※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

きゅうりの漬物レシピまとめ!和洋中でアレンジ自在

皆さんは暑い夏のちょっぴり食欲が低下してきた時期に手軽に食べられるきゅうりに助けを求める機会が増えるのではないでしょうか?

実はきゅうりの漬物は日持ちが良いことはもちろんのこと、和洋中の様々なパターンのレシピが存在するため、その日の気分で柔軟かつ簡単にお好みの味を食べることができるのです。

今回はそんなきゅうりの漬物を使った和洋中の時短料理のレシピやポイントを詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

基本のきゅうりの塩漬けレシピ

きゅうりの漬物の中で塩漬けは最も馴染み深い味付けとなります。

人気がある故に細かい味付けや処理の差で味が変わることもしばしばあるのです。

以下ではおすすめのきゅうりの塩漬けレシピを紹介します。

スポンサーリンク スポンサーリンク

食材(2人分)

  • きゅうり 3本

調味料

  • 水 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • 酢 小さじ1/2

トッピング

  • 白いりごま お好みの量

作り方(2人前)

  1. 一口大に切ったきゅうりの漬物をジップロックなどの保存袋に入れる。
  2. 調味料を全て入れて軽く揉み込み、12~24時間ほど冷蔵庫に置く。
  3. 冷蔵庫から取り出し、お皿に盛り付け、お好みで白いりごまをふりかける。
スポンサーリンク スポンサーリンク

このレシピのポイントコツ

  • 保存袋に調味料を入れる際、できるだけ空気を抜くようにすると味がきゅうりに良く染み込む。
スポンサーリンク

【きゅうりの漬物アレンジ】麻婆きゅうり

皆さんはきゅうりを中華風にアレンジした「麻婆きゅうり」はご存じでしょうか。

きゅうりの漬物の丁度よい塩加減・旨味・辛味を同時に味わえるため、爽快感を求めたい夏などにもってこいのきゅうりの漬物でしょう。

以下ではそんなきゅうりの漬物を使った麻婆きゅうりのレシピを紹介します。

スポンサーリンク スポンサーリンク

食材(2人分)

  • きゅうりの漬物 3本分
  • 合挽肉 150g
  • ネギ 1/3本分

調味料

  • サラダ油 大さじ1/2
  • しょうが(チューブ) 3cm
  • にんにく(チューブ) 3cm
  • 水(A) 150ml
  • 醤油(A) 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ2/3

トッピング

  • ごま油 小さじ1
  • 千切り唐辛子 お好みの量

作り方(2人前)

  1. フライパンにサラダ油を入れ、合挽肉の色が全体的に変わるまで炒める。
  2. 色が変わったら、みじん切りしたネギとしょうが・にんにく(チューブ)を入れて炒める。
  3. しょうがとにんにくの香りが出てきたら、きゅうりの漬物を加えて軽く炒める。
  4. とろみを出すためにAを入れて、混ぜる。
  5. とろみが出たら、お皿に盛りつけてごま油を一回りかけ、お好みで千切り唐辛子をのせる。
スポンサーリンク スポンサーリンク

このレシピのポイントコツ

  • きゅうりの漬物を入れたタイミングで火を弱火にすると必要以上にきゅうりが加熱されず、肉から出た旨味としょうが・にんにくの香りがきゅうりに移りやすい。

【きゅうりの漬物アレンジ】ポテトサラダ

ポテトサラダにきゅうりが入っていることは珍しくないですが、きゅうりの漬物を使ったことをある人はそこまで多くないと思います。

実はポテトサラダのきゅうりを漬物に代用することで、漬物の塩味・酸味や噛み応えのある食感がアクセントとなり、普段の味により深みが出るのです。

以下ではきゅうりの漬物を使ったポテトサラダのレシピを紹介します。

材料(4人分)

  • きゅうりの漬物 3本分
  • じゃがいも 4個
  • 人参 1/2本

調味料

  • 塩 小さじ1/2
  • マヨネーズ 適量
  • 酢 小さじ1/2
  • 黒コショウ お好み

手順

1.材料を蒸す

じゃがいもを蒸して、竹串がじゃがいもに軽い力で入ったら、じゃがいもの皮をむく。

皮をむき終わったら、じゃがいもを熱いうちに潰す

2.材料を切る

きゅうりの漬物を薄切りにし、人参はみじん切りにして塩を少々揉み込む。

3.材料を全て混ぜて味付けをする

潰したじゃがいもの中にきゅうりの漬物と人参を入れてマヨネーズと酢、黒コショウを混ぜ合わせて味見をしながらお好みの味に近づいたら、お皿に盛りつけて完成。

スポンサーリンク

きゅうりの中華和え

きゅうりの漬物は先ほどの麻婆きゅうりと同様に、辛味が比較的多い中華料理と相性が良いのですが、シンプルな「きゅうりの中華和え」はきゅうりと自宅に少しの調味料があれば簡単手軽にできてしまいます。

手軽ですがきゅうりの漬物を主役にしているので、辛さの中に爽快感があるきゅうりの中華和えは万人に愛される味になっています。辛さを調整してあげればお子様にも十分食べられるので、この機会に試してみては如何でしょうか。

以下ではきゅうりの漬物を使った中華和えのレシピを紹介します。

スポンサーリンク スポンサーリンク

食材(2人分)

  • きゅうりの漬物 3本分

調味料

  • しょうが(チューブ) 3cm
  • にんにく(チューブ) 3cm
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 酢 大さじ1/2
  • ごま油 小さじ1
  • 豆板醤 小さじ1/2

トッピング

  • 千切り唐辛子 お好みの量

作り方(2人前)

  1. 一口大に切ったきゅうりの漬物をジップロックなどの保存袋に入れる。
  2. 全ての調味料を入れて30分~1時間ほど冷蔵庫に置く。
  3. 冷蔵庫から取り出して、お皿に盛り合わせ、お好みで千切り唐辛子をのせて完成。
スポンサーリンク スポンサーリンク

このレシピのポイントコツ

  • 保存袋に調味料を入れる際、できるだけ空気を抜くようにすると味がきゅうりに良く染み込む。
  • 辛さが強いもしくは弱い場合は豆板醤の量を調整し、お好みの辛さに仕上げる。

きゅうりのピクルス

ピクルスには野菜を酢漬けした食べ物ですが、ハンバーガーなどに入っていたりするので、普段の生活でも馴染みある食べ物かと思います。

そんなピクルスですが、きゅうり本来の栄養価と酢の力の相乗効果で疲労回復や消化不良の防止、血圧安定などに役立つのです。

きゅうりのピクルスは暑い夏の体調を崩しがちな時に最適ですので、是非以下の時短レシピをお試しください。

スポンサーリンク スポンサーリンク

食材(2人分)

  • きゅうり 1本

調味料

  • 酢 大さじ3
  • 砂糖 小さじ1
  • 水 150ml
  • 塩 小さじ1

作り方(2人前)

  1. きゅうりを一口大に切る。
  2. 耐熱ボウルに調味料を全て入れて混ぜ合わせる。
  3. きゅうりをボウルに入れ、ラップをかけてレンジ(500W)で2分加熱する。
  4. お皿に盛り付けて完成。
スポンサーリンク スポンサーリンク

このレシピのポイントコツ

  • 野菜にしっかり熱が通るようにレンジで2分加熱した後、ラップをかけた状態で30秒~1分置く。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました