※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

クリスタルガイザーは危険?悪い噂は本当なのか?並行輸入品についても解説

カリフォルニアから生まれたミネラルウォーター「クリスタルカイザー」は、飲みやすく日本人に合う軟水として人気の商品です。

しかし最近、クリスタルカイザーが体に悪いという噂があり、安全性に不安を感じている方も多いようです。

クリスタルカイザーは危険なのか?

輸入品の問題や、注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

クリスタルガイザーの口コミ・評判はどう?

まず、クリスタルガイザーに対する口コミや評判を見ていきましょう。

良い口コミから紹介していきます。

https://twitter.com/ichigochAAAn31/status/1215188212370423810?s=20
https://twitter.com/misakh1/status/1261262404807090177?s=20

クリスタルカガイザーに対する良い口コミの中には、他のミネラルウォーターより美味しい、子どもでも飲みやすい、美容と健康の為に飲んでる、などがありました。

他のミネラルウォーターよりも美味しいという口コミが多い印象で、日本人の味覚に合い飲みやすいという点が評価されているようです。

次に、クリスタルガイザーの悪い口コミを紹介していきます。

https://twitter.com/Danger_Kanna/status/118847570968707072?s=20

悪い口コミの中には、体に合わなくて体調が悪くなった、美味しくない、キャップの色によって味が違う、などがありました。

キャップの色と味の違いについては、後ほど詳しく解説していきますが、キャップが小さくて開けにくいという口コミが多くありました。

クリスタルガイザーに対する口コミをいくつか紹介してきましたが、美味しさや体との相性など、評価にはかなり個人差があるようですね。

クリスタルガイザーは危険?悪い噂は本当なのか

クリスタルガイザーはどこの水なのか?なぜ危ないといわれているのか?

ここからはクリスタルガイザーの危険性に関する噂について解説していきます。

放射性物質の混入があった?

クリスタルガイザーは、米国カリフォルニア州の北部に位置する霊峰マウントシャスタの麓から湧き出る天然水です。

放射性物質混入の噂は、この産地の周辺で過去に核実験が行われていたことが原因で広まったようです。

実際に放射性物質の混入が確認されたわけではないため、ただの噂のようですね。

硬度の高さが体質に合わない

クリスタルガイザーは硬度38mg/Lの軟水です。

日本の水はほとんどが軟水ですので、クリスタルガイザーも日本人の味覚に合うミネラルウォーターとして販売されています。

しかし体質の違いから、クリスタルガイザーの硬度の高さが体に合わないこともあるでしょう。

異臭で苦情!過去に自主回収されている

2008年、クリスタルガイザーに対して異臭がするとの苦情があり、メーカーが製品を自主回収しました。

メーカーの調査によると成分に問題はなく、人体に影響がないことがわかりましたが、においがついていたものがあった事実から、念のために回収したようです。

【注意】クリスタルガイザーは2種類存在する!

日本で販売されているクリスタルガイザーには下記の2種類あります。

  • 正規輸入品のシャスタ産
  • 並行輸入品のオランチャ産

2つの違いについて、詳しく解説していきます。

何が違う?正規輸入品と並行輸入品

正規輸入品とは、メーカーが公認しているルートから輸入されていて、厳格な基準で品質管理された安全性の高い商品です。

並行輸入品とは、非公認のルートから輸入されていて、品質管理や安全性が不十分であることが多いです。

並行輸入品は安く販売されていることもあり、コスパの良さがメリットにはなりますが、成分や品質に問題がないか注意した方がよいでしょう。

シャスタ産とオランチャ産 産地の違い

正規輸入品であるシャスタ産に比べて、並行輸入品であるオランチャ産の方が硬度が高いです。

口当たりや味わいが異なるので、味覚や体質に合わない場合もあるでしょう。

含まれている成分に大きな差はありませんが、正規輸入品のシャスタ産には、バナジウムというミネラルが含まれています。

バナジウムとは、アサリやひじき等の貝類、海藻類に含まれている天然のミネラルで、人間の体に必要な成分です。

ここを見て!パッケージが違う

正規輸入品と並行輸入品では、ボトルやキャップ等のパッケージにも違いがあります。

基本的な見分け方として、まずはクリスタルガイザーの正規輸入店である大塚食品の公式サイトを見てみましょう。

ボトルにはカタカナで『クリスタルガイザー』と記載されており、キャップの色は青です。

https://www.crystalgeyser.jp/lineup/

並行輸入品のパッケージを確認してみると、カタカナの記載がなく、キャップの色は白ですね。

また、並行輸入品の中には独自デザインのパッケージを使用している場合も多く、パッケージだけで判断することは難しいので、表示ラベルを確認するとよいでしょう。

クリスタルガイザーは安全!

クリスタルガイザーについて解説してきました。

結論からいうと、好みや体質との相性に差があるもののクリスタルガイザーに危険性はありません。

クリスタルガイザーのポイントは2点です。

・ナトリウム、カルシウム、マグネシウム等をバランスよく摂取できる

・産地によって硬度が異なり、好みで選べる

ミネラルは体を整えてくれる重要な栄養素ですので、日常的にクリスタルガイザーを飲むことで健康的な体作りができそうです。

2種類のクリスタルガイザーの硬度と味わいを比較してみましょう。

シャスタ産

硬度38mg/L

硬度が低い方が癖が少なくて飲みやすい

子どもから大人まで美味しく飲める

オランチャ産

硬度67mg/L

硬度が高い方が独特の風味を感じやすい

硬度が高い方がミネラル成分の含有量が多い

自分の味覚や体に合うクリスタルガイザーを楽しんでください。

おすすめ「のむシリカ」は安全で飲みやすい

クリスタルガイザーに危険性がないとはいえ、味わいや硬度が合わない方もいるでしょう。

安全で飲みやすいミネラルウォーターを探している方におすすめなのが、「のむシリカ」です。

日本人が飲みやすい「中硬水」

のむシリカは「中軟水」といって、硬度の高さと飲みやすさのバランスが良いミネラルウォーターです。

程よい硬度と口当たりの良さから人気が高まっている商品なので、ミネラルウォーターを探している方は是非一度お試しください。

「のむシリカ」にはミネラル成分がたくさん

のむシリカには、一般的なミネラルウォーターに含まれるカルシウム、マグネシウムのほかにも体に必要なミネラルがたくさん含まれています。

のむシリカに含まれているミネラル

・シリカ(ケイ素)

・カリウム

・サルフェート

・カルシウム

・マグネシウム

・炭酸水素イオン

・バナジウム

シリカ(ケイ素)とは人の体を構成するために必要な成分ですが、体内で作ることができません。

シリカは年齢を重ねるごとに減ってしまうので、意識して補給する事が重要です。

安心の日本産!徹底した品質管理

「のむシリカ」は日本で生産されているミネラルウォーターです。

品質や衛生管理に厳しい日本の基準をクリアしており、輸入ルート等の問題で安全性に不安を感じる事もないので、安心して飲めますね。

成分や味わいだけでなく、品質にもこだわりたい方には特におすすめのミネラルウォーターといえます。

まとめ

クリスタルガイザーの危険性に関する噂や、品質の問題について解説してきました。

放射性物質の混入については事実ではなく、あくまで噂でした。

また異臭による自主回収については、成分に問題はなく、現在は品質が改善されています。

クリスタルガイザー自体に危険はありませんが、先述した通り、輸入ルートによって品質管理に差があるため、安全性が気になる方は注意が必要になります。

軟水であるクリスタルガイザーですが、硬度の高さが体質に合わず体調を崩してしまう方、飲みにくさを感じている方には、「のむシリカ」をおすすめします。

「のむシリカ」安心の国内産で、シリカをはじめミネラル成分がたくさん含まれています。

成分や味わい、品質の安全性など、自分好みのミネラルウォーターを選ぶ際の参考になると幸いです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました