※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

簡単に作れる絶品「漬けマグロ」。魚を変えたアレンジもご紹介

レシピ

マグロの赤身を特製のタレに漬け込む「漬けマグロ」は、お酒のつまみにも、ご飯に乗せて食べても美味しい小料理です。

作り方はとても簡単なので料理が初心者の人でも失敗しにくいです。

更にマグロ以外の刺身を使った様々なアレンジ品も作れます。

今記事では「漬けマグロ」の基本とアレンジをそれぞれご紹介します。

スポンサーリンク

「漬けマグロ」基本の作り方

先ずは漬けマグロの基本の作り方をご紹介します。

材料と作り方は非常にシンプルです。

調理時間も短いので、料理をする時間がなかなか取れない忙しい人でも作りやすいです。

材料(2人分)

・マグロ(柵):200g

※「柵」は薄く切っていない、厚い板状になった刺身の事です。

・濃口醤油:大さじ4

・みりん:大さじ2

・料理酒:大さじ2

作り方

【タレの作り方】

(1)料理酒とみりんを小鍋に入れる。弱火で小さな気泡と湯気が出るまで(沸騰する直前まで)熱を加える

(2)鍋を1~2分揺すって、アルコールを飛ばす

(3)火を止める。ボウルに移して冷ます

(4)醤油をボウルに加える

【マグロの切り方・漬け方】

(1)マグロの柵を約1cmの”そぎ切り”(包丁で具を削ぐように切る事)にする

(2)平らな容器に切ったマグロを並べ入れる

(3)タレをマグロにまんべんなくかける

(4)ラップをマグロの表面に密着させてかける

(5)冷蔵庫に入れて5分漬ける

(6)器に並べて盛り付ける。お好みで小口ねぎ・白いりごま・わさび等の薬味を乗せる

(レシピ参考元:セブンプレミアム公式サイト

漬ける時間は最長5時間

漬けマグロは最短で15分(調理時間10分+漬け時間5分)で作れます。

タレに漬ける時間が長ければ長い程、マグロにタレが染み込んで味が濃くなっていきます。

ただし余り漬ける時間が長いと、タレが染み込み過ぎて塩辛くなってしまいます。

マグロをタレに漬け込む時間は、最長で5時間までにしましょう。

作った漬けマグロは「お茶漬け」も美味しい!

作った漬けマグロはそのまま食べるか、どんぶりにするのが一般的です。

茶碗によそった暖かい白ご飯の上に漬けマグロを4~5切れ乗せてから、わさびやおろし生姜を乗せてお茶をかける「お茶漬け」にしても非常に美味しいです。

お茶漬けにして楽しみたい場合は、マグロをタレに漬け込む時間は1時間以上にしましょう。

タレのマグロに良く染み込ませていた方が、お茶漬けにした時にお茶に染み出たタレが丁度良い濃さになります。

スポンサーリンク

「漬けマグロ」アレンジレシピ

漬けマグロの基本的な作り方をお伝えした上で、ここからは魚の種類を変えて作る「アレンジ漬けマグロ」をご紹介します。

魚の種類ごとに、それぞれタレに漬け込む時間が異なります。

漬ける時間に関しては、マグロから差し替える他の魚介類と一緒にご説明します。

スポンサーリンク

漬けタイ

マグロをタイに変えて作ります。

タイで作る時の漬け時間は、最短で15分です。

タイはマグロよりもタレが染み込みにくいです。

白胡麻と千切った大葉を乗せて食べるのがおススメです。

沖漬け(漬けイカ)

漬けマグロのマグロをイカの刺身に変えると、沖漬けという北海道の郷土料理になります。

沖漬けを作る時は、千切りの生姜と鷹の爪をタレに加えます。

漬ける時間は半日です。イカはマグロやタイよりも味が染み込みにくいです。

漬けハマチ

マグロをハマチに変えます。

漬け時間は、15分後から食べられるようになります。

タイと同じ時間です。

卵黄・白胡麻・刻み海苔を薬味に乗せると美味しいです。

スポンサーリンク

漬けサーモン

サーモンは年齢が若い人や女性・子供に人気が高い魚です。

漬けマグロのタレに漬け込むと、サーモンの脂と甘辛いタレが合わさって非常に美味しいです。

サーモンの漬け時間は、20~30分です。

千切りにした山芋・青じそ・炒り胡麻を乗せて食べます。

まとめ

漬けマグロは醤油・みりん・料理酒とマグロの刺身だけで、簡単に作れます。

タイ・イカ・ハマチ・サーモン等、他の魚を使うアレンジも簡単に出来ます。

漬けマグロと一緒に楽しむお酒は日本酒がおススメですが、ビールや白ワイン、ウイスキーにも合います。

どんぶりにして食べる場合は、卵黄と刻み海苔を上に乗せて食べると美味しいです。

魚の柵を切る時の”そぎ切り”は、断面を薄く広く切る為にコツが必要です。

包丁を使うのが苦手な人は、あらかじめそぎ切りがされている刺身パックを買うか、スーパーの鮮魚コーナーに設置されている加工サービスを使うと簡単です。

美味しい漬けマグロを是非手作りで楽しんでくださいね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました