※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

【副菜】炒めにんじん➕春雨の韓国風ピリ辛ナムル

レシピ

主力野菜➡︎にんじん

タンパク源➡︎なし

サブ食材➡︎春雨

にんじんが大量に余っている時にぜひ作りたい副菜がこれ。タンパク質がないから献立を考えるときは蛋白源となる主菜が必要。ナムルだから味付け的には大人は大好き、子供もはまってくれれば食べてくれる。春雨は麺みたいな感じで子供ウケも良い。一度作ってみて子供がしっかり食べれるかを確認することが大事。幼い子供に栄養をつけさせる上で常備野菜のにんじんを食べてくれるのは非常に価値が高い。

どんな味付けをしたらにんじんを食べてくれるか?それを自分の家庭で見つける作業がとっても大事です。

乾燥春雨はできればスーパーの中国産ではなくて国産の春雨を使うのが良い。春雨は緑豆からできたものと馬鈴薯デンプンからできたものがある。緑豆からできたものは中国産で馬鈴薯デンプンからできたものは国産です。スーパーに国産の春雨なんて売ってないよって人はオイシックスなどのネット宅配を覗いてみるのも手。ちなみに僕は自然食品店で国産の春雨をいつも買ってます。

スポンサーリンク

材料

にんじん(粗めの千切り) 100g

乾燥春雨 60g

白すりごま(トッピング)

調味料

《醤油18g➕砂糖3g➕ニンニクすりおろし1/2かけ➕太香ごま油10g➕一味唐辛子》

ナムルの基本の調味材料は《太香ごま油➕にんにくすりおろし➕塩》で、この3つが入ってればナムルの味になる。だから砂糖は必ずしも入れなくていい。子供が食べてくれない時は砂糖で甘さを追加して食べるかどうか様子を見てみよう。ピリ辛成分の一味唐辛子も小さい子供がいる家庭では子供の分は抜いておこう。

スポンサーリンク

工程

下ごしらえ

にんじんは千切り➡︎太白ごま油で炒める➡︎和える用のボウルに入れておく

👇春雨はメーカー指定の茹で時間で茹でる➡︎ザルで水気切る(仕上がりに差が出るから一滴も水気を残さない覚悟で水気を切ることが大事!)

日持ちさせたいなら春雨は気持ち短めに茹でる。ためにゆでると春雨が水っぽくなる。全てに共通するけど水っぽいと保存性が悪くなることを知っておく

炒めたにんじん➕茹でた春雨➕調味料を和える

👇好みで白すりごまをふりかけて完成!

作り置きと保存日数

冷蔵庫で4日以内に食べきる。作り置きしておく場合は真空容器や真空袋に入れて冷蔵保存しておけば1週間は日持ちする。後は春雨を短めに茹でておくと保存日数も伸ばせる。春雨をぐずぐず長ったらしくゆでると水っぽくなって痛みも早くなる。保存日数を伸ばすやり方もう一つ、ナムルのタレの味付けを濃いめにしておくと日持ちが良くなる。塩分量が多い方が日持ちしやすいってこと。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました