※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

美味しさがアップする!ブロッコリーの上手な切り方と食べ方と茎の活用法

レシピ

ブロッコリーの基本的な切り方をご紹介します。ブロッコリーを食べやすく小房に分ける方法。房だけでなく、茎も切り分けることで、食材のムダを省きます。

茎には、房の部分と同じく、ビタミンやβーカロテンなどの栄養が豊富に含まれるだけでなく、食物繊維も豊富。捨ててしまうのは勿体ないです。

ブロッコリーの茎はどこまで食べられるか

ブロッコリーの茎は、表面の硬い皮を厚めにむけば、ほとんどムダなく使えます。硬そうな茎でも、とりあえず、房と一緒に茹でてみるのがおすすめです。加熱すると、意外と柔らかくなることが多いです。

ブロッコリーの切り方

まずブロッコリーを洗います。そして、茎の付け根の部分に包丁を入れ、茎を切り離します。               

次に、小房の付け根に包丁を入れ、小房を1つずつ切り離します

                                ブロッコリーを手で回しながら、外側の小房から外していきます。

茎を2回切り落とす

小房をすべて外し、ブロッコリーの中央部分の房だけが残ったら、ここで茎を再び切り落とします。

房の部分をすべて切ったら、最後に茎の部分を食べやすくします。ブロッコリーの茎は、下の方の硬い部分を切り落としたうえで、表面の硬い皮をむけば、食べられます。皮は少し厚めに切り落とします。

そして、残った柔らかい芯の部分を加熱したい厚さに切ります。

切り終えたブロッコリーは、鍋で茹でることもできますし、レンジで加熱してもOKです。ところで、ブロッコリーの茎は、房の部分と同じくらい栄養価が高いので、有効活用するのがおすすめです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました