※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

サンマ(秋刀魚)の旬はいつ? 新鮮な秋刀魚の見分け方

レシピ
11534863 - saury and maple leaves on bamboo basket

サンマを美味しく食べられる季節を知っていますか?
今回はサンマについて美味しい時期をはじめ、サンマの見分け方、絶品サンマレシピまでご紹介します。

せっかくサンマを食べるならこの記事を読んで、美味しく頂いてみてくださいね。

スポンサーリンク

「秋刀魚」の由来

「秋刀魚」の由来にはいくつか説がありますが、一般的には以下のような説が挙げられます。

  1. 「秋刀魚」は、秋になると日本近海に回遊するサケ科の魚である「鮭」の仲間であり、秋の刀(つるぎ)を持ったような姿が特徴的であることから、「秋刀魚」と呼ばれるようになったとされています。
  2. 「秋刀魚」は、古くから日本で漁獲され、秋の季語としても知られています。江戸時代には「サンマ」と呼ばれ、その後「秋刀魚」という名称が定着したとされています。
  3. 「秋刀魚」は、古くから日本で広く食べられていた魚の一つであり、漢字で書くと「鰺」となります。しかし、「鰺」は「あじ」と読むため、「秋刀魚」という名前が付けられたとする説もあります。
スポンサーリンク

サンマの特徴

サンマは、秋になると日本近海に回遊するサケ科の魚で、以下のような特徴があります。

形状

サンマは、流線型の体形をしており、細長くて体高が低い形状をしています。背中側は緑色がかった青色で、腹側は銀色をしています。また、側線がよく発達していることが特徴の一つです。

サンマは脂が乗っていて、身が柔らかく、非常に美味しい魚として知られています。特に秋になると、脂ののった旬の味わいが楽しめます。

栄養価

サンマには、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸、ビタミンDやB12、カルシウム、鉄などが豊富に含まれており、栄養価が高いことが特徴です。DHAやEPAには、血液をサラサラにする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞などの心臓病のリスクを減らす効果があるとされています。

焼き方

サンマは、特に秋刀魚として知られるように、塩焼きや開き焼きなどで食べられることが多いです。秋の食卓に欠かせない旬の味わいとして親しまれています。

サンマの産地と旬

サンマといえば食欲の秋ですよね。秋になると脂ののったサンマが市場に出回ります。
ここではサンマの産地や旬についてご紹介します。

漁獲量1位は北海道

日本のサンマの漁獲量ランキングは毎年変動しますが、2021年のデータによると、以下のようになっています。

1位:北海道 約5万5,000トン 2位:青森県 約3万6,000トン 3位:宮城県 約1万3,000トン 4位:岩手県 約1万2,000トン 5位:秋田県 約9,000トン

北海道が最も多くのサンマを漁獲していることがわかります。青森県も多くの漁港を抱え、さんま漁が盛んな地域として知られています。

北海道以外のサンマ漁

サンマは、北海道から九州を通って沖縄に至る日本近海全域に分布しています。ただし、季節や水温の影響によって、南部地域では北部地域に比べて漁獲量が少ない傾向にあります。

しかし、南部地域でもサンマ漁が行われており、例えば、瀬戸内海や鹿児島湾などでは、さんま漁が盛んに行われています。

スポンサーリンク

サンマの旬はいつ?

サンマの旬は、一般的には秋から冬にかけてとされています。秋になると、サンマは北海道や東北地方などから南下し、日本近海全域で漁獲されるようになります。

特に、秋分の日前後から10月ごろにかけてが旬の時期とされています。この時期には、サンマは脂がのって身がプリプリとした美味しい時期になります。

スポンサーリンク

美味しくて新鮮なサンマの見分け方

せっかくサンマを食べるならおいしいサンマを選びたいですよね。ここではおいしいサンマの見分け方についてご紹介します。

口先が黄色い

口先が黄色っぽく、歯の周りに脂が付いているものが脂がのっていて美味しいとされています。さんまは、脂肪が多く含まれている魚種のため、加熱調理すると脂が溶け出して口当たりが良くなります。ただし、口先が黄色いからといって、必ずしも全てのさんまが新鮮であるわけではなく、判断には臭いや目の澄み具合、体の張り具合など、複数の要素を総合的に考慮することが重要です。

目が澄んでいる

目が澄んでいるということは、鮮度が良く、死後に酸化反応が起こっていないということを示しています。また、目の澄み具合は魚の新鮮さだけでなく、水揚げ後の管理状況や運搬方法などにも影響されるため、目の状態を確認することは鮮度だけでなく、品質の高さを確認する上でも重要です。

スポンサーリンク

身がピンっと引き締まっている

さんまの身が引き締まっているということは、新鮮であるということを示しています。引き締まっているということは、筋肉や組織がしっかりと繊維状につながっている状態であり、鮮度が高いことを示しています。また、引き締まっていることで、プリプリとした食感や歯ごたえを味わえるとともに、身の水分量が適正であることを示しており、調理時にも適切な状態に仕上がることが期待できます。

定番から玄人向けのオススメサンマレシピ

塩焼き

さんまの塩焼きは、シンプルで簡単な調理方法ですが、香ばしくて美味しい料理です。下記にさんまの塩焼きのレシピをご紹介します。

【材料】

  • さんま:2尾
  • 塩:適量
  • ごま油:適量

【作り方】

  1. さんまは、水で洗って水気を拭き取ります。
  2. さんまの腹を開き、内臓を取り除きます。
  3. さんまに塩を振り、全体になじませます。
  4. 中火で熱したフライパンにごま油を薄く塗り、さんまを並べます。
  5. 焼き色がつくまで強火で焼きます。
  6. 焼き色がついたら、裏返し、弱火で焼きます。
  7. 両面こんがりと焼けたら、皿に盛り付けて完成です。

ポイントは、塩をたっぷりと振り、全体になじませること。また、焼き色がつくまで強火で焼き、焦げすぎないように注意することです。ごま油を使用することで、香ばしさが増し、風味豊かな仕上がりになります。お好みで、レモンやポン酢を添えて食べると、より一層美味しくいただけます。

しめサンマ

しめさんまは、さんまを塩漬けして保存する伝統的な調理方法で、さんまの美味しさを凝縮させた逸品です。以下は、しめさんまの基本的な作り方です。

【材料】

  • さんま:数尾
  • 塩:適量
  • 米ぬか:適量
  • 大葉:数枚
  • しょうが:1かけ
  • 酢:適量
  • 砂糖:適量

【作り方】

  1. さんまを開き、内臓を取り除きます。
  2. さんまに塩をまんべんなくふり、裏返してもう一度塩をふります。厚手のキッチンペーパーでしっかりと水気を取ります。
  3. 米ぬかを広げた容器に、さんまを並べて乗せます。さんまを完全に覆うように、さらに米ぬかを敷き詰めます。
  4. 容器をラップで覆い、冷蔵庫に1週間ほど保存します。保存中は、毎日2回ほど容器を上下逆さまにし、米ぬかを混ぜます。
  5. 保存期間が過ぎたら、さんまを取り出し、軽く水洗いします。
  6. さんまをペーパータオルで拭き取り、食べやすい大きさに切ります。
  7. 大葉としょうがを細かく刻み、さんまにのせます。
  8. 酢と砂糖を適量混ぜ、さんまにかけて完成です。

しめさんまは、長期間保存が可能なため、保存食としても重宝されています。保存期間が過ぎたら、保存容器から出し、料理にアレンジして楽しむこともできます。

スポンサーリンク

サンマの煮付け

ンマの煮付けは、身がふっくらとやわらかく、出汁の効いた美味しい料理です。以下は、基本的なサンマの煮付けの作り方です。

【材料】

  • さんま:2尾
  • 醤油:大さじ3
  • みりん:大さじ3
  • 砂糖:大さじ2
  • だし汁:400ml
  • 生姜:1かけ
  • ごぼう:1/2本
  • 人参:1/2本
  • こんにゃく:1枚
  • 椎茸:2個
  • 水菜:適量

【作り方】

  1. さんまを下処理します。頭と尾を切り落とし、内臓を取り除いて、うろこを取ります。
  2. 鍋に醤油、みりん、砂糖、だし汁を入れ、火にかけて煮立たせます。
  3. さんまを鍋に入れ、煮立ったら、弱火にして10分ほど煮ます。途中で、アクを取ります。
  4. 生姜は皮を剥き、薄切りにします。
  5. ごぼう、人参、こんにゃく、椎茸は食べやすい大きさに切ります。
  6. 煮汁をこし器で漉し、再び鍋に戻します。
  7. ごぼう、人参、こんにゃく、椎茸、生姜を加え、中火で10分ほど煮込みます。
  8. 水菜を加え、さらに1分ほど煮込んで完成です。

サンマの煮付けは、ご飯との相性がよく、箸休めにもぴったりです。具材はお好みで変えることもできますので、お好みの野菜でアレンジしてみてください。

サンマの唐揚げ

サンマの唐揚げは、衣がサクサクで身がジューシーで、食感が楽しめる料理です。以下は、基本的なサンマの唐揚げの作り方です。

【材料】

  • さんま:2尾
  • 小麦粉:適量
  • 揚げ油:適量

【下ごしらえ】

  1. さんまを下処理します。頭と尾を切り落とし、内臓を取り除いて、うろこを取ります。
  2. さんまを開いて、腹側に切り目を入れ、広げます。
  3. 包丁の柄の背で身をたたき、形を整えます。
  4. サンマに小麦粉を薄くまぶします。

【作り方】

  1. 鍋に揚げ油を熱し、170℃~180℃に温めます。
  2. さんまを揚げます。片面が揚がったら、裏返して揚げます。
  3. カラッと揚がったら、取り出してキッチンペーパーなどで油を切ります。
  4. 好みのタレで調味して、完成です。

サンマの唐揚げは、マヨネーズやポン酢など、様々なタレで楽しむことができます。また、衣に片栗粉を混ぜると、さらにサクサク感がアップします。揚げ油の温度にも注意して、おいしく仕上げてください。

サンマの蒲焼き

サンマの蒲焼きは、甘辛いタレが絡んで、身がふっくらと柔らかく仕上がる料理です。以下は、基本的なサンマの蒲焼きの作り方です。

【材料】

  • さんま:2尾
  • 醤油:大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • 酒:大さじ2
  • しょうが:1かけ
  • ゆずの皮:適量
  • ごま油:適量

【下ごしらえ】

  1. さんまを下処理します。頭と尾を切り落とし、内臓を取り除いて、うろこを取ります。
  2. さんまを開いて、腹側に切り目を入れ、広げます。
  3. 包丁の柄の背で身をたたき、形を整えます。

【作り方】

  1. 鍋に醤油、みりん、砂糖、酒、しょうが、ゆずの皮を入れ、火にかけて煮立たせます。
  2. さんまを煮汁に入れ、中火で5分ほど煮ます。
  3. 煮汁からさんまを取り出し、余分な水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。
  4. フライパンにごま油を入れ、中火で熱します。
  5. さんまをフライパンに入れ、両面を焼きます。
  6. 煮汁を加えて、再度中火で煮込みます。
  7. タレがとろみがついたら、完成です。

サンマの蒲焼きは、ご飯に合わせて食べることができます。また、煮汁の材料は、お好みでアレンジしてください。焼く際は、ごま油で香りをプラスするとおいしくなります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました