※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

【主菜】豚肉➕小松菜➕生シイタケのオイスターソース炒めのレシピ

レシピ

主力野菜➡︎小松菜、椎茸

タンパク源➡︎豚薄切り肉

サブ食材➡︎なし

オイスターソース炒めは中華です。オイスターソース炒めは他の醤油炒めなどと違って少し特殊で、覚えなきゃいけないオイスターソースのタレの作り方があります。その作り方は暗記して覚えないといけないけど、いちど覚えてしまえば他のオイスターソース炒めに応用できるから中華の炒め物が好きな人はオイスターソースのタレの作り方を必ず覚えるようにする。

オイスターソースのタレは酒3➕オイスターソース3➕醤油1➕砂糖1の割合で作る。プロは左から順番に適切なタイミングで投入していくけど、初心者は最初から全部混ぜ合わせたいわゆる「合わせ調味料」にしてもいい。

今回の料理は小松菜と椎茸の主力野菜2種を使った炒め物で、どっちも栄養価が高い。豚肉と合わせればビタミンミネラルの栄養価も取りつつタンパク質も摂れるから主菜として充分役目を果たしていますね。

献立は中華スープをつけてあげるとバランスがとれますよ。

スポンサーリンク

レシピを見ないで作るための作り方イメージ

肉を炒める工程と野菜炒め工程を分けて考えるのが大事

《肉を炒める工程》豚肉に下味付ける➡︎片栗粉まぶす➡︎ごま油で肉を炒める

《野菜を炒める工程》植物油に生姜の風味を移して、その油で椎茸と小松菜を炒める

《オイスターソースのタレを作る》調味料を野菜の入ったフライパンに入れて煮立たせる。煮立ったら肉を戻して野菜とサッと混ぜ合わせる。仕上げに風味付けの太香ごま油をかけて完成

スポンサーリンク

材料

  • 豚肉100g➕下味(酒➕醤油)
  • 小松菜 150g
  • 生シイタケ 100g

調味料

《オイスターソース18g➕酒15g➕醤油6g➕砂糖3g》

スポンサーリンク

工程

下ごしらえ

豚肉は一口大→下味を揉み込む

小松菜は5cm長さ

椎茸は石づきをとって半分にそぎ切り

油で食材を炒める

オイスターソース炒めは中華だからごま油を使う。

焼く直前に下味をつけた肉に片栗粉をまぶして炒める

👇肉の色が変わったらフライパンから取り出して生姜の薄切りを弱火で炒める

→生姜の香りが出てきたら小松菜の茎と葉を入れてさっと炒める

小松菜の茎と葉は時間差をつけて入れてもいいし、茎の食感をより生かしたいなら同時入れでもいい

👇小松菜がしんなりしたら椎茸を加えて炒める→しいたけに油が回って少しカサが減ったら豚肉を戻す

スポンサーリンク

調味料を入れて炒め合わせる

豚肉を戻したらすぐ調味料を回し入れてさっと炒め合わせる

👇仕上げに太香ごま油を回し入れて完成!

中華では仕上げに太香ごま油を回しかけることをよくやる。これは風味づけのため

作り置きと保存日数

冷蔵庫で3日以内に食べ切るようにする。3日以内に食べる予定なら作り置き可能。

冷凍もできるから完成して熱が取れたら保存袋に空気を抜いて平たくして冷凍庫に入れる

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました