※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

アボカドの保存法!常温、冷蔵、冷凍どれがいい?食べ頃の見極め方

食の知識

アボカドは食べごろを判断するのが意外と難しい野菜です。指で押してみて硬すぎるのはまだ成熟してないから食べごろではないと判断できるけど、どのぐらいの柔らかさになったら美味しく食べれるのか?アボカドの上手な保存方法を徹底的に説明していきます。

スポンサーリンク

アボガドの食べごろっていつ?

アボカドの食べごろを判断する時に何を見ればいいのか?実は触ってみた硬さで判断する以外にも方法があります。食べ頃の見極め方を説明します。

アボカドの皮の色が緑色から黒に変化したとき

アボガドって全部黒に見えませんか?でも実は違うんですよ。トマトと一緒でアボガドにも未成熟なものと完熟しているものがあります。未成熟なアボガドは皮の色が緑っぽいです。スーパーに売ってるものは黒く見えますが、よーく見ると緑がかってます。黒に近い緑色って感じです。

これをもっと常温に置いておくと熟していってやがて緑色が抜けて黒くなっていきます。

だからちゃんと皮の色を見てまだ鮮やかな緑色のときは触ってみても固いはずです。そのタイミングでは確実に食べごろではないのでまだ食べない方が良いでしょう。食べない方が良いと言うより硬くて食べないと思います。

ただスーパーで売ってるアボガドは硬くて食べれないくらいのアボカドは見かけない気がします。中には全然熟してないアボガドもあるので色はしっかり見ましょう

ハリとツヤがある

未熟なアボガドも完熟したアボガドも大体ハリとツヤはあります。問題となるのは完熟期をすぎて腐敗する途中のアボガド。熟した後は品質が落ちていくだけ。その過程でアボガドのハリとツヤもだんだんなくなってくる。指で押してみて柔らかすぎてシワが寄っているときはたいてい中の色も黒く変色することが多いです。おじいちゃんのようによぼよぼのアボガドではなく、ピチピチなものの方が食べごろです。

スポンサーリンク

指で押してみて適度な柔らかさがある

未成熟のアボガドは指で押してみてもすごく硬いです。熟していくとだんだん柔らかくなっていきますが、判断が難しいのはどのぐらいの柔らかさなら1番良い食べごろなのかと言う事。

これは経験して初めてわかる部分でもあるのですが、柔らかすぎるのも完熟期を過ぎている可能性があるのでそのようなアボカドは食べごろと言うより、切ってみると中が変色してて食べれなかったりすることがあります。なんていうか柔らかすぎるアボカドってなんとなくわかるんですよね、押してみて何となく気持ち悪い感触なんですよ。そういうのは大抵完熟期を過ぎてます。

何度かアボカドを買って硬さで判断して経験を積むのが1番です。

スポンサーリンク

アボガドはどうやって保存すればいい?

買ってきたばかりはとりあえず常温で置いておく

スーパーに並んでいるアボカドはまだ完熟してないものがほとんどの印象です。だから買ってきたアボカドは基本的にその日に食べない前提でいましょう。1日2日常温で放置しておくことでより熟しておいしくなる。アボガドは暑い地域で収穫する野菜なので常温で保存する際は28度くらいまでなら大丈夫。(僕は真夏の30度位の部屋でおいてても大丈夫ですけど)

早く追熟させるならバナナやりんごと一緒にポリ袋に包む

キウイがまだカチカチで全然食べごろでない時に「りんごと一緒のポリ袋に入れておくと柔らかくなるよー」ってお店の人に聞いたことがあります。アボガドもキウイと形似てますよね。そうなんです、アボカドもキウイと一緒でりんごと同じポリ袋に入れておくと早く追熟するんです。

これはリンゴが発するエチレンガスが原因。多くの野菜はりんごを隣同士に保存しておくと良くないっていいますよね。エチレンガスのせいです。これを逆手にとるわけです。

「冬以外はりんごが高いからいつでもりんごなんて家にあるわけないよ」って人はバナナでも同じ効果があります。バナナなら年中手ごろな値段で売っていますね。アボカド買うならバナナも一緒に買う手はありですね。

スポンサーリンク

アボカドの冷蔵保存は野菜室が最適

アボカド冷蔵保存するときは冷蔵室ではなく野菜室が最適です。冷蔵室では気温が低すぎるのです。先ほども言ったようにアボカドは暑い地域で収穫されるもので、寒すぎるところで保存すると低温障害を引き起こして傷んでしまいます。

野菜室で保存するときはポリ袋に包むか、無添加ポリラップに包んで保存します。裸で保存するのは乾燥が進んで傷むのでNG。

あえて未成熟なうちに野菜室で保存する

アボカドを少しでも日持ちさせたいならまだ硬い未熟なうちに野菜室で保存する手もあります。そうすると完熟になるまでの期間を稼げるので、「スーパーで広告の品だったからとりあえず買っておいた!」みたいなときで献立の予定がない時に方法で保存しましょう。

食べたいなぁってなったときに常温に戻せばいいだけです。そうやってアボカドの食べごろを自分でコントロールできます。

冷凍保存するときは丸ごとorカットしてから

アボカドは冷凍保存することもできます。しかも皮がついたままそのまま冷凍もできるし、食べるときに切る手間がないよう、切ってからの冷凍もできます。自分の生活スタイルに合わせて冷凍保存も活用しましょう

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました