※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

カレーのアレルギーについて!意外と多いんです!!

 

 

スポンサーリンク

主なアレルギー反応の引き起こす食品

  • 特定原材料7品目のアレルゲンの食品があります。これらは食品表示基準に規定されており、表示する義務があります。えび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生(ピーナッツ)の7品目
  • 特定原材料に準ずる21品目のアレルゲンは表示の義務がなく推奨されている食品で次の通りです。アーモンド・あわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチンの21品目
スポンサーリンク

カレーのアレルギーとは?

カレーアレルギーはカレーに含まれる食物やスパイスなどが原因で引き起こされる免疫の過剰反応であると言えます。

ではどんな食べ物がアレルギー反応を引き起こしてしまうのでしょうか?

カレーアレルギーの症状とは

アレルギー症状ってどんな症状があるのかについて触れてみます。

スポンサーリンク

カレーアレルギーの原因って?

カレーに含まれるアレルギー物質(アレルゲン)は何があるのでしょうか?

一般には、市販のカレールーやレトルトの物を利用していると思います。

これらの市販のカレーには、アレルゲンとされる小麦、乳製品、肉類、スパイスが含まれます。

この中のスパイスは特にアレルゲンの食品に含まれていませんが、このスパイスが別の要因からアレルギー反応を引き起こす食品になっていることが分かってきています。最近の研究では、花粉症になった方にスパイスでアレルギー反応を起こす方がいることが報告されているそうです。

花粉症になると、その花粉に似たタンパク質を持つ食物に対してアレルギー反応を引き起こしてしまうそうです。これを花粉-食物アレルギー症候群と呼ぶそうです。特にヨモギ花粉にアレルギーになった方はスパイスや香料に対してアレルギーが起こることがあるそうです。

日本では殆ど馴染みがありませんが、欧州では多く、ヨモギ-シラカバ-セロリ-スパイス症候群やセロリ-ニンジン-ヨモギ-スパイス症候群が知られているそうです。

カレーアレルギーかもと思ったら病院へ

アレルギーは上記にも述べていますが、軽い症状であれば我慢できますが、時に危険な状態になるリスクもあります。

カレーに限らずですが、アレルギー反応と思ったらアレルギーの検査をお勧めします。

食べ物や花粉のアレルギーが疑われるなら、フード検査が適していると思います。この検査は指先から少量の血液を採取して調べます。

詳しくは医師に相談してみて下さい。

アレルギーは対症療法になるので、アレルゲンを特定し、日常的に避けて生活することで付き合っていかなければなりません。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました