※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

パン粉が無い!代用品として使える12の食品

レシピ

コロッケ・エビフライ・とんかつなどパン粉を使う揚げ物(フライ)料理は、男性や食べ盛りの子供にも人気が高い定番おかずです。

フライや揚げ物は家庭料理の定番のひとつでもありますが、パン粉をうっかり買い忘れた・切らしていたのに気付かなかったという事態は、良く起こるトラブルでもあります。

遅い時間に調理していて衣を付ける段階でパン粉が無い事に気付くと、スーパーに買いにも行けずにパニックを起こしてしまいますよね。

でもご安心ください。パン粉は代用出来るものが意外と沢山あります。

今回はフライ料理を作りたいのにパン粉が無かったというトラブルが発生した時に是非とも活用していただきたい、パン粉の代わりになる10個の代用品をご紹介します。

スポンサーリンク

パン粉って主に何に使う?

  • フライ

パン粉は、揚げ物フライに衣をつける際によく使われます。

  • ハンバーグのつなぎ

パン粉は、ハンバーグのつなぎとしても使われます。パン粉を加えると、肉や野菜などの具材がバラバラになりにくく、形を整えやすくなります。また、パン粉には水分を吸収する性質があるため、やハンバーグが水っぽくなるのを防ぐ効果もあります。

  • グラタンのトッピング

パン粉は、グラタンのトッピングとしても使われます。パン粉を焼くと香ばしさが増し、見た目にも美味しくなります。

スポンサーリンク

揚げ物でパン粉が必要である理由

とんかつ等のフライ料理を作る際には、具材を油で揚げる前に必ずといって良いほどに、小麦粉→卵→パン粉の順番で衣を付けます。

小麦粉を付ける理由は小麦粉独自の成分である「グルテン」が具材の表面に膜を張ることで、具の旨味が油の中に流れないようにするためです。

卵は小麦粉を具材に密着させる事と共に、後に付けるパン粉も具に密着させる接着剤としての役割を持っています。

そして今回の記事で取り上げているパン粉ですが、小麦粉同様に具の水分が油の中に流れ出る事を抑える役割に加えて、パン自体が卵や具の水分を吸い込む事で、フライ独特のサクサクした食感とジューシーな味わいを同時に楽しめるようにする為です。

ジューシーな具材の旨味を味わいながら外側のサクサクした食感も楽しめるフライ料理を作る為に、パン粉は欠かせない存在なのです。

ハンバーグのつなぎとしてパン粉が使われる理由

テクスチャーの向上

ハンバーグの肉のテクスチャーは、パン粉入れることでだいぶ変わります。パン粉を入れずにひき肉だけで作ったハンバーグは肉肉しく、いわゆる子供ウケするハンバーグとは違ったものになります

パン粉は水分を吸収し、膨張します。この結果、ハンバーグはより柔らかく、ジューシーに仕上がるのです。

保湿効果

パン粉は水分を保持します。ハンバーグの作り方によっては、肉を混ぜる際に水分が抜けてしまう可能性があります。しかし、パン粉を添加することで、水分が保持され、ハンバーグが乾燥しにくくなります。

スポンサーリンク

カサ増し

パン粉は比較的安価な材料で、肉の量を増やすために、パン粉の量を増やせば、コストを削減してハンバーグを作ることができます。

ハンバーグとしての形を整えやすい

パン粉はハンバーグの形状を保持するのに役立ちます。ハンバーグを作る際に、肉を混ぜたり形を整えたりすると、形が崩れやすくなることがあります。しかし、パン粉の添加によって、ハンバーグがより均一な形状を保つことができます。

風味の追加

パン粉は香ばしい風味をハンバーグに与えます。パン粉は焼かれることで、表面がカリッとした食感と香ばしい味わいをもたらします。

これらの理由から、ハンバーグのつなぎとしてパン粉が使われることが一般的です。

スポンサーリンク

パン粉が無ければこれを使え!10個の代用品!

上記でフライ料理にパン粉は欠かせないものであるとご説明しましたが、パン粉は使う料理の幅がフライ以外には非常に狭いので、キッチンに常備していない事が多いです。

フライを作る準備を整えて、小麦粉と卵はバットに入れたがパン粉が無くて困った際には、以下の10点の食品が代用品として使えます。

スポンサーリンク

食パン等の食事パン

先ずはパン粉の原材料でもある食パンです。

ライ麦パンやフランスパン等の食事パンなら何でもOKです。

ただしクロワッサンやベーグルは脂分や水分が多すぎるので、パン粉にするのには適していません。

パン粉の代用品にするパンは、固い耳の部分を中心に削って使いましょう。

味噌汁等に入れる麩も、パン粉の代用品として使えます。

原材料が小麦粉なので、パン粉と成分が余り変わりません。袋に入れて棒で叩き崩すか、おろし金で削って使います。

麩は全体的に乾燥していてパンよりも簡単に細かくなりやすいので、削る際は力を余り入れ過ぎないようにしてください。

フライ
ハンバーグのつなぎ
グラタンのトッピング

高野豆腐

意外にも高野豆腐もパン粉の代わりに使えます。こちらは麩よりも固いので、おろし金を使って削って使います。

高野豆腐を使ったフライは、通常のパン粉の揚げ物よりも低カロリーになります。

摂取カロリーを抑えたいけどフライ料理が食べたい時にも、高野豆腐を使ったフライ料理はおススメです。

フライ
ハンバーグのつなぎ
グラタンのトッピング

 

スポンサーリンク

コーンフレーク(無糖)

砂糖が入っていないコーンフレークを使ってフライをすると、パン粉とは違う香ばしいフライ料理が出来上がります。

コーンフレークをパン粉代わりにする場合は、必ず細かく砕いてから使うようにしましょう。

そのままの状態だと、フレーク1枚1枚が大きすぎて衣に上手く付きません。

フライ
ハンバーグのつなぎ ✖️
グラタンのトッピング

 

片栗粉

片栗粉をまぶしてから揚げる方法もあります。

パン粉のようなサクサク感は無くなりますが、竜田揚げのような食感のフライになります。

揚げ物(竜田揚げ)
ハンバーグのつなぎ
グラタンのトッピング ✖️

 

オートミール

近年スーパーで出回っているオートミールも、パン粉の代用品といて使用出来ます。

オートミール自体が細かいので、袋から出してそのまま衣として具にまぶす事が出来ます。

ザクザクとした食感のフライになります。

スポンサーリンク

おからパウダー

完全に乾燥している状態のおからパウダーが家にある場合は、パン粉の代用品として使用出来ます。

こちらも高野豆腐同様に、フライのカロリーが抑えられます。食感は滑らかめになります。

生おからをオーブンで乾燥させて手作りすることもできます。

オーブン150℃で40分で乾燥おからが出来ます。

乾燥おから

乾燥おから

フライ
ハンバーグのつなぎ
グラタンのトッピング

 

ポテトチップス

ポテトチップスを衣にしたフライは、ザクザクとした食感と香ばしさが加わって、子供が喜ぶ味になります。

使うポテトチップスはうす塩味です。袋に入った未開封の状態で細かく砕いてから開封してバットに広げ、衣として具材にからませます。

そうめん

夏の昼食の定番品・そうめんは、余っているものがキッチンにありがちです。

細かめに砕いてバットに広げれば、パン粉代わりの衣として使用することが出来ます。

そうめんを使ったフライは、パン粉よりもパリパリした食感になります。

フライ
ハンバーグのつなぎ ✖️
グラタンのトッピング ✖️

 

スポンサーリンク

乾パン

災害用の備蓄品として良く置かれている乾パンも、パンを固く乾燥させて作っている食品です。

おろし金で細かく削れば、パン粉の代わりに出来ます。乾パンが少し甘めがあるので、甘いフライに仕上がります。

乾パンは1個1個が非常に固くて小さいので、おろし金で削る場合は指を切らないように注意してください。

クラッカーまたはビスケット

クラッカーやビスケットを砕いて粉末状にし、パン粉として使用できます。特に塩味のないものを選ぶと、幅広いレシピに使用できます。

フライ
ハンバーグのつなぎ
グラタンのトッピング

 

米粉のパン粉

市販では米粉のパン粉も販売されています。グルテンフリーをしている方は米粉パン粉を使うのも手です

米粉パン粉

米粉パン粉

【奥の手】全て無い場合で衣を作る方法

上記の食品が全部無い場合は、最後の奥の手として小麦粉と卵を混ぜてしまい「てんぷら粉」にして具材にからめて揚げましょう。

てんぷら粉にするので、冷えた水も少々加えます。サクサク感が少なくなりますが、これで揚げ物は作れます。

パン粉の代用品を使う際の注意点

以上10品のパン粉の代用品と「奥の手」をお伝えしましたが、奥の手であるてんぷら粉以外で代用品を使う際は、必ずその食品が乾燥している状態で使用してください。

水気が少しでも含まれていると、油跳ねが起きて火傷してしまう原因になります。

パン粉を使った場合も関係しますが、衣を付けた具材を放置せずに直ぐに熱した油に入れて揚げる事も、油跳ねを防ぐ為に大切です。

安全に揚げ物をするために、これらは必ず守っていただきたいです。

キッチンに万が一パン粉が無かった時もこれからは焦らずに、お伝えしました代用品と奥の手を使用して美味しいフライ料理を作って楽しんでくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました