※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

餃子の献立案 副菜は?スープは何が最適?

レシピ

 

 

スポンサーリンク

餃子をメインにした献立例①

【主食】ごはん
(使った食材) 白米

【主菜】餃子
(使った食材) 豚ひき肉、きゃべつ、ねぎ

【副菜①】もやしの卵炒め
(使った食材) もやし、たまご

【副菜②】ほうれんそうの和え物
(使った食材) ほうれんそう、かにかま

【汁物】フルーツ
(使った食材) 柿

<献立ひと言アドバイス>
昼に味の濃いものを食べたので、夜は減塩のために汁物をフルーツに置き換えました。もやしはふわふわの卵と炒め、煮汁にとりみをつけることで立派なごはんのお供になります。

餃子の具は野菜を多くすることで歯ごたえがでて、満腹感を得られやすくなります。ほうれん草や小松菜で緑色を加えると彩りがきれいに見えます。

スポンサーリンク

餃子をメインにした献立例②

【主食】もち麦ごはん
(使った食材) 白米、もち麦
【主菜】餃子
(使った食材) 豚ひき肉、ニラ、キャベツ、にんにく、生姜、卵
【副菜①】ほうれん草とブロッコリーのお浸し
(使った食材) ほうれん草、ブロッコリー、ごま
【副菜②】れんこんとにんじんのきんぴら
(使った食材) れんこん、にんじん、ごま
【汁物】なめこのお味噌汁
(使った食材) なめこ、ほうれん草、豆腐

<献立ひと言アドバイス>
餃子はにんにくと生姜でガッツリ系に仕上げました。
子供から大人まで楽しめる夕飯メニューです。

副菜のブロッコリーとほうれん草のお浸しは、女性に嬉しい鉄分と葉酸が摂取できるところがポイント。

風邪予防にも効果的なれんこんとにんじんのきんぴらは、簡単ながらも華やかで彩りが良くなる、お弁当にもピッタリな副菜です。

汁物のなめこは、腸内環境を整えてくれるのでお通じ改善にも効果的です。

餃子をメインにした献立例③

【主食】ご飯

(使った食材) 米

【副菜①】餃子

(使った食材) 味の素冷凍餃子、しょうゆ、ラー油

【副菜②】海鮮マリネ

(使った食材) ボイル蛸、ボイル海老、新玉ねぎ、きゅうり、トマト、アマニ油、リンゴ酢、塩、コショウ

【副菜③】ほうれん草のおひたし

(使った食材) ほうれん草、味海苔

【副菜④】漬物

(使った食材) きゅうり

【副菜⑤】黒豆煮

(使った食材) ヤオコー黒豆

【副菜⑥】果物

(使った食材) 清見オレンジ、いちご

【汁物】豚汁

(使った食材) 豚小間肉、ジャガイモ、玉ねぎ、大根、しめじ、人参、こんにゃく、ごぼう、長ネギ、油揚げ、味噌、日本酒、みりん

<献立ひと言アドバイス>

餃子は焦げ目をしっかりとつけて、カリっとジューシーに仕上げるのがポイント。羽根がつくように焼くと見た目が豪華になります。

人数が多いときはフライパンいっぱいに丸く敷き詰めて焼き、そのままの形で盛り付けると楽しいですね。

醤油だけでなく、酢こしょうにつけて食べるのもおすすめです。餃子だけでは地味になりがちですから、汁物やサイドメニューには食材を多く使い、彩と栄養のバランスを考えるとよいでしょう。

箸休めになるような、さっぱりとしたメニューを添えると、よりおいしくいただけます。

 

スポンサーリンク

餃子をメインにした献立例④

【主食】ご飯

(使った食材)

【主菜】餃子、たれ

(使った食材)

豚ひき肉、キャベツ、長ネギ、ニラ、おろしニンニク、おろし生姜、塩、醤油、オイスターソース、胡椒、ごま油、餃子の皮

ポン酢、ラー油

【副菜①】酢の物

(使った食材)

乾燥ワカメ、胡瓜、トマト、生姜、塩、酢、砂糖

【汁物】中華スープ

(使った食材)

白菜、木綿豆腐、生姜、コーン缶、胡麻油、中華だし、酒、塩、醤油

<献立ひと言アドバイス>

餃子は、レシピにもよりますが意外と野菜をたっぷり使います。だいたいお肉と野菜が半々くらいでしょうか。沢山作って、たっぷり食べるという方が多いでしょうから、副菜は軽めに酢の物にしました。

胡瓜とワカメの酢の物に、トマトを加えると彩りもいいですし、良く合います。汁物には中華スープを。ごま油で千切りにした生姜をサッと炒めてから他の具材を加えていきました。これだけで旨味がグッと増します。

 

餃子をメインにした献立例⑤

【主食】貝柱の炊き込みご飯

(使った食材) 干し貝柱、米、油揚げ、しょうゆ、酒、みりん

【主菜】餃子

(使った食材) 白菜、ニラ、ネギ、豚ひき肉

【副菜①】豆苗と卵の中華炒め

(使った食材)   豆苗、卵、ごま油、ウエイパー

【副菜②】ブロッコリー

(使った食材) ブロッコリー

【汁物】中華スープ

(使った食材)わかめ、ウエイパー

<献立ひと言アドバイス>

餃子に合わせて主菜、副菜、汁物も中華風に仕上げました。餃子は具材にしっかり味付けしているので、酢とコショウだけでいただけます。

餃子の味付けが濃いめなので、主菜、副菜、汁物は味付けを薄めにしています。炊き込みご飯は干し貝柱の戻し汁を使っているのでうまみが強く、薄味でも満足感があります。

豆苗と卵の中華炒めは、豆苗のシャキシャキ感を生かすため、強火でさっと加熱するのがポイントです。

餃子をメインにした献立例⑥

【主食汁物】具だくさんのうどん

(使った食材)

讃岐うどん(乾麺)、きゃべつ、玉ねぎ、豚肉、卵、かき菜、醤油、めんつゆ、塩

【副菜①】焼き餃子

(使った食材)

餃子の皮、豚ひき肉、ニラ、白菜、大葉、醤油、塩、胡椒、にんにく、生姜、片栗粉、ごま油、サラダ油

【副菜②】ピクルス

(使った食材)

きゅうり、にんじん、黄パプリカ、酢、砂糖、塩

【副菜③】さつまいもの甘露煮

(使った食材)

さつまいも、砂糖、水

<献立ひと言アドバイス>

メインの餃子に大葉を加えサッパリとした味わいに。また餡に味がしっかりついているので、タレをつけなくても美味しく食べられ、減塩効果もあります。

餃子は香味野菜やにんにくが効いているので、主食はうどんにし、ツルツルっと食べられるよう工夫しました。

ピクルスは箸休めに。緑黄色野菜を使い、一食のバランスがとれるように意識しました。

スポンサーリンク

餃子をメインにした献立例⑦

【主食】ごはん

(使った食材)ごはん

【主菜】餃子

(使った食材)鶏ひき肉、ショウガ、大葉、餃子の皮

【副菜①】たけのことピーマンのソテー

(使った食材) たけのこ、ピーマン、ソーセージ

【副菜②】ひじきとじゃこのサラダ仕立て

(使った食材)  レタス、ひじき、ちりめん、ごま

【汁物】ふわふわ卵のかきたまスープ

(使った食材) 玉ねぎ、春雨、卵、ねぎ、パン粉

<献立ひと言アドバイス>

鶏肉と大葉であっさりしたヘルシーな餃子です。タレはシンプルにポン酢です。ひじきをごま油で炒めて砂糖と醤油で味付けした常備菜を、レタスと合わせてサラダ仕立てにしました。

かきたま汁はといた卵にパン粉を加えて仕上げに加えると、ふわふわの卵になり、子どもたちも大好きなメニューです。

餃子に合う主食

①しらすチャーハン

入れると良い食材の例

ご飯

長ネギ

椎茸



栄養士からのコメント

中華料理の定番のチャーハンは餃子との相性も抜群です。具材はシンプルですがごま油で炒めることで、風味豊かなチャーハンになります。

②天津飯

入れると良い食材の例

ご飯

カニカマ

しょうが

ニラ

グリンピース

栄養士からのコメント

温かいご飯にとろとろのかに玉と甘酢あんをかけて出来上がり。忙しい日でも簡単にできる時短メニューです。

スポンサーリンク

③塩焼きそば

入れると良い食材の例

中華麺

人参

長ネギ

ニラ

キャベツ

もやし

海老

イカ

豚肉

栄養士からのコメント

野菜たっぷりでボリューム満点の焼きそばです。ソース味の焼きそばもいいですが、塩味にすることで、餃子との味のバランスが良くなります。

スポンサーリンク

餃子に合う副菜

①大根と春雨のソテー

入れると良い食材の例

大根

人参

ピーマン

パプリカ

春雨

ひき肉

栄養士からのコメント

つるっとした喉越しが食欲をそそります。ピーマンとパプリカを入れることで色味の少ない餃子に彩りを加えます。

②糸寒天と野菜の和え物

入れると良い食材の例

糸寒天

人参

きゅうり

もやし

栄養士からのコメント

食物繊維が豊富な糸寒天で、お腹の中もスッキリします。さっぱりした味付けはジューシーな餃子との付け合わせにおすすめです。

スポンサーリンク

③蒸しナスの香味ダレ

入れると良い食材の例

ナス

長ネギ

しょうが

ニンニク

栄養士からのコメント

ナスはラップで包んで、電子レンジでチンすると蒸しナスになります。他の材料はみじん切りにしてポン酢と混ぜ合わせます。餃子を焼いている間に簡単にできる一品です。

餃子に合う汁物スープ

①白菜の中華スープ

入れると良い食材の例

人参

長ネギ

白菜

干し椎茸

小松菜

しょうが

 

栄養士からのコメント

野菜たっぷりのスープで、餃子では不足しがちな野菜をスープで摂りましょう。お好みの野菜で自由にアレンジできます。餃子を焼かずに、スープに入れて、水餃子のスープにしてもおいしいです。

②もずくと卵のスープ

入れると良い食材の例

もずく

万能ネギ

新玉ねぎ

栄養士からのコメント

ツルツルのもずくとふわふわの卵がおいしいヘルシーなスープです。優しい味のスープは餃子の箸休めにおすすめです。

スポンサーリンク

③干しエビと青梗菜のスープ

入れると良い食材の例

干しエビ

青梗菜

えのき

長ネギ

栄養士からのコメント

干しエビの旨味が溶け込んだスープです。干しエビの戻し汁もスープに入れましょう。心と体がほっとする一品です。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました