※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

アンチエイジングにもいい桃の保存方法【常温、冷蔵、冷凍】

レシピ

果物の中でも低カロリーで「ビタミンE」が豊富な桃。
他にむくみのとれる「カリウム」や、お通じがよくなる「食物繊維」、肌荒れを防ぐ「ビタミンC」も含まれていて、特に女性にうれしい果物です。

ここでは桃を美味しく食べるための保存方法を調べてみました。

スポンサーリンク

桃は常温で保存して大丈夫?

桃の保存方法のおすすめは常温保存です。
少し硬い桃でも追熟させることで柔らかくなってきます。
追熟とは、硬い桃を常温で保存して柔らかくすることを言います。

桃を美味しく食べるための、保存方法と保管日数の目安をまとめました。

常温保管日数の目安

常温での保管日数の目安は1~2日ほどです。
新聞紙やキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて口を結びましょう。
机などの接地面から傷みやすいので、できればフルーツキャップに入れてください。

フルーツキャップがない場合は、キッチンペーパーを重ねて、その上に置けば代わりになります。
桃は冷気と乾燥に注意が必要です。
エアコンなどの冷気の当たらない、風通しの良い場所で保存しましょう。

スポンサーリンク

桃の冷蔵保存は冷蔵室と野菜室どっちがいい?

桃は夏の果物なので、冷気に弱く、野菜室での保存がベストです。
食べるために冷やす場合は冷蔵室に入れましょう。
その場合は1~2時間以内にしてください。

野菜室で保存の場合は、ラップにくるんで接地面にフルーツキャップなどをあててください。
他の野菜と当たらないように気をつけましょう。

冷蔵保管日数の目安

冷蔵保存の目安はおおよそ1週間です。
鮮度が落ちると味が落ちてしまいますので、なるべく早めに食べましょう。

桃は冷凍保存できる?

桃は冷凍保存が可能です。

さっと洗い、水気を優しくふいて、ラップにくるんで保存袋に入れます。
この方法で丸ごと冷凍可能です。
解凍方法は、お尻に切り目を入れて弱い流水をあてながら皮をむくとスルっと剥けます。
常温で15~20分ほど置いた後でお好みの形にカットして召し上がってください。

スポンサーリンク

冷凍保管日数の目安

冷凍庫で保存した場合の目安は約1か月です。
解凍した桃はすぐ食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

桃の鮮度の確認方法

桃はデリケートな果物ですので、鮮度がとても大事です。

ここでは、鮮度の確認と美味しい桃を見分ける方法のポイントをまとめました。
①手に取ったときにずっしりと重いもの
②全体に色づいていて、そばかすのような白い斑点があるもの
③全体に毛があり甘い香りがするもの
香りは完熟していくと強くなるので、香りが強くなってきたときは早めに食べましょう。

参照元https://www.naro.go.jp/publicity_report/season/006537.html

 

カットした桃の保存方法

カットした桃の保存は冷凍がお勧めです。
冷蔵も可能ですが、その場合は早めに食べるようにしましょう。

カットした桃は、含まれるポリフェノールと酸化酵素が空気に触れて変色してしまいます。
変色を防ぐ為にレモン汁や塩水に浸けてから、水気をとり保存袋などに入れて保存してください。

まとめ

果物の中でも特に繊細な桃は、栽培も難しく、旬の初夏から夏以外ではほとんど見かけることもありません。

桃は特に扱いを丁寧にすることが1番です。落としたりぶつけたりは論外です。

今回は旬の時期にベストな保存をして、美味しく食べるための方法をご紹介しました。
お取り寄せなど大量にある場合など参考にしてみてください。

アンチエイジングにもなる桃を旬の時期に美味しく召し上がってください!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました