※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

大豆ミートの作り方 メリットデメリット手作りが最もオススメな理由

お肉の代用品として、年々注目を集めている大豆ミート。最近では、スーパーなどで見かける機会も増えてきています。

しかし大豆ミートは、栄養豊富で健康にも美容にもいいと言われる一方で、独特の大豆の風味やもそもそとした食感を苦手に感じる人もいるようです。

そこでこの記事では、大豆ミートがまずいと言われる理由や、美味しく食べるための調理方法、大豆ミートを食べることで得られるメリットデメリットなどについて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

大豆ミートとは?大豆でできたお肉の代用食品

大豆ミートとは、大豆から油分を絞ったものを乾燥させることで作られる加工食品で、お肉のような味や見た目が特徴です。

たんぱく質を繊維状にしていることで食感も本物のお肉に近く、栄養価も牛肉や豚肉とほとんど変わらないため、お肉の代用品として用いられます。

もともとはお肉を食べられないベジタリアンやヴィーガンの人向けのイメージが強い食品でしたが、近年では健康食として健康に気を遣う人たちの間でも人気が出てきています。

スポンサーリンク

大豆ミートは本当にまずい?まずいと言われる理由

お肉の代用品として料理に用いられる大豆ミートですが、「大豆ミートはまずい」という意見も一定数あるようです。

まずいと言われてしまう原因は何なのか、見ていきましょう。

大豆ミート独特の風味

大豆で作られた大豆ミートには、牛肉や豚肉にはない大豆ならではの香りがあります。本物のお肉をイメージして食べると、その豆っぽさが気になってしまうのも無理はありませんね。

大豆ミートの豆っぽさは、大豆の風味を取り除くことのできる正しい調理法で調理すれば解決できます。

下処理・下味に失敗している

また、大豆ミートがまずいと言われる原因として、多くの人が下処理をしっかりできていなかったり、下味をちゃんとつけていなかったりすることが挙げられます。

大豆ミートを下処理なし・下味なしで調理してしまうと、大豆独特の風味が残って食べにくくなります。

他のお肉と同じようにそのまま調理するのではなく、醤油や酒などでしっかり下味をつけてから食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

肉の食感とは違う

たんぱく質を繊維状に加工し、食感もお肉に近づけている大豆ミートですが、どうしても普通のお肉に比べると食感がもそもそしています。

お肉と全く同じ食感をイメージして食べると、「期待と違う」と思ってしまう人がいるのかもしれません。

大豆ミートは大豆ミート、お肉はお肉として、それぞれの魅力を理解して食べると良いでしょう。

大豆ミートをおいしく食べる調理法

風味や食感に少しクセのある大豆ミートですが、以下の手順を守って調理方法することでおいしく食べることができます。

  1. 湯戻しする
  2. 丁寧に水洗いする
  3. しっかり下味をつける

水洗いをすることによって独特の臭みを取り除くことができ、さらにその後で下味をつけることで、大豆の風味が気にならなくなります。

その際は、繰り返し水洗いをすること、強めに下味をつけることを意識しましょう。醤油や酒、生姜、ニンニクなど、味の強い調味料で味付けすると、大豆の風味を消しやすいです。

ただし、この手順で調理しても、大豆ミートのもそもそした食感はそのままです。

味や風味は本物のお肉に劣りますが、その分ヘルシーなところが大豆ミートの魅力。大豆ミートとお肉は別物と理解して、食感の違いも楽しんで味わいましょう。

スポンサーリンク

全部で3種類の大豆ミート 特徴とおすすめ調理法

大豆ミートと言っても、実は形状の異なる3種類があります。それぞれの特徴を活かしたおすすめの調理方法とあわせて、3種類の大豆ミートを紹介します。

ブロックタイプ

少し大きなブロック状に加工された大豆ミートです。唐揚げや酢豚などを作るのに適しています。

フィレタイプ

薄くて平たい形状が特徴の大豆ミートです。生姜焼きや照り焼きなどを作るのに適しています。

ミンチタイプ

パラパラとしたミンチ状の大豆ミートです。ハンバーグやミートソース、そぼろなどを作るのに適しています。

また、形状に加え、用途に併せて大豆ミートを使い分けることも大切です。大豆ミートには、乾燥タイプやレトルトタイプ、冷凍タイプなど、用途に応じた様々な種類があります。

それぞれの種類のメリットを理解した上で、大豆ミートを使い分けるようにしましょう。

大豆ミートのメリット

本物のお肉と比べると、味や風味で劣ってしまう大豆ミート。しかし、大豆ミートには、普通のお肉より優れた点がたくさんあります。

大豆ミートを食べることで得られる嬉しいメリットについて紹介しましょう。

低カロリーでダイエットに適している

大豆ミートは、お肉に対して圧倒的に低カロリーです。

牛肉、豚肉、鶏肉と、100gあたりのエネルギー量を比較してみましょう。

エネルギー量(100gあたり)

  • 大豆ミート(湯戻し後)…120g
  • 牛肉…371g
  • 豚肉…386g
  • 鶏肉…200g

本物のお肉の中で最もカロリーの低い鶏肉と比べても、大豆ミートはかなり低カロリーであることがわかります。

普段食べているお肉を大豆ミートに置き換えることで、ダイエット効果が期待できるということですね。

栄養価が高い

低カロリーな大豆ミートですが、お肉にも負けないほどのたんぱく質量と、栄養価の高さが特徴です。

大豆ミートに豊富に含まれている栄養素について、それぞれ見ていきます。

たんぱく質

たんぱく質は、筋肉を構成する重要な栄養素です。筋肉がつくと代謝が上がるため、ダイエット中にも意識的に取り入れる必要があります。

しかし、たんぱく質が多く含まれるお肉のような食材は、カロリーも高いもの。低カロリー・高たんぱくな大豆ミートは、カロリーを抑えつつ効率的にたんぱく質を摂取することができます。

食物繊維

腸内の環境を整えて、便秘などを改善するはたらきのある食物繊維。野菜などに多く含まれるイメージのある栄養素ですが、大豆ミートには、なんとキャベツの3倍もの食物繊維が含まれています。

大豆ミートでお腹の中をきれいにしましょう。

ミネラル

大豆ミートには、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富に含んでいます。カリウムはむくみを取り、カルシウムは骨や歯を作る働きがあります。

ビタミンB群

ビタミンB群は、糖や脂肪の代謝を助けるはたらきがあります。大豆ミートには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群がたくさん含まれています。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆に多く含まれる栄養素で、女性ホルモンであるエストロゲンによく似たはたらきをしてくれます。

肌の新陳代謝を促進したり、髪を美しく保ったり、さらには更年期障害を防いだりと、女性に嬉しい効果がたくさんあります。

スポンサーリンク

長期保存可能

また、乾燥タイプの大豆ミートは保存に優れ、常温で一年間も保存しておくことができます。

冷蔵庫に入れておいても数日で傷んでしまうお肉にはないメリットですね。非常時のための保存食として、常備しておくのも良いでしょう。

大豆ミートのデメリット

低カロリーで栄養豊富、さらには長期保存が可能と、嬉しいメリットがたくさんの大豆ミートですが、デメリットはあるのでしょうか。

イソフラボン過剰摂取の心配

実は、食べすぎると健康に悪影響が及ぶかもしれないというデメリットがあります。その理由は、大豆イソフラボンです。

美肌や美髪、更年期障害の予防に良いとされる大豆イソフラボンですが、過剰摂取するとホルモンバランスが乱れ、肌荒れなどを引き起こす要因となってしまうのです。

また、大豆ミートは添加物を多く含むため、本物のお肉に比べて値段の高い商品が多いというデメリットもあります。

健康面、金銭面からも、大豆ミートの食べ過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

大豆ミートをそのまま食べてもいい?

形状や用途によって、さまざまな製品が販売されている大豆ミート。中には調理せずにそのまま食べられるものと、調理しないと食べられないものがあります。

レトルトタイプの大豆ミートは調理不要である場合がほとんどですが、乾燥タイプは水やお湯で戻して柔らかくしてから食べることが多いです。

そのほか、製品によって調理方法や食べ方はさまざまです。購入前は必ずパッケージに記載されている内容を確認して、用途にあった大豆ミートを選ぶようにしましょう。

大豆ミートの手作りがおすすめな理由

以前と比べるとよく見かけるようになった大豆ミートですが、地域によっては、「スーパーで売ってない!」ということもあるかもしれません。

そんな時におすすめなのが、手作り大豆ミート。簡単に作れて、自分好みにアレンジも可能です。

添加物不使用が叶う

市販の大豆ミートには、酸化防止剤や甘味料、保存料や着色料などの添加物があることが多いので注意。

健康志向の人にとって、添加物は気になるもの。自分で作ることで、添加物不使用の大豆ミートを作ることができます。

スポンサーリンク

自分好みの味付けができる

独特の大豆の風味にクセがある大豆ミート。市販のものをまずいと感じてしまう人も一定数いるようです。

手作りなら、自分好みの味付けができるので、食べやすくて美味しい大豆ミートを作ることができます。

しっかりとした濃いめの味つけをすることで、大豆の風味を感じにくくなります。

市販より安く作れる

普通のお肉に比べてコストがかかる大豆ミート。スーパーなどでは、100gあたり350〜400円ほどで売られています。

一方、もし手作りをするのであれば、その材料は豆腐だけ。豆腐は100gあたり10〜20円ほどなので、かなりのコストカットが可能です。

豆腐を高野豆腐にして作るレシピもありますが、高野豆腐も100gあたり200円ほどなので、いずれにしても市販の大豆ミートより安く済ませることができます。

卵、乳化剤を抜いて作ることができる

市販の大豆ミートには、卵や乳化剤が使われていることがあります。

卵アレルギーの人や動物性食品を食べないヴィーガンの人にとって、これらの成分は避けたいもの。それらを除いて手作りすれば、卵や乳化剤を気にすることなく安心して大豆ミートを食べることができます。

スポンサーリンク

手作り大豆ミートの基本レシピ

それでは、気になる手作り大豆ミートの作り方を解説していきましょう。

手作り大豆ミートの作り方

  1. 水分を切った状態の豆腐を8等分にする。
  2. バットなどに平たい容器に並べて冷凍する。
  3. 豆腐が完全に固まったら電子レンジで1〜2分加熱して解凍する。
  4. 粗熱が取れたら、豆腐を絞って水分を抜く。用途に応じて、切り分けたりそぼろ状に潰したりして、完成!

大豆ミートの材料は豆腐だけで、加熱も電子レンジなので、とても気軽に作ることができます。ぜひご自宅で、美味しくて健康的な大豆ミートを手作りしてみてください。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました