※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方

レシピ

グリルでアジの開き(干物)を焼くのは、とてもおいしく仕上がります。焼き時間は、アジのサイズや厚みによって異なりますが、5~7分程度で、皮に焼き色がつき、身がふっくらと仕上がります。

グリルでアジの開き(干物)を焼く手順

  1. グリルの網にサラダ油または酢を塗っておく。
  2. アジの開きは、皮を下にして置き、中火以上で焼く。
  3. 皮に焼き色がついたら裏返して、弱火~中火で焼く。
  4. 身に火が通ったら完成

 

ポイント

  • グリルの網に油や酢を塗っておくと、干物の皮がくっつきにくくなります。
  • 皮は焦げやすいので、注意しながら焼きましょう。
  • 身に火が通ったら、すぐに取り出すと、ふっくらと仕上がります。

また、焼き時間はあくまで目安なので、アジの状態を見ながら調整してください。焼き加減がわからない場合は、竹串を刺して、身に透明な汁が出てきたら、焼き上がりのサインです。

アレンジ

  • 焼き上がりに、塩、こしょう、レモン汁、わさびなど、お好みの調味料をかけていただきます。
  • 焼き魚の定番である、焼き味噌や焼きしょうがをつけて食べるのもおすすめです。

ぜひ、お家でおいしいアジの開き(干物)を焼いてみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました