※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

バランスのよい食生活に「セブンミール」がおすすめ!利用方法や気になる口コミを紹介

「健康的な食生活を送りたいけれども、なかなかバランスが良い食事ができない」という悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。日替りメニューの宅配弁当は便利ですが、留守が多い人には少し使いづらいですよね。

セブンイレブンの「セブンミール」なら、3日前までにネットで注文すれば、日替りおかずや日替り弁当を近くのセブンイレブンで受け取れますよ。

本記事では、セブンミールの特色やメニュー、利用方法をまとめました。良い点や悪い点の口コミも掲載しましたので、自分に合いそうだと思った人はぜひ利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

セブンミールとは?

セブンミールは、セブンイレブンが展開している会員制のお弁当やおかずのサービスです。

セブンミールの特色
  • 種類は日替り弁当、日替りおかず、ごちそう膳、スイーツなど
  • 近くの店舗で受け取り(昼便・夕便)
  • 一部店舗では、1,000円以上の注文で配達も可能
  • 会費や手数料は無料
  • 店舗受け取りは送料無料
  • 1食から注文可能
  • チルドで配送
  • 管理栄養士アドバスによる栄養バランス
  • インターネットで24時間注文可能
  • 店舗では買えない限定商品や季節商品も購入可能

セブンミールは、特に以下のような方におすすめです。

こんな人におすすめ
  • 食生活のバランスが悪い
  • 市販のコンビニ弁当に飽きてきた
  • 一人暮らしで食材が使いきれない
  • メニューを考えるのが負担
  • 食事を準備する時間がない
  • 留守が多いので宅配弁当は使いづらい
  • 定期購入へのハードルが高い
  • 送料を節約したい
スポンサーリンク

セブンミールのメニュー

セブンミールの主なラインナップは、以下のとおりです。

  • 日替り弁当
  • 日替りおかず
  • ごちそう膳(会席弁当)

具体的なメニューや特色を解説していきます。

日替り弁当

日替りの、栄養バランスに配慮したお弁当です。受け取りを職場に近い店舗にすれば、毎日違うメニューのお昼ご飯が楽しめます。

  • 1人前580円(税抜価格)
  • たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスに配慮
  • 600kcal以下、食塩相当量3g以下
  • 和食・洋食・中華で飽きないメニュー

メニューの一例

日替りおかず

ごはんを自宅で用意できる人には、日替りおかずがおすすめです。汁物を作れば立派な献立になりますね。

  • 1人前580円(税抜価格)
  • 管理栄養士のアドバイスによるメニュー開発
  • 400kcal以下、食塩相当量3g以下
  • たんぱく質・食物繊維・緑黄色野菜の中から、2種類が摂取できるメニュー構成

メニューの一例

スポンサーリンク

ごちそう膳

ちょっと贅沢なお弁当で、個人で楽しむのはもちろん、行楽や冠婚葬祭など様々なシーンで利用できます。

  • 前日の午前10時59分までの予約で、翌日受取り可能
  • 季節により変わるラインナップ

メニューの一例
欅(おかず10品・税抜1,300円)

画像引用:セブンミール公式サイト

セブンミールの利用方法

セブンミールの利用方法を以下の3点に分けて解説します。

  • 注文方法
  • 受け取り方法
  • 支払方法

注文方法

注文はインターネットのみです。電話や店舗での受付はしていません。

事前に7iDへの会員登録が必要です

注文の主な流れ

  1. 7iDでログイン
  2. セブンミール会員登録(初回のみ)
  3. 受け取り店舗を設定(初回のみ)
  4. 日時を設定
    ・受取日時により商品のラインナップが変わります
    ・受取日時と「昼便」または「夕便」のいずれかを選択
  5. 商品を選択、カートに入れる
  6. 内容を確認後、注文を確定
  7. メール送信される注文控えを確認する

配達の場合は、クレジットカードの登録が必要です。

受け取り方法

あらかじめ登録しておいた店舗に行き、商品を受け取ります。

受取時間】以下の時間から当日中に受け取り

  • 昼便:午前11時30分以降
  • 夕便:午後5時30分以降

受け取り方法

  1. スマホやタブレットで、バーコードを提示
    バーコードはログイン後、購入履歴から表示できる
  2. 16桁の番号を伝える方法
    スマホなどがない場合は、バーコード下の16桁の番号を伝える
画像引用:セブンミール公式サイト
スポンサーリンク

支払方法

店舗で受け取る場合は、店頭レジで支払います。レジでは以下の方法で支払いができます。

  • 現金
  • バーコード決済
  • 電子マネー・クレジットカード
  • 商品券・QUOカード

配達の場合は、クレジットカードのみの支払いとなります。(事前に登録が必要)

スポンサーリンク

セブンミールの利用料金

セブンミールを利用するための料金は以下のとおりです。

  • 入会金・年会費/なし
  • 送料/無料(店頭受け取りの場合)
  • 配達の場合の送料
    1,000円以上(税抜価格)/220円(税込)
    3,000円以上(税抜価格)/無料

セブンミールの口コミ

セブンミールの口コミをまとめました。良い点と悪い点に分けてご紹介します。

良い点
  • 美味しい
  • 栄養バランスが良い
  • 1食から注文ができる
  • 日替りなので飽きない
  • 外食に比べコスパがよい
  • メニューを考える手間が省ける
  • 店舗受取りなので、自宅で待つ必要がない
  • セブンマイルがたまる
悪い点
  • メニューの選択肢が少ない
  • 数日前に注文する必要がある(商品により異なるが、基本は受取日の3日前まで)
  • 急なキャンセルや変更ができない
  • 店舗に取りに行く必要がある
  • 自炊やスーパーの総菜より高い
  • 添加物が使用されている

よくある問い合わせ

よく疑問に思われる3点について、解説します。

注文はいつまで?

基本的に、3日前の10時59分までです
商品により締切日は異なります

商品一覧が見たいのですが

メニューやメニュー一覧はありません
ログイン後、「各カテゴリ」タブから確認できます

キャンセルはいつまで?

キャンセルは「購入履歴」から【注文を変更・削除】で行うことができます
注文締め切り時間以降のキャンセルはできません

スポンサーリンク

まとめ

セブンミールについてご紹介しました。

どうしても好きなものばかり食べてしまい、栄養バランスが悪くなってしまう人にはおすすめのサービスです。受け取り時間に縛られることなく、1食から始められるのも魅力ですよね。

なんといっても、毎日何を食べるかを考えることから解放されるメリットは大きいはず。忙しい主婦(夫)の方も、大変なときは無理をしないで、気軽に利用してみてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました