※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

痛風で食べてはいけないもの一覧表-予防・改善のために気を付けること

痛風という病気はご存じですか?関節周囲にたまる尿酸の影響で、急に足の関節などに激痛が起こります。痛風は尿酸値が高くなると発症しますが、それにはプリン体が関連しています。今回痛風で食べてはいけないものと題して、プリン体が多く含まれている食品を一覧表で紹介します。痛風予防や改善のために参考にしてみてください。

スポンサーリンク

痛風とは

痛風とは血中に尿酸がたまることで結晶化し、膝などの関節の周囲に炎症を起こす病気です。足の指の付け根などから急に腫れや痛みが出ることが多く、その痛みは我慢できないほどの強い痛みとなります。

そのまま何もしないと、足首、膝、関節が腫れたり痛みを繰り返し起こす痛風発作と呼ばれる状態になります。また関節だけではなく、腎臓や心臓、脳血管などの重病な病気も合併する疾患であり、早期の対処が必要となります。

痛風の原因は

痛風は生活習慣が多くの原因と言われています。食事や運動習慣などの因子がありますので見ていきましょう。

過食や多量の飲酒

プリン体から尿酸は作られるので、プリン体を過剰に摂取することが痛風の発症につながります。食生活では、暴飲・暴食でカロリーが高い食事を摂取したり、アルコールや魚やレバーなどのプリン体を多く含む食事は尿酸値が上がるので痛風のリスクが高くなります。

激しい運動やストレス

食事だけがプリン体の増加の原因ではなく、プリン体を排出する機能の働きが正常に行われているかも重要です。激しい運動やストレスも尿酸値を増加させると言われています。

激しい運動で汗をかいた状態で水分を取らないと、尿酸の分解・排出が出来なくなり尿酸値が上がった状態になってしまいます。

スポンサーリンク

プリン体はどのくらい摂取していいの?

尿酸値が上がる原因の成分はプリン体です。プリン体は体中にあるもので、食事だけで生成されるわけではありません。しかし食事を意識して取るのもプリン体を増やさないためには大事になります。

1日どのくらいのプリン体を摂取していいのか気になりますね。「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」には1日に400mgを目安にしたプリン体の摂取制限を推奨しています。これ以上超えると痛風のリスクが高まることが言えます。

 

痛風の人が食べてはいけないもの一覧

プリン体は何の食べ物にどれだけ入っているのか。多い順に一覧表にしてみました。

食品名 プリン体量(mg/100g)
1. ニボシ 746.1
2. カツオブシ 493.3
3. アンコウ肝(酒蒸し) 399.2
4. 干し椎茸 379.5
5. 鶏レバー 312.2
6. マイワシ(干物) 305.7
7. イサキ白子 305.5
8. 豚レバー 284.8
9. 大正エビ 273.2
10. マアジ(干物) 245.8
11. オキアミ 225.7
12. 牛レバー 219.8
13. カツオ 211.4
14. マイワシ 210.4
15. サンマ(干物) 208.8

一覧表を見ると分かるように、魚やレバーなどがプリン体を多く含んでいます。特に他の食品と比べると魚の干物類の含有量は多いです。これらの食品の摂取回数をなるべく控えたり、少量取るように心掛けましょう。

スポンサーリンク

痛風の予防や改善のために気を付けること

先ほどの表のようなプリン体を多く含む食品は控えることも必要ですが、他にも痛風の予防や改善のためのポイントをお伝えします。

尿酸値を下げる食品を摂ろう

食物繊維を含む食品は尿酸の排泄を促してくれます。野菜では、ごぼう、セロリ、キャベツ、白菜、その他イモ類、キノコ類はおすすめです。また野菜や海藻類はアルカリ食品なので尿酸値を下げる効果があります。積極的に摂取しましょう。

スポンサーリンク

果物も摂取しずぎない

果糖は体内で代謝をされる時に尿酸が急激に生成されることが分かっています。また取りすぎにより中性脂肪が増えてしまうのも肥満につながります。

果物はミネラルが含まれているアルカリ性食品です。アルカリ性の食品は尿酸を分解し排出することを促してくれます。摂りすぎはいけませんが適度な量を摂る分は問題ありません。

ではどのくらいの量を摂取していいのでしょうか?1日の摂取量は80kcalを推奨されています。それ以上は摂りすぎないように注意しましょう。

〈果物80kcal目安〉

バナナ 1本(95g)
リンゴ 1/2個(150g)
みかん 小2個(180g)
キウイ 1.5個(120g)
なし 1/2個(220g)

出典:富士薬品

果糖はフルーツだけではなく、ジュースや炭酸飲料や果汁飲料を飲むことも果糖の摂取になります。米国で行われた健康調査によると、ジュースや甘味飲料などを飲む人は、飲まない人に比べて痛風発作を起こしやすいという結果が発表されています。

水分を摂取する

水分を摂取することで、尿酸を分解して尿として排泄することができます。1日2Lの飲水量を目標にすると老廃物の排出にも効果的です。ただし腎臓病の人は水分制限があるので摂取量は医師と相談してください。

アルコールを控える

アルコールは痛風にはよくないという認識はありますが、プリン体の量がそれほど多いわけではありません。

〈アルコール飲料中のプリン体量〉

アルコール飲料 プリン体量(mg)
ビール350ml 10 ~34
発泡酒350ml 0~14
日本酒180ml 3
ワイン200ml 3
焼酎90ml 0

しかしアルコールを摂取すると代謝が上がることによって尿酸が生成されます。また尿酸の尿排出を抑制してしまいます。カロリー摂取量も増えるので、アルコールは減らすようにしましょう。

スポンサーリンク

有酸素運動をする

運動を定期的に行うことは、血中の尿酸を減らす効果があります。激しい運動は尿酸値を上昇させてしまうので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。ウォーキングは1日4000歩以上でも健康に効果があると言われています。その他の生活習慣病にも効果がありますので、日常にぜひ取り入れましょう。

まとめ

痛風にとって摂取を控えた方がいいプリン体の食品含有量を一覧表で見てみました。プリン体が多い食品はお酒のつまみとして食べる食品も多いので、外食などが多い方はプリン体を多く摂ってしまいます。一覧表を意識して、魚やレバーなどを減らしたり、定期的に有酸素運動を取り入れるなど少しずつ生活習慣を改善していきましょう。

出典:公益財団法人痛風・尿酸財団

 

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました