※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

みかんの保存方法【常温、冷蔵、冷凍】

食の知識

みかん(蜜柑)と言うと、冬に炬燵で食べるイメージがありますね。みかんには種類が沢山ありますが、時期は秋~春になります。ここでは、最も馴染みのある温州ミカンについて書いていきます。

スーパーやネット販売で、箱で売られていて、箱買いする家庭も多いかと思います。小腹が空いたり、おやつにや食後にちょうど良いですね。しかしながら、箱の中で傷んでいてがっかりすることも経験が多いことでしょう。ここでは、箱買いしたみかんが最後まで美味しく食べられるよう、保存方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

みかんは常温で保存して大丈夫?

保存で大事なことは、意外と知られていませんが、ヘタを下にすることです。

また、保存に適した温度は5~10℃と日の当たらない涼しい場所が適しています。

段ボールでの保管

箱買いしたり、箱で頂いたみかんをそのまま段ボールで保管されている方も多いと思います。段ボール保管でもひと手間かけるだけで傷みにくくすることが出来ます。

①すでに傷んでいるみかんを取り除きます。

②段ボール(箱)の底面にくしゃくしゃにした新聞紙を敷きます。

③ヘタを下にして並べて箱に入れていきます。

④新聞紙を上に被せて、涼しい場所で保存します。通気性確保のため、箱の蓋は閉めない様にしましょう。

食べるときは、下に置いたものから食べる様にしましょう。新聞紙がない場合はキッチンペーパーを代用できます。

常温保管日数の目安

保存日数は1~2週間になります。手間を惜しまず、最後まで美味しく頂きたいですね。

スポンサーリンク

みかんの冷蔵保存は冷蔵室と野菜室どっちがいい?

みかんの保存に適した温度が5~10℃なので、野菜室が適しています

冷蔵室と野菜室の違いは温度で、野菜室は3~8℃程度に設定されており、冷蔵室より温度が高くなります。

野菜室での保存は、出来ることなら1つずつ新聞紙に包んだ方が好ましいです。

冷蔵保管日数の目安

保存期間の目安は、2~4週間になります。 保存のポイントは、やはりヘタを下にして保存です。

みかんは冷凍保存できる?

冷凍みかんをご存じの様に、もちろん冷凍でも保存できます。自宅でも簡単に出来るので、ぜひ試していただきたいです。

スポンサーリンク

みかんの冷凍方法

皮つきみかんの場合

①皮が付いた状態で水に濡らします。

②トレーにみかんを並べて、冷凍室で凍らせます。

③しっかり凍ったみかんを水にくぐらせます。

④再度トレーにみかんを並べて、冷凍室で凍らせます。

⑤しっかり凍ったら、冷凍用保存袋に入れて保存します。

少し手間が掛かりますが、水にくぐらせることでみかんの外側に薄い氷の膜ができるので、みかんの乾燥を防ぎ、長持ちさせることが出来ます。

皮を剥いたみかんの場合

①みかんの皮を剥き、白い筋を綺麗に取り除きます。

②一個ずつラップに包んで冷凍保存します。

スポンサーリンク

冷凍保管日数の目安

冷凍保存の目安は、1か月程度になります。

美味しいみかんの選び方

美味しいみかんの選び方については、以下の項目を参考に確認することをお勧めします。

①全体の形が扁平なもの

丸い物と扁平な物がありますが、簡単な違いは、丸い物は成長中で扁平な物は成熟中。由良早生と呼ばれる品種は、形が丸形なのであてはまりません。

②表面に艶があり、色が濃いもの

③重量感がある

④軸が細い

軸とは、ヘタにある枝から切った部分。この軸が細い方がより美味しいとされています。

⑤皮のきめが細かい

皮の部分をよく見ると、粒々の斑点のような物(油胞)が見えます。この油胞が細かい方が鮮度が良いです。

まとめ

箱買いで長期保存をすることが多いみかんですが、食べ切れないと分かっていたら、予め冷凍、冷蔵、常温と3カ所に分けて保存することで長く美味しく頂けるように工夫出来るでしょう。

最後に、健康効果の知識として一言。

みかんを食べることで肝機能障害のリスクが低減されます。理由は、みかんに含まれるβクリプトキサンチンの効果にあります。日本人が長寿である根拠の一つに、食生活の中にみかんが食べられいることが挙げられているほど健康効果が高いとされています。

参照元: 農研機構 https://www.naro.go.jp/project/results/laboratory/fruit/2005/fruit05-11.html

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました