※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

レモンに期待できる健康効果とレモンにしかない栄養成分

 

スポンサーリンク

レモンの栄養素

レモンといえば、酸っぱいとか、柑橘類の爽やかな香りがするといったイメージがありますが、普段の私生活において、レモンを取り入れる習慣はありますか?
食事に入れたり、飾りとして使用したり、お酒やジュースなどにも使用されている大活躍のレモンです。

レモンには様々なミネラルが含まれており、効率よく摂取することで身体にいい健康効果をもたらすことが期待出来ます。
レモンに含まれるミネラルについて、調べてみました。

クエン酸

日常生活でも、よく耳にするクエン酸。
レモンを筆頭に柑橘類には、クエン酸が豊富に含まれています。
また、クエン酸といえば酸っぱいのが特徴で、疲れた時に酸っぱいものを摂ると身体がすっきりするので、リフレッシュすることができますよ。

ビタミンC

ビタミンCといえば、酸っぱいとか黄色いとかそんなイメージがありますが、実は無色・無味なのです。
またレモンには、ビタミンCが豊富に含まれているというイメージがありますが、レモン1個には20mgのビタミンCしか含まれていません。
レモンを上回る、ビタミンCを含む果実や野菜は、他にも多数存在しているのです。

スポンサーリンク

ポリフェノール

レモンの皮にが含まれるポリフェノールには、アンチエイジング・美肌効果があるため、美肌作りのを目指している方にお勧めです。
また、脂っこい食事もコレステロールを抑えられる作用があり、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防することも出来ます。

リモネン

リモネンは柑橘類の皮に含まれていて、食品や洗剤・医薬品など様々なものに使用されています。
すっきりとした香りのリモネンには、抜け毛防止・免疫力向上・リラックス効果・安眠効果など、様々なメリットがあります。

レモンの皮をそのまま食べることは難しいですが、砂糖浸けされたレモンの皮なら甘くて食べやすいですよね。
砂糖浸けされたレモンの皮を食べて、たくさんのいいメリットがあるリモネン効果を試してみてくださいね。

カリウム

カリウムは、様々な生体の機能を担っており、人体に必要不可欠なミネラルのことです。
そのため、カリウムが不足・過剰な状態になると人体に悪影響を及ぼすため、定期的な健康診断を受け、全身の状態を把握するようにしましょう。

スポンサーリンク

カルシウム

カルシウム不足が原因で、骨折を起こしやすくなったり、骨粗鬆症になったりとご存じの方も多いと思います。
継続的に食事からカルシウムを摂取することって、なかなか難しいですよね。

牛乳や魚などからカルシウムを摂取するイメージがありますが、実はレモン摂取することにより、カルシウムの吸収を促進させることが出来るのです。

スポンサーリンク

レモン摂取による健康効果

レモンは値段も安く、スーパーやコンビニなどで手に入りやすい環境にあります。
レモンを摂取することで、手軽に健康的な身体になれるなんて最高ですよね。
でも、具体的な健康効果ってどんなことがあるのでしょうか?
レモンによる健康効果について、詳しく調べてみました。

疲労回復効果

レモンには、クエン酸が含まれていましたね。
実は、あのクエン酸を継続的に摂取することで代謝が上がり、疲労の回復をサポートしてくれる効果があるのです。
クエン酸を含む酸っぱいレモンの匂いも、目を覚ますようなフレッシュな香りでリラックス出来るのは、そういった作用からなるということがわかりますね。

血圧抑制効果

いつもの食事にレモンを取り入れることで塩分をあまり使わなくても、レモンの風味や酸っぱさが食事を満たしてくれます。
その結果、塩分の取り過ぎを防止してくれるのです。
塩分の取り過ぎにより血圧が高くなり、高血圧の期間が長くなるにつれて心臓病や腎臓病・脳梗塞など生活習慣病を引き起こすことになるので、レモンの風味や酸っぱさで減塩の食生活を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

骨を強くしてくれる効果

レモンが骨を丈夫にするなんて、ちょっと意外な感じがしませんか?
実は、レモンに含まれるクエン酸には、カルシウムを体内へ吸収するのを促進させる作用があります。
従ってカルシウムとレモンを一緒に摂取することで、骨密度の低下を防ぐ効果が期待出来ます。
高齢者の方やお子様、閉経後の骨密度が低下しやすい女性の方に、ぜひレモンとカルシウムの相互作用をうまく利用して骨を丈夫にすることが出来るといいですね。

免疫力アップ

レモンといえば、ビタミンCが豊富といったイメージがありますよね。
ビタミンCは、白血球に働きかけウイルスや細菌から身を守ってくれる作用があります。
お食事にカットしたレモンを添えてみたり、レモンを使ったジュースを摂取することで、免疫力を高めて風邪を予防していきましょう!

老化予防、美肌

アンチエイジング・美肌にも、レモンが最適です!
レモンに豊富に含まれるビタミンC取り入れた化粧品も多く、流通していますよね。
ビタミンCには、組織や細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があります。
抗酸化作用は、シミ・しわ予防があるため美肌作りにぴったりなのです。
レモンを食生活に取り入れ、シミ・しわを予防することで、綺麗な美肌作りを目指しましょう。

レモンの効果を効率よく摂り入れる食べ方

普段レモンをどのように取り入れられていますか?
料理やドリンクなど使用用途によって、様々な使い方があります。
次にレモンを摂取することで、手軽に健康効果を得られるレシピをご紹介します。
簡単に誰でも作ることが出来るので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

はちみつレモン

レモンといえば、はちみつレモン!という方も多いのではないでしょうか?
酸っぱいレモンもはちみつ漬けにすることで甘酸っぱくなり、酸っぱいのが苦手な方でも美味しくいただくことが出来ます。
甘い物やお菓子が好きな人も、健康的なはちみつレモンをおやつ変わりに食べてみてはいかがでしょうか?

レモンドリンク

レモン・レモン汁・はちみつを入れて浸けておいたものに、お好みで炭酸や水・お湯で割ったドリンクになります。
疲れた時やリフレッシュした時に飲むと、甘酸っぱい美味しさが身にしみることでしょう。
ティータイムにレモンドリンクをセレクトしてみてくさだいね。

レモンジャム

あまり聞いたことがない・食べたことがない方もおられるとは思いますが、同じ柑橘類のマーマレードジャムとはひと味違うレモンジャムはいかがでしょうか?
また、ショウガを入れるとジンジャーレモンジャムにすることもできます。
ショウガの辛みにレモンの爽やかな酸味がたまらない美味しさです。
刺激的な味が好きな方にお勧めです。

スポンサーリンク

カットレモンを料理に添えるのもおすすめ

カットしたレモンを鮭のソテーや鮭の焼き魚に乗せることで、レモンの美味しさを味わいながら、見栄えもよくお洒落な料理にすることが出来ます。
カットレモンを使用することで塩分を控えめにすることもできるため、生活習慣病予防に最適ですね。

以上、レモンのお勧めの摂取の仕方についてお伝えしましたが、摂取したことあるものや試してみたくなったものもあるのではないでしょうか?
ぜひ、レモンを食生活に取り入れて、自由自在なレモンレシピを楽しみながら健康的な生活を送ってみてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました