※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

内容修正 ちらし寿司の具材バリエーション

ちらし寿司といえば、酢飯の上にたくさんの具材がのっていて味を楽しむだけでなく見た目も鮮やかな料理です。

ひな祭りや祝い事の時によく食べられていますが、地域や家庭によって使用する具材は様々です。

この記事では、定番の具材から変わり種まで紹介きていきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ちらし寿司の具一覧

絶対入れたい定番具材

錦糸卵

薄く焼いた卵を細切りにしたもの。卵焼きを作り、サイロイ状にカットして散らすやり方もあります。

椎茸の甘辛煮

干ししいたけを使うとより旨みが増し、酢飯との相性もいいです。ご飯と混ぜるとより味馴染みがよく美味しく出来上がります。

酢蓮根

れんこんを甘酢に着けたもの。穴に沿って切ると見た目も華やかになり、シャキシャキとした歯ごたえも楽しめます。

青み野菜(きゅうりや絹さやなど)

千切りにし塩もみしたきゅうりや、塩ゆでにした絹さやなど。下処理に塩を使用することでより色か鮮やかになります。

変わり種具材

・チーズ

・アボカド

・生ハム

・スライスオニオン

・かにかま

・らっきょう

・カリカリ梅

など、乗せる具材によってイタリアンや中華風などアレンジの幅が広がります。

※具材組み合わせ例を書く

イタリアン風ちらし寿司の具材組み合わせ例 〜+〜、〜+〜+〜など
中華風ちらし寿司の具材組み合わせ例 〜+〜、〜+〜など
スポンサーリンク

皆から人気のある具材

  • マグロ
  • いくら
  • サーモン

ちらし寿司の具といえばやはりまぐろやいくら、サーモンなどの海鮮が人気です。

栄養・彩り・華やかさも加わり、より豪華なちらし寿司を作ることができますね。

小さくカットして散らせば、それほどコストをかけずに作れるのも嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

ちらし寿司にのせる具で値段が安いもの

ちらし寿司は家庭にあるものやスーパーなどで比較的安価な価格で購入出来るものでも簡単に作ることができます。

・シャケフレーク

・とびっこ

・かにかま

・桜でんぶ

・かいわれ大根

・ほうれん草

・かんぴょう

・刻み海苔

など、赤・緑・黄色を入れると綺麗に盛り付けることができます。最後に刻み海苔を上に散らすとぐっとしまって食欲をそそるものが出来上がります。

 

地域別 ご当地ちらし寿司の具材

様々なちらし寿司がある一方で地域によってもそれぞれ特徴が見られます。

岡山県「岡山ばら寿司」

椎茸、干瓢の煮しめなどを切った具材を混ぜ込んだご飯の上に錦糸卵、蓮根、えんどう、海老、さわら、そして岡山県のご当地魚のままかりをのせたものです。

味付けはあっさりめで、それぞれの素材の味を重視しているのが特徴です。

京都府「鯖缶ばら寿司」

鯖の缶詰を使い、そぼろ状にして酢飯の間に挟み押し寿司のようにして、その上に具材をのせたものです。

鯖の醤油漬け缶を使用するので、しっかりとした味付けになっています。酢飯の間に具が挟まっているので型にはめ込んで作ると断面も綺麗なばら寿司です。

スポンサーリンク

鳥取県「かにちらし」

名前の通り酢飯の上にこれでもかというほどの蟹をのせたちらし寿司です。蟹の漁獲量日本一を誇る鳥取県ならではのご当地グルメと言えますね。

 

スポンサーリンク

ひな祭りのちらし寿司のオススメ具材

・菜の花

・スナップえんどう

・蒸しえび

・いくら

ひな祭りは女の子のお祭りらしく彩りよく華やかなものがよいでしょう。菜の花のほろ苦さで春らしさを演出してくれます。

 

こどもの日のちらし寿司のオススメ具材

・鮭フレーク

・いくら

・かにかま

・ツナ缶

・チーズ

・魚肉ソーセージ

など、子供の好きな具材を選び、子供たちと一緒に盛り付けを楽しむのも良いのではないでしょうか。また、入れる具材を小さくカットすることで食べやすくなるのでぜひ試してみて下さい。

ちらし寿司と言っても、のせる具材によって様々なものがありますね。ハレの日には欠かせないちらし寿司、ぜひいろいろなものに挑戦して、美味しいちらし寿司を作ってみて下さい

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました