※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

小松菜レンジ加熱法とレンチン小松菜を使った手軽レシピ

レシピ

小松菜は栄養価が非常に優れている葉物野菜です。ゆでるためにわざわざお湯を用意するのが面倒なときはレンジで簡単に茹でるのと同じ状態にできます。

ここでは小松菜1束を使ったレンジ加熱調理のやり方とおすすめレシピを紹介します

スポンサーリンク

レンジ加熱する前にしっかり小松菜を洗う

小松菜は葉っぱ部分と茎部分をしっかり洗います。特に茎部分が砂を噛みやすいので念入りに。

↓こんな感じに茎に十字に切り込みを入れてから洗うと砂が取れやすい。

農薬が気になる時は?

スーパーに売っている小松菜は多少の農薬がついています。水で洗えば流れるのでしっかり水洗いをすればそこまで心配しなくてもいいですが、僕は心配です。そこで僕がやってる方法を紹介します。

小松菜がしっかりつかるボウルに50度のぬるま湯を入れ、そのぬるま湯で小松菜をしっかり振り洗いします。

葉っぱ部分は約10秒、茎部分は約20秒洗って終了です。50度のぬるま湯で洗うことで水で洗うより農薬が落ちやすく、小松菜自体のみずみずしさも復活します。

50度のぬるま湯を用意するのがめんどい時は、ポリ袋に水を入れて重曹大さじ1くらい入れます。重曹水で洗うのです。重曹水も農薬を落とす力があるらしいとのことで確かに水で洗うより良さそうだということで、以来そうやってます。科学的根拠は不明です。

スポンサーリンク

切るのはレンジ加熱前?後?

小松菜をカットするのはレンジの前か後か問題ですね。これに関して正解はありません。自分で試してみてどっちが使い勝手がいいかの問題。

お湯で茹でる時は切らないほうが圧倒的に楽だけどレンジの場合はどっちでもいいと思う。

小松菜1束はレンジ600w3分

小松菜をしっかり洗ったら軽く水気を拭き取って1束当たりレンジ600ワットで3分を目安に加熱します。

水気は100%切った方がいいって聞いたけど?

→その必要はないです。しっかり水気を切るのは手間がかかるしめんどくさい。軽く水を切ってあれば加熱後の仕上がりも大差ない。それより加熱後に水気を絞るほうがよっぽど大事。

耐熱容器に小松菜を入れて軽くラップをかぶせる。ぴっちりかぶせてしまうと加熱中に破裂することがあるので注意。

スポンサーリンク

小松菜のレンジ加熱と和え物は好相性

加熱し終わった小松菜は醤油やめんつゆ、ごま和えなどの和え物として消費するのがお手軽。レンチン中に和え衣を用意しておき、加熱が終わったら軽く水気を絞って熱いうちに和えるだけ。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました