは5cm長さ

1、油で食材を炒める

油ひいて、最初に豚肉から炒める

👇豚肉の色が変わったら一旦取り出して、生姜千切りを弱火で香りを出していく。香りが出てきたら、インゲン、パプリカ入れて蒸し炒めする。時間にして大体2分。

豚肉を取り出した後フライパンをきれいにしなくてもいい。白フライパンに豚肉の旨味の脂が残ってるからその脂で生姜の香りを出していって、生姜の香りをまとった豚肉の油でパプリカとインゲンを炒めるイメージ。

2、調味料を入れて混ぜ合わせる

豚肉を戻し入れて調味料も投入する

👇仕上げにごま油入れて完成!

作り置きと保存日数

前もって作り置きが可能。冷蔵で3日以内に食べきる。

完成後、熱が完全に取れたら保存袋に入れて冷凍可能。1ヵ月以内に食べ切る。解凍するときはレンチンかヘルシオの「しっとりあたため」でもいい。ヘルシオの「さっくり温め」だと”焼き“が入るのでしっとり温めのほうがいい。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました