※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

ゴーヤのきんぴら 苦味を抑えて美味しく仕上げるコツ

レシピ

ゴーヤのきんぴらって、苦味が気になるけど、美味しそうですよね。でも、苦味が苦手な方や、子供に食べさせたい方は、なかなか作れないのではないでしょうか?

そこで、今回はゴーヤのきんぴらの苦味を抑えて、美味しく仕上げるコツをご紹介します。また、定番レシピからアレンジまで、幅広く紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ゴーヤの苦味を抑えた、甘辛い味わいがクセになる一品です。ごま油の香ばしさが食欲をそそります。

材料(2人分)

  • ゴーヤ 1本
  • ごま油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ2
  • めんつゆ 大さじ3
  • ごま 適量

作り方

1、ゴーヤは縦半分に切って、わたと種を取り除き、薄切りにします。

2、ゴーヤを加えて炒め、しんなりしたら、砂糖、みりん、めんつゆを加えて煮詰めます。

           

3、水分がなくなるまで炒めたら、ごまをふって完成です。

 

作り方のポイント

  • ゴーヤの苦味を抑えるため、塩をふって揉んでから水にさらし、水気を切っておくとよいでしょう。

  • めんつゆの量はお好みで調整してください。
  • ごまは、白ごまや黒ごまなど、お好みの種類を使うとよいでしょう。

アレンジ

  • ピーマンやなすなどを加えると、彩りよく仕上がります。
  • 豚肉や鶏肉を加えると、ボリュームアップします。
  • 仕上げに、七味唐辛子や一味唐辛子をふってもおいしく召し上がれます。

ぜひ、お試しください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました