※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

葉生姜の栄養を根生姜と比べてみる 葉生姜の調理法も

食の知識

葉生姜って知ってますか?こんなやつです。

たまにスーパーで見かけることもあると思いますが多くの人がスルーする食材の1つかと思います。根生姜はよく買うけど、葉生姜なんて下ごしらえも使い方も知らないし!

かくいう僕も今まで葉生姜なんて素通りしてきました。けれど8月のある日、近所の畑の無人販売所にこの葉生姜が売られてまして、スーパーより安かったのでためしに買ってきたのです。

早速ネットで下処理、どんな食べ方があるのか調べて調理してみました。すると葉生姜は生で食べられるらしく、生なら味噌をつけて食べたり、甘酢漬けにして食べるのがポピュラーらしいとのことでやってみました。

このページでは食べ方と合わせて、葉生姜の栄養価を同じ生姜仲間の根生姜と比較してみました。

スポンサーリンク

葉生姜って根生姜と違うもの?

ます生姜は生姜でも葉生姜と根生姜は何が違うのか?

葉生姜は根生姜ができる前の早摘みの生姜です。葉生姜をそのままもっと放っておけば根生姜になるわけです。

大豆と枝豆の関係に似てます。枝豆は大豆になる前の若い豆ですよね。枝豆も放っておくと大豆になります。

葉生姜は早摘みだから根生姜より根が小さいですしね。

葉生姜の鮮度は茎の部分のピンク色で判断できます。鮮やかなピンクなら鮮度はいいです。鮮度が落ちるほどどす黒いピンク色になっていきます。

スポンサーリンク

葉生姜と根生姜の栄養価比較

両者のビタミンミネラルを比較しました。カロリー、三大栄養素ほぼ無いに等しいので載せていません

葉生姜(50g)
根生姜(50g)
ビタミンE 0.05mg ビタミンE 0.05mg
ビタミンB1 0.01mg ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.02mg ビタミンB2 0.01mg
ナイアシン 0.15mg ナイアシン 0.3mg
ビタミンB6 0.04mg ビタミンB6 0.07mg
葉酸 7μg 葉酸 4μg
パントテン酸 0.04mg パントテン酸 0.11mg
ビタミンC 1.5mg ビオチン 0.35μg
ビタミンC 1mg
【ミネラル】
ナトリウム 2.5mg ナトリウム 3mg
カリウム 155mg カリウム 135mg
カルシウム 7.5mg カルシウム 6mg
マグネシウム 10.5mg マグネシウム 13.5mg
リン 10.5mg リン 12.5mg
0.2mg 0.25mg
亜鉛 0.2mg 亜鉛 0.05mg
0.03mg 0.03mg
マンガン 2.37mg マンガン 2.51mg
セレン 0.5μg
クロム 0.5μg
モリブデン 3μg

どちらも同じ生姜だから栄養価的にほぼ違いは見られなかった。突出した栄養価で言うとミネラルのマンガンが多いです。

ただ量の割には栄養価は優れていない印象を持ちました。根生姜50gは親指大2カケくらいなのでそれなりの量です。

にもかかわらず、生姜は健康効果が高いとよく話題になりますよね。おそらくビタミンミネラル等に表れない隠された健康効果があるはずです。それについて深掘りしていきたいと思います。

生姜にしかない成分!ジンゲオールとショウガオール

見てきたように葉生姜にはそこまで多くのビタミンミネラルがあるわけではありません。それ目的なら他の野菜で摂取した方が断然効率が良い。

しかし生姜は中国漢方の重要な効能成分としてよく入っていたりと、それ以外の部分に秘密があるはず。

それがジンゲオールとショウガオールです。

ジンゲオールは生の生姜にたくさん含有されてる辛味成分。生姜の甘酢漬けとかって辛いですよね。その辛味がまさにジンゲオール!この辛味成分がどう僕たちの体に作用しているかと言うと免疫細胞の白血球の量を増やして免疫機能アップに繋げているのです。殺菌作用もあり、風邪予防にも風邪をひいた後にも効果があるわけです。ただしジンゲオールは加熱すると量が少なくなります

ショウガオールは逆に加熱や乾燥すると出てくる成分で、血行良くして冷え改善効果があります。

手軽に生姜を取り入れようと乾燥生姜パウダーを常備してる家庭もあります。うちがそうです。気をつけないといけないのは生姜パウダーにはジンゲオールがほとんど含まれていないと言う事。なめてみればわかりますがあまり辛くないと思います。

でもどちらの成分も免疫力向上効果はあるようです。

葉生姜の下ごしらえのやり方

1、緑色の茎部分を2センチほど残してその先を切り落とす

2、食べやすいように分解する

↓こうやって密着してる部分は汚れを落としにくいし、食べにくいからポキっと折る

↓最終的にこんな形で分解する。色が変だったり気持ち悪いところは指で引っ掻いたり、包丁で切るなどして取り除く。

3、しっかり水で洗う

土の洗い残しがないようにしっかり洗う

スポンサーリンク

葉生姜の食べ方、レシピ

葉生姜の甘酢漬け

葉生姜の最もメジャーな食べ方が甘酢漬け。甘酢の素さえ用意できればすぐ作れます。

1、しっかり洗って下処理した葉生姜をポリ袋に入れて甘酢タレを入れて完成!

保存容器に入れて漬けるのももちろんいいが、洗い物が出るし、甘酢の調味液をしっかり浸すためにはそれなりの量が必要です。ポリ袋なら空気を抜くことで少量の調味液で全体がしっかり浸せます。

上の写真ではだいぶ調味液をケチってます。まだ上の状態だと全部が浸からない。こういう時に↓のように真空袋を使うと全部が浸かります。あらかじめポリ袋に包んでから真空袋に入れてるので、調味液がはみ出さない限り真空袋も汚れません。

スポンサーリンク

葉生姜の味噌漬け

洗った葉生姜を味噌に付けて食べるだけ。食べてみるとめちゃくちゃ辛いです、、この時点で無理な人は無理かも。2茎食べたら額に汗ダラダラです。ちなみに茎は硬くて食べられません。ピンク色のところまでは何とか食べれるかなって感じ。3茎目は食べれませんでした。これ以上は食べるな!っていう葉生姜からの合図かも。

葉生姜の保存法

葉生姜を冷蔵で保存するときは根の部分が乾燥しないよう湿らせたキッチンペーパーで包んで保存します。

葉生姜をあえて乾燥させる手もあります。茎は全部取って根部分にして乾燥させましょう。乾燥させればショウガオールが増えるんでしたね。乾燥させることで日持ちさせることもできます。乾燥させた生姜は炒め油に香り付けに使ったりします。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました