※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

【砂糖の代わりになる甘味料9選!】それぞれの特徴とは?

砂糖は、甘味料として最も身近なものです。しかし、甘味を加えられる食材・調味料はほかにもたくさんあります。それぞれの特徴を生かし、砂糖の代用として使ってみてはいかがでしょうか?いつもの料理もひと味変わってきますよ。

スポンサーリンク

砂糖の代わりになる?甘味料の選び方とは

砂糖は、甘味を加える目的では一番簡単でシンプルな食材です。風味を変えずに甘味だけを加えることができるからです。砂糖の代用を選ぶときは、甘味以外にどのような特徴があるのかを知ったうえで、その特徴を生かせる料理に使いましょう。

スポンサーリンク

 砂糖の代わりになる甘味料9選

 てんさい糖

 原料

甜菜(てんさい):北海道で栽培されているほうれん草と同じヒユ科の植物。見た目が大根に似ているため、別名砂糖大根とも呼ばれる。

 特徴

  • サトウキビを原料にする砂糖より、身体を温める効果がある。
  • 腸内環境を整える天然のオリゴ糖が含まれる。
  • GI値が白砂糖より低い
  • まろやかな甘さと、風味とコクがある。

てんさいを原料にした、上白糖やグラニュー糖もあります。「てんさい糖」と呼ばれるものはてんさいを原料にした、精製度が低い薄茶色のものです。

代用で使う分量

砂糖と同程度か少し多めにする。

 きび砂糖

原料

さとうきび:イネ科サトウキビ属の暖かい気候を好む植物。

特徴

白砂糖よりも薄茶色の見た目をしていて結晶が粗く、味はコクがあります。黒砂糖と白砂糖の中間くらいと説明するとわかりやすいでしょう。

 代用で使う分量

砂糖と同程度かやや少な目にする。

スポンサーリンク

 黒砂糖

原料

さとうきび:イネ科サトウキビ属の暖かい気候を好む植物。

特徴

褐色で香ばしい香りがし、味には独特のうま味と深みがあります。白砂糖のようなミネラル分をそぎ落とした精製糖と違って未精製で何も取り除かれていないため、ミネラルを豊富に含んでいます。用途は限られてしまうが、その特徴を生かせればこだわりの料理ができます。

代用で使う分量

砂糖と同程度か少し多めにする。

羅漢果(ラカンカ)

 原料

羅漢果(ラカンカ):中国南部を原産地とする直径5cmほどのウリ科の果実

特徴

砂糖の50倍の甘さで、濃縮・生成すると砂糖より300倍の甘さになり、カロリーは0です。しかし、カロリー0でも太ります。また、ラカンカは摂取しても血糖値が上がらないため低血糖を引き起こす場合もあります。

 代用で使う分量

砂糖と同程度にする。

 メープルシロップ

原料

カエデ属の樹木の樹液を煮詰めたもの

特徴

ミネラルやビタミンが豊富に含まれている。また血糖値が上昇しづらく、抗酸化作用もある。

 

代用で使う分量

砂糖の1.5倍程度にする。

スポンサーリンク

 みりん

本みりんとみりん風調味料の違い

・本みりん 約14%のアルコールが含まれ、分類上はお酒になる。

・みりん風調味料 1%未満のアルコールにうま味調味料や水あめなどの糖分を加えて作る甘味調味料。アルコール分1%未満にすることで酒税がかからず安価である。みりんに似せた調味料である。

 原料

本みりん

もち米、米こうじ、醸造アルコール糖類などで酒税法で定められた原料

特徴

砂糖の代用として使う場合は本みりんを使いましょう。

本みりんの甘味は米こうじの酵素の働きによって生まれた糖類なのでまろやかな甘味を感じる。さらに糖類だけでなくアミノ酸も含まれているのでうま味も感じられる。

代用で使う分量

砂糖 大さじ1に対して、本みりん 大さじ3

甘酒

甘酒はアルコール入りとアルコールなしの2種類あります。

原料

  • 酒粕甘酒(アルコール入り):酒粕、砂糖・はちみつなどの甘味料
  • 米麹甘酒(アルコール無し):米麹

特徴

砂糖の代用として使うなら、米麹甘酒(アルコール無し)を使いましょう。

糖質が低め。甘味料なのに発酵食品!砂糖にはない栄養と砂糖とは違う優しい甘さがあります。

代用で使う分量

おおよそ、砂糖の2倍にする。

 ココナッツシュガー

原料

ココナッツ(ヤシ科ココヤシ属)の花の蜜

特徴

GI値が35と低いが、カロリーは白砂糖と変わらない。ミネラルが豊富に含まれている。黒糖のような味がするが、そこまで風味はきつくない。そして、ココナッツの風味もないので、砂糖の代用としても適しています。

代用で使う分量

砂糖と同程度にする。

スポンサーリンク

はちみつ

原料

ミツバチによって採集された花の蜜

特徴

はちみつの甘味のもとになっているブドウ糖やスクロールは腸からすぐに栄養補給されるため、即効性の疲労回復効果がある。また喉が痛い時にそのままなめると、はちみつの殺菌作用により、症状が和らぐ。

色が薄く透き通ってるはちみつは、風味やくせが少ないので砂糖の代用に向いているでしょう。色が濃く香りの強いはちみつは、風味の主張が強いので、砂糖の代用として使う場合は、慎重に使いましょう。

代用で使う分量

大さじ・小さじではかる場合は、砂糖の3分の1を目安に使う。

それぞれの甘味のGI値

食材名 GI値
上白糖 109
グラニュー糖 110
てんさい糖 65
きび砂糖 100
黒砂糖 99
羅漢果 不明
メープルシロップ 73
みりん(本みりん) 15
甘酒(米麹甘酒) 不明
ココナッツシュガー 35
はちみつ 88
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました