※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

揚げ物をする時の油の選び方|サラダ油以外なにがある?

レシピ

ご家庭で揚げ物をするとき、どういった油を使っていますか?ご家庭にある油はサラダ油が多いのではないでしょうか?揚げ物は油を変えると風味も変わります。サラダ油以外に使える油をご紹介します。

スポンサーリンク

 サラダ油

スポンサーリンク スポンサーリンク

原料

菜種、綿実、大豆、ひまわり、トウモロコシ など

スポンサーリンク

特徴

  • 冷たいサラダにかけるドレッシングに適した油なのでサラダ油といいます。低温でもサラサラしているのが特徴です。
  • 高温では劣化しやすい性質があるので、揚げもので繰り返し使いすぎるのは避けたほうが良さそうです。
スポンサーリンク

 キャノーラ油

スポンサーリンク スポンサーリンク

原料

・菜種のキャノーラ種

スポンサーリンク

特徴

  • 加熱に強い油なので揚げ物に向いています。
  • 加熱しても酸化しにくい。

揚げ物もくせがなく、軽い仕上がりになります。

 ひまわり油

スポンサーリンク スポンサーリンク

原料

ひまわりの種子

スポンサーリンク

特徴

  • リノール酸が多く含まれている。オレイン酸とビタミンEも含まれている。
  • 味やにおいがなく、クセが弱い
  • 比較的安価でクセもなく扱いやすいです。ただし、リノール酸が多く含まれているので摂り過ぎには注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 オリーブオイル

スポンサーリンク スポンサーリンク

原料

オリーブの果実

スポンサーリンク

特徴

  • オレイン酸が多く含まれる。
  • 酸化しにくい

バージンオリーブオイル

  • 「オリーブの果実のみを、単に圧搾もしくは他の物理的な方法により得たオイルで、洗浄・デカンター・遠心分離・ろ過以外の工程を経ることはない。」と定義されています。

参考:IOC(Internathinal Olive Council)

つまりは、オリーブの実を圧縮など単純な方法で果汁(オイル)のみを取り出したもので、精製してはいけないと言っているのです。

  • オリーブオイル特有の豊潤な香りと味わいがある。

オリーブオイル(ピュア)

  • 精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたもの。
  • エキストラバージンオリーブオイルよりマイルドな香りと味わい。

 

加熱することでバージンオリーブオイルの特徴の香りは飛んでしまいます。また、バージンオリーブオイルの方が品質は良質ですが値段も高いことから、揚げ物にはオリーブオイル(ピュア)でも十分です。

こめ油

スポンサーリンク スポンサーリンク

原料

玄米を精製してできる米ぬか

スポンサーリンク

特徴

  • ビタミンE
  • 植物ステロール が含まれる。

植物ステロールはほかの植物油にも含まれていますが、こめ油には圧倒的に多く含まれています。植物ステロールはコレステロール値を下げる効果があります。

 ラード

スポンサーリンク スポンサーリンク

原料

豚の脂。動物性の油です。

スポンサーリンク

 特徴

  • 実は植物油より酸化しにくい。
  • コクと味わいが強い
  • 揚げ物がカラリと上がる。
  • 肉系の揚げ物との相性が良い(特にとんかつ)

ご家庭で揚げ物をするときは、植物性の油とブレンドすることをおすすめします。植物性油とラードの比率は1:1程度だとラードの特徴が強く出ます。まずは少量から試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いつも同じ油を使っている方は、違う種類の油を試してみてはどうでしょうか。ひと味違った仕上がりになりますよ。そして、好みの油を見つけてみてください。
ですが、揚げ物はカロリーが高い料理ですので、食べる量はほどほどにしてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました