※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

基本の温泉卵の作り方。電子レンジで簡単に作れる方法もご紹介

レシピ

めんつゆをかけてそのまま食べたり、丼ものや麺類、冷奴に乗せてもおいしい温泉卵。

茹で卵を作るよりも温度管理が難しそう、、、そんなイメージもあるのではないでしょうか?

今回は温泉卵を作る時の温度や時間、また温度計がなくても作れる方法をご紹介します!

基本の温泉卵の作り方

1.小鍋に卵がかぶるくらいの水を入れて火にかける

2.68℃になったらお玉などを使ってそっと卵を入れる

3.68℃を保つように火加減を調整しながら、25分茹でる

4.卵を鍋からすくい、冷水で急冷したら完成

温度計がない場合の作り方

1.小鍋に水を1000ml入れて沸騰させる

2.鍋を火からおろし、水200mlを入れる

鍋は鍋敷きなどの上に移動させましょう☝

3.お玉などを使って卵をそっと入れたら、蓋をせずに12分放置する

4.卵を鍋からすくい、冷水で急冷したら完成

ポイント・コツ
  • 鍋は沸騰したら火からおろして、鍋敷きなどの上に置いてください。ガス台などの熱い場所の上に置いたままですと、お湯の温度が下がりづらく仕上がりに影響します。
スポンサーリンク

電子レンジで温泉卵を作る方法

1.卵を耐熱容器に割り入れて、卵がかぶるくらいの水を入れる

2.つまようじを使って、黄身に数か所穴をあける

穴をあけないと爆発しますので、必ずあけてください☝

3.電子レンジに入れて、500Wで50秒加熱する

4.卵をすくい取って、器に移す

ポイント・コツ

・黄身に穴をあけないと爆発しますので、必ずあけてください。

・白身が少し固めの仕上がりになります。柔らかめに仕上げたい場合は10秒早めに出してください。

********************************************

いずれの方法も卵は冷蔵庫から出してすぐのもので構いませんので、作りたいときに準備なしですぐにできます。

鍋で作ると黄身も白身もとろりと丁度いい具合に仕上がり、電子レンジで作ると時短になります。

用途や状況に応じて使い分けてみてくださいね♪

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました