※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

【副菜】もやし+卵炒めのレシピ

レシピ

主力野菜➡︎もやし

タンパク源➡︎卵

サブ食材➡︎なし(ニラ入れても)

まず味付けが塩胡椒だけと醤油すら切らしててもできる料理。さらにもやしは食物繊維が多くて安い割に栄養価も高いオススメ野菜。卵でアミノ酸スコア100%のタンパク質も取れる。材料2種で地味な料理だけど意外と栄養を摂れる。冷凍ニラがあればさらに栄養をプラスできる。

炒めもののもやしはシャキシャキに仕上げたい。火を通しすぎるともやしの水分が抜けすぎてベチャベチャもやしになってフライパンの中も水浸しになって扱いに困るから気をつける!料理初心者からするともやしを炒める時間は想像以上に短い。

中華シェフのように、もやしを短時間で火を通す自信がなければ弱火でゆっくりもやしに火を入れていくと時間はかかるけど水分をもやしに閉じ込めたままシャキシャキに仕上げられる。これは料理素人には嬉しい。

スポンサーリンク

レシピを見ないための作り方イメージ

溶き卵に塩で下味付ける➡︎半熟の炒り卵にする➡︎もやしをシャキシャキ食感を保って火を通す➡︎シャキシャキもやしと炒り卵を同じフライパンで合わせて塩胡椒で味付けして完成

※簡単そうで地味な料理だけど、もやしをシャキシャキに仕上げる火入れと、半熟で仕上げる炒り卵を作るのはなかなか難しい。

あとは炒める用の塩胡椒のほかに溶き卵の下味に塩味を付けるのも忘れやすいところ。だから全体で塩の量は2g超えと意外と多い。テキトーなレシピには塩少々とか適量って書いてあるから適量がわからずに素人は0.3gくらいしか入れなかったりする、、、昔の僕。

スポンサーリンク

材料

もやし 200g(一袋)

溶き卵 2個

調味料

溶き卵の下味用《塩1g》

炒め調味用《塩1.2g➕胡椒》

工程

下ごしらえ

もやしのひげ根を取る(1袋20円もやしごときに10分位の手間をかけるのは何だかモヤモヤするけど、美味しくするためには仕方ない。めんどい人はやらなくてもいい。ちなみに僕はめんどいから取ってない。このメンドイ作業のせいでもやしを習慣的に食べれないことのほうが僕にとってデメリットだから。)

👇卵2個に対し、塩1gぐらい入れて溶き混ぜる

【調味料の用意】《塩1.2g➕胡椒》

油で炒り卵を作る

👇このような半熟状態になったらフライパンから取り出す

スポンサーリンク

食材を炒めて塩こしょうで味付け

炒り卵を作った後のフライパンに油をひいて、もやしを強めの火で炒める。ソッコーで火が通るから、もやしから目を離さないこと。もやしに火が通った目安はもやしが油でコーティングされて艶っぽくなったら。

👇もやしに火が通ったら炒り卵を戻し入れて、すぐに塩胡椒入れてさっと炒め合わせて完成!

作り置きも冷凍するような料理じゃないから作ったらその場で食べ切ろう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました