※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

殻付きエビのトマトクリーム煮のレシピ

レシピ

主力野菜➡︎玉ねぎ

タンパク源➡︎エビ

サブ食材➡︎ニンニク

食材は玉ねぎとエビだけの栄養的に若干頼りない料理。でもニンニクみじん切りやトマト缶を使うからそこからの栄養素もある。

スポンサーリンク

レシピを見ないで作るための作り方イメージ

ニンニクオリーブオイルで玉ねぎみじん切りを炒める➡︎エビを入れて7割がた火を通す➡︎白ワインをひと回しかけてアルコールを飛ばす➡︎水分(トマト缶)を入れる➡︎トマトの水分を煮詰めて味を凝縮させたところで生クリームを入れてとろみがついたところで完成

※洋風煮込みの基本的な作り方のイメージは全てこんな感じ。この作り方の基準をしっかり覚えていれば他のソースや食材でも応用が利く

 

スポンサーリンク

材料 2〜3人分

殻付きエビ 200g、米粉(エビにまぶす、とろみ付け用)

にんにく(みじん切り)1かけ➕玉ねぎ(みじん切り) 1/2個

生クリーム100ml(豆乳50ml➕無臭ココナッツオイル50ml➕甘味20g)

調味料

《白ワイン30g➕トマト缶1つ400g➕鶏ガラの素2.5g》

工程

下ごしらえ

殻付きのエビは殻と背ワタを取る

👇片栗粉と塩をまぶしてエビに揉みこむ。しっかり揉み込んだら水で洗い流して水気拭く(エビ独特の臭みを抜くためにやる下ごしらえ)

👇水気を拭きとったらえびにとろみ付けのための米粉or薄力粉をまぶしておく

油で食材を炒める

フライパンにオリーブオイルを引いて、「にんにく(みじん切り)1かけ➕玉ねぎ(みじん切り) 1/2個」を弱火で炒める。玉ねぎが透き通ってしんなりするまで炒める

玉ねぎが透き通ってきたら米粉をまぶしたエビを鮮やかな色になるまで炒める

ただし炒めすぎるとエビが硬くなるのでえびに7割がた火を通すイメージで。

👇エビの色が鮮やかに変わったら白ワイン30g入れて煮立たせてアルコール飛ばす

素材に白ワインの風味を移すためのテクニック。洋風煮込みはこの後に必ずと言っていいほど水やトマト缶などの水分を入れて煮込む。これ一連の流れは洋風煮込みに共通する工程だから覚える。大事だからもう一度言います。

食材を炒めた後に煮込むとき、すぐに水などの水分を入れるのではなくて直前に白ワインをひと回し入れてアルコールを飛ばす工程を挟む。

スポンサーリンク

食材を煮る

白ワインのアルコールが飛んだらトマト缶を一気に入れる

👇ふつふつしている状態を保つ火加減で7〜8分煮詰める。最後のほうになると1番右写真のように汁気が少なくなってくる

👇煮詰まって旨味が凝縮してきたのを合図に、生クリームを入れて再び煮る。ほどよくとろみがついてきたら火を止めて完成!

器に盛ったらイタリアンパセリや貝割れを振るとおしゃれ。

スポンサーリンク

作り置きと保存日数

作ったら3日以内に食べきる。冷凍する場合は熱がしっかり取れたら保存袋に入れて密封で冷凍保存する。1ヵ月以内に食べ切るようにする

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました