※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

驚きのバリエーション!鮭とばを使ったアレンジレシピと上手な保存テクニック

鮭は栄養が豊富で、保存食として活用されてきた歴史があります。

鮭の保存食で代表されるのが鮭とばです。

保存食にするため、秋鮭を海水で洗い下処理をしてから干して乾燥させて食べていました。

古代のアイヌ人の食べ物と言われ、歴史ある食べ物なのです。

アイヌ民族とは日本列島北部(北海道・東北地方を指します)の先住民族のことです。

スポンサーリンク

鮭とばってどんな食べ物?

鮭とば=棒状に切った鮭の身を海水につけて干し上げた保存食品です。

スポンサーリンク

鮭とばの名前の由来

鮭とば元々、厳しい冬を乗り切るための保存食として作られました。

鮭とばの「とば」は元々「冬葉」と書いていて「とば」になったという説があります。

またアイヌ語の「トゥパ」という言語が鮭とばの名前に由来したという説もあります。

鮭とばの基本的な食べ方

鮭とばの正しい食べ方ってあるのでしょうか?

「皮は剥がして食べた方がいい?」や「そもそも皮って食べていいの?」の疑問に答えます。

皮は剥がす

そのまま食べる時は皮を剥がして食べると食べやすいです。

なぜ皮を剥がさないといけないのか→剥がさなくてもいいが皮は硬いから剥がす人が多いというだけです。

鮭とばを作る際に皮を剥がさないのは、剥がしてしまうと身がバラバラになってしまうからです。

ですが、鮭の皮にはコラーゲンやビタミン、必須脂肪酸のDHA・EPAが含まれており栄養豊富です。

こんなにも栄養がある皮を捨てるわけにはいきません。

続いては皮の食べ方です。

焼くと皮ごと食べられる

焼かなくても皮は食べることができますが硬いのが難点です。

そんな皮も焼いて熱を入れると柔らかくなります。

鮭とばをそのまま炙れば柔らかく皮ごと食べれますし、皮を別に炙って食べてもパリパリして美味しいです。

栄養満点の鮭の皮は、ぜひとも食べましょう。

次は自宅で美味しい鮭とばの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

【自宅でも作れる】鮭とばの作り方

鮭とばの鮭は秋鮭が使うのが基本です。

なぜ秋鮭かというと脂身が少なく、乾燥させるには良い条件が揃っているからです。

脂分の多いお刺身用のサーモン(トラウトサーモンやアトランティックサーモン)は乾燥しにくいので注意が必要です。

スーパーなどで売っている秋鮭で作る鮭とばの紹介です。

  1. 秋鮭の切り身に塩をふります。
  2. 余分に出てきた水分を丁寧に拭き取ります。
  3. 醤油、みりん、酒、砂糖をジッパーケースに入れます。
  4. そこに秋鮭を加えて冷蔵庫で2〜3日寝かせます。
  5. 寝かせた秋鮭をだしたら、細く切ります。(この時に骨も取り除きます)
  6. キッチンペーパーで一つ一つ水分をとり除きます。
  7. 干し編みで吊るして1週間ほど寝かせたら出来上がりです。

鮭とばをシンプルに味わう食べ方

鮭とばにはすでに味がついています。

そのままでも当たり前に美味しく食べられますが、こんな食べ方もあったんだという変わった食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

鮭とばの皮焼き

鮭とばの皮は硬いので敬遠されがちですが、

オリーブオイルを少し塗ってカリカリにして食べるととても美味しいです。

鮭とばの酒浸し

新潟県の村上市に伝わる鮭とばの逸品です。

新潟県は冬の寒さが厳しく、日本海の寒風が吹き荒れます。

そのような環境下で丁寧に塩抜きをして、乾燥、熟成、発酵までをおこなった鮭とばの逸品です。

さらに、村上市では「塩引き鮭」という発酵食品を作りそれを半年〜1年ほど干して切り分けたもので、お酒で戻して食べるという新潟県のこだわりの逸品なのでぜひ食べてみてください。

調味料で味を変える

噛めば噛むほど口の中で旨味が広がる鮭とばですが、調味料を加えて味変するのもオススメです。

お酒のおつまみなどにはもってこいですね。

マヨネーズ

これをつければなんでも美味しくなります。

鮭とばは塩味が強いので、マヨネーズをつけることで中和され味がまろやかになります。

マスタード&ブラックペッパー

マスタードはカロリーも少なく鮭も栄養価が高いから体にも良くお腹にたまります。

鮭はタンパク質豊富で、アミノ酸スコア100だからヘルシーおつまみで罪悪感もありませんよね。

レモン

炙って柔らかくなったらサラダに加えても美味しいです。

唐揚げのように炙った鮭とばにレモンを絞って食べてもタンパク質&ビタミンが摂取できて一石二鳥です。

バター

ほかほかご飯にバターをのせて、炙った鮭とばを散らして醤油を少々加えます。

ざっくり混ぜたら鮭バターご飯の完成。(おにぎりにしても美味しいです)

鮭とばアレンジレシピ

鮭とばの食べ方を色々と紹介してきましたが、

鮭とばはそのまま食べると少し硬いのでグリルで炙ると柔らかくなります。

続いて鮭とばアレンジレシピの紹介です。

混ぜご飯やお茶漬けは鮭とばに熱を加えた調理なので柔らかく食べやすいですが

マリネやチャーハンは柔らかくしてから料理に加える食べやすいです。

スポンサーリンク

鮭とばの混ぜご飯

鮭とばと昆布の混ぜご飯を紹介します。

<用意しておくもの>

鮭とば・・・1袋   きざみ昆布・・・適量   枝豆・・・適量  めんつゆ・・・お好みで

  1. 鮭とばを炙る→食べやすい大きさに切ります。
  2. 米を研ぎます。
  3. 米をお釜に入れ具材(きざみ昆布、枝豆)を全て入れめんつゆを加えます。
  4. 通常通り炊飯します。

鮭とばのマリネ

鮭とばのマリネの紹介です。

鮭とばを炙って薄切りにした玉ねぎと一緒に、米酢とオリーブオイルであえます。

<用意しておくもの>

鮭とば・・・1袋  玉ねぎ・・・適量  米酢・・・小さじ4  オリーブオイル・・・大さじ2

  1. 鮭とばを炙る→食べやすい大きさに切ります。
  2. 玉ねぎを薄く切ります。
  3. 米酢とオリーブオイルを混ぜ合わせたら鮭とばと玉ねぎを一緒に30分から1時間ほど漬けます。
  4. レタスの水気をしっかりと切って食べやすい大きさにちぎります。
  5. ボールに漬けておいた鮭とばと玉ねぎを加えそこにレタスを入れよくあえます。
  6. 塩を少々とレモン汁を加えたら完成です。

鮭とばのチャーハン

鮭とばとじゃことレタスのチャーハンの紹介です。

鮭とばを細かく切って炙っておくと柔らかく、混ぜやすく食べやすいです。

材料はお好みの量で入れてください。

<用意しておくもの>

鮭とば・・・1袋  じゃこ・・・適量  レタス・・・お好みで   バター・・・適量  塩胡椒・・・適量

  1. サラダ油を熱したら鮭とば、じゃこ、レタス(細かくちぎったもの)を入れます。
  2. 程よく炒めたら塩を振って味をつけます。
  3. 油を再度引いて、ご飯を投入します。(パラパラさせたい方は溶き卵を加える)
  4. バターを加え塩胡椒をしてペッパーライスを作ります。(炊き立てのお米はかき混ぜすぎるとデンプンが出てベトベトになる為)火加減を調整しながらゆっくり慌てずに切るように炒めます。
  5. ぱらついてきたら2.で炒めた具材を加えて再度混ぜます。
スポンサーリンク

鮭とばのお茶漬け

鮭とばのお茶漬けの紹介です。

お茶漬けは熱いお茶をかけて具材の味を引き出す料理です。

青物があるとさらに美味しく食べることができます。

<用意しておくもの>

鮭とば・・・1袋   塩・・・少々  きざみ海苔・・・少々  わさび・・・適量  白ごま・・・適量

  1. 鮭とばは細かく切っておきます。
  2. 煎茶は鍋に入れてお塩を加え味を整えます。(鮭とばに味がついていますから塩味が強くなりすぎないように)
  3. 煎茶が煮立ったらこします。
  4. ご飯をよそい鮭とばをのせ、海苔とわさび、ごまを加えます。
  5. 熱い煎茶をかけます。
スポンサーリンク

鮭とばの保存方法

鮭とばは何日くらい持つのでしょうか?

答えは、冷蔵と冷凍することでで長く日持ちさせることができます。

ですが消費期限までには食べるようにしましょう。

日持ちする食材とはいえ内容量が30gと少ないので一度に食べ切ってしまうのがオススメです。

開封後は冷蔵庫で保存する

保存食として知られる鮭とばですが、

開封後は冷蔵庫で保存して早めに消費することをオススメします。

冷凍すれば長期保存可能

鮭とばは炙って柔らかくすれば、色々な料理に入れることができます。

冷凍して使いたい時に小分けにしておくの使うのも一つの策です。

タンパク質が豊富ですから、おにぎりの具材や卵焼きに入れるなど、お弁当の具材にも一役買ってくれそうですね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました