※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

上海焼きそば等と混合しやすい「かた焼きそば」。正式な作り方のレシピとおススメ定番具材・変わり具材各10選

レシピ

子供から大人まで好きな人が多い「焼きそば」。

王道のソース焼きそばも非常に美味しいですが、カリカリとした香ばしい麺とトロトロの餡を同時に楽しめる「かた焼きそば」は、野菜等の様々な具材をバランス良く食べられるのも人気が高い理由の1つです。

かた焼きそばは定番の具材以外にも、餡に入れると美味しい変わりダネ具材も沢山あります。

今回は自宅で美味しく作れる本格的な「かた焼きそば」のレシピと、定番具材・変わりダネ具材を各10種類ご紹介します!

スポンサーリンク

「かた焼きそば」は混合しやすい料理が多い

あなたは「かた焼きそば」が知りたくて、この記事を読まれているでしょう。

しかし、かた焼きそばについて正しい調理方法をご存じでしょうか?

かた焼きそばと良く似た料理に「上海焼きそば」と「皿うどん」があります。

先ずは混合しやすい、これらの料理の違いについてお伝えします。

かた焼きそばは「蒸した太麺を油で揚げ焼きしてから、餡をかけて作る焼きそば」です。

上海焼きそばは「焼いて焦げ目を付けてから蒸した太麺に、餡をかけて作る焼きそば」です。

そして皿うどんは「パリパリに揚げた細麺に、餡をかけて作る料理」で、焼きそばではありません。

更に、かた焼きそばは「五目あんかけ焼きそば」とも混合しやすいです。

五目あんかけ焼きそばは「蒸した太麺をフライパンで焼いて焦げ目を付けてから餡をかけて作る焼きそば」で、麺を油で揚げ焼きにしません。

類似品が多くて非常にややこしいですが、かた焼きそばは「蒸した太麺を多めの油で揚げ焼きにした、あんかけ焼きそば」だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

自宅で作る「かた焼きそば」のレシピ

先ずは「かた焼きそば」と類似料理の区別の仕方をご説明しましたが、次に自宅でも簡単に作れるかた焼きそばのレシピをご紹介します。

今記事でご紹介するのは、基本となる中華風の餡をかけて作るかた焼きそばです。

(※レシピ元には具材も記載されていますが、今記事内では具材を省いて掲載しています。)

かた焼きそばの材料

(4人分)

・焼きそば(市販の蒸し焼きそば):4玉

・お好みの具材

・鶏ガラスープ:400ml

・オイスターソース:大さじ2分の1

・醤油:小さじ1

・塩、こしょう:適量

・水溶き片栗粉:適量

・ごま油:大さじ2分の1

・サラダ油:適量

・辛子:好みで適量

・酢:好みで適量

かた焼きそばの作り方

(1)具材を食べやすい大きさに切って下準備をする

(2)フライパンに多めのサラダ油を入れて熱する。焼きそばを入れて、両面を焼き目が付くまで揚げ焼きにする

(3)皿に焼きそばを乗せて、少しほぐしておく

(4)フライパンに具材(肉類・魚介類→野菜・キノコ等の順)を入れて炒める

※葉が付いた野菜の葉の部分は、火が非常に通りやすいので炒めないで下さい。

(5)鶏ガラスープ・オイスターソース・醤油・塩、こしょうを加える。野菜の葉の部分を加えて一煮立ちさせる。

(6)水溶き片栗粉を加えてとろみを付けてから、1分程煮る。火を止めてごま油を加える

(7)焼きそばの上に餡をかける。好みで辛子・酢を添える

(レシピ参考元:ティファール公式レシピ「五目あんかけかた焼きそば」

「かた焼きそば」のおススメ基本具材10種

ここからは「かた焼きそば」の餡に入れると美味しい、おススメの具材をご紹介します。

先ずは定番になる10種類の具材をそれぞれご紹介します。

スポンサーリンク

豚肉

豚肉は焼きそばと非常に相性が良いです。

ソース焼きそばや塩焼きそば等でもお馴染みの具材ですが、かた焼きそばでも定番品です。

かた焼きそばの餡に入れる豚肉は、味が染み込みやすいバラの切り落としか豚こま肉がおススメです。

剥き海老

剥き海老等の魚介類も、かた焼きそばと相性抜群です。

海老は冷凍の小エビを使うと下処理が必要ありません。

かた焼きそばにする際は、冷凍された海老をそのまま入れると水分が出るので、炒める前にあらかじめ解凍してから水分を拭き取っておきましょう。

水分を拭いておくと海老が炒めている間にべちゃ付かず、香ばしく炒める事が出来ます。

剥きイカ

剥きイカも剥き海老と同じく、かた焼きそばの定番具材です。

イカも冷凍品を使うと、下処理が解凍だけで済みます。

海老や貝類と一緒に冷凍されている「シーフードミックス」を使うのも、非常に手軽でおススメです。

スポンサーリンク

チンゲン菜

チンゲン菜は、炒め物全般の定番具材である野菜です。

茎の部分と葉の部分を切り分けておき、茎の部分を先に炒めます。

葉の部分は火が非常に通りやすいので、水溶き片栗粉を入れる直前に加えましょう。

ヤングコーン

とうもろこしを未熟な内に摘み取った「ヤングコーン」は、子供に人気が高いかた焼きそばの定番具材です。

獲れたて以外のヤングコーンは下茹でが必要ですが、水煮されて売られている市販品を使うと炒める時にそのまま加えるだけで済みます。

きくらげ

キノコの一種である「きくらげ」は、かた焼きそばの餡にコリコリとした食べ応えのある食感を加えてくれる定番具材です。

きくらげの市販品は乾燥された状態で売られているので、使う前に水に浸して戻しておきましょう。

水気をよく絞ってから、他の具材と一緒に炒めます。

スポンサーリンク

ニラ

ニラも焼きそばの具材では定番品です。

火が非常に通りやすいので、葉物野菜の葉と同じように水溶き片栗粉を加える直前に入れましょう。

うずらの卵

うずらの卵も、かた焼きそばの定番具材です。

市販品は水煮がされているので、水溶き片栗粉を加える直前に入れて温まる程度に煮込めばOKです。

ピーマン

独特の苦みがあるピーマンは、ソース以外の焼きそばに入れても非常に美味しいです。

食感が残るように、火を通し過ぎない程度で炒めると良いでしょう。

スポンサーリンク

白菜

白菜もあんかけ料理の定番具材です。

中華風の味付けをした餡を絡めて食べるかた焼きそばでも、飲食店で食べる物には必ずといって良い程に白菜が入っています。

白菜もチンゲン菜と同じく、茎の部分を先に炒めてから、葉の部分はとろみを付ける直前に加えて煮込みましょう。

スポンサーリンク

「かた焼きそば」おススメ変わりダネ具材10種

定番具材10種類をご紹介しましたが、更に下記で独特の味と食感が楽しめる変わりダネ具材10種類をご紹介します!

ブロッコリー

ブロッコリーはあんかけ料理に入れると非常に美味しい具材です。

炒めると蕾の部分が崩れてしまいやすいので、スープを入れてから煮込むようにしましょう。

ホタテ

剝き海老や剥きイカ同様に、ホタテもかた焼きそばに入れると美味しい具材です。

殻を剥いたホタテの身を入れても美味しいですが、乾燥したホタテの貝柱を入れるとホタテの味が染み込んだ非常に美味しい餡が出来上がります。

スポンサーリンク

にんにくの芽

独特の味が楽しめるスタミナ満点のにんにくの芽も、かた焼きそばの具材におススメです。

火が通りにくいので、具材を炒める時に早めに入れて良く炒めましょう。

かまぼこ

かまぼこは皿うどんの定番具材ですが、かた焼きそばとも相性が良いです。

プリプリとした独特の食感と、味付けされた魚肉がクセになります。

紅白の蒸しかまぼこ以外に、竹輪や笹かまぼこを入れても非常に美味しいです。

玉ねぎ

何の料理にも合う玉ねぎは、炒め物に入れてもシャキシャキとした食感と甘味が楽しめます。

ただし玉ねぎも炒め過ぎると、水分が出てベチャベチャした食感になってしまいます。

玉ねぎを炒める際は、短い時間で炒めましょう。

ベーコン

豚肉等を燻製して作るベーコンは、独特の香ばしさと旨味を餡に加えてくれます。

炒める際も油を多めに入れて、ベーコンを焼きそばと同じようにカリカリに揚げ焼きしてから他の具材を入れて炒めると、より一層美味しい餡になります。

小松菜

小松菜はチンゲン菜や白菜と同じように、かた焼きそばの具材に出来る野菜です。

独特のえぐみがありますが、餡を中華風に味付けするかた焼きそばでは気になりません。

小松菜も茎と葉の部分で切り分けておきましょう。

茎の部分は良く炒めて、葉の部分は餡にとろみを付ける直前に入れます。

レタス

生で食べるイメージが強いレタスですが、あんかけ料理に使っても意外と美味しいです。

レタスは水分量が非常に多い野菜です。

ベチャベチャの食感にならないように餡にとろみを付ける直前に入れて、温まる程度に加熱しましょう。

オクラ

ネバネバした食感が特徴のオクラは、かた焼きそばに入れても非常に美味しいです。

オクラをかた焼きそばに入れる場合はオクラのネバネバした成分が餡に流れないように、切らずにヘタを取っただけの状態で下茹でしてから炒めます。

しめじ

きくらげ以外のきのこ類も、かた焼きそばに良く合います。

舞茸やしいたけ・えのきやエリンギ等を入れても美味しいですが、特におススメのきのこは「しめじ」です。

しめじは熱に強く炒めても弾力が残ったままになります。

餡の具材にしても、食べ応えのある食感と味が楽しめます。

まとめ

かた焼きそばは上海焼きそば・皿うどん・五目あんかけ焼きそばと混合しやすい料理です。

かた焼きそばは「蒸した太麺を揚げ焼きしてから餡をかけて作る焼きそば」の事です。

市販の焼きそば麺はそのまま作る事が出来るように加工されていますが、麺を電子レンジを使って加熱して「蒸して」おくと、更に本格的なかた焼きそばを作る事が出来ます。

今回ご紹介したかた焼きそばのレシピは中華風の餡ですが、カルボナーラのような洋風の餡や柚子胡椒を効かせた和風の餡も、応用で作る事が出来ます。

具材も餡も無限大に楽しめるかた焼きそばを、是非ともご家庭で楽しんでくださいね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました