※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

常備をオススメ【焼豚チャーシューのタレ】の作り方とアレンジ!

スポンサーリンク

叉焼、焼豚、煮豚?

チャーシューの起源は中華人民共和国て知ってましたか?

叉焼・・・豚肉を焼いたもの(中国の呼び名)

焼豚・・・豚肉を焼いあと煮たもの(日本独自にアレンジされたもの)

煮豚・・・豚肉を焼かずに煮たもの(日本独自にアレンジされたもの)

種類はわかって頂けたと思いますので、次は焼豚につけるタレを紹介します!

焼豚のタレは、あればもっと美味しい!

そもそもタレは必要?

そもそも焼豚は、タレをつけながら焼いたり煮たりしているので必要はありません。

ですが、ご飯のお供や、おつまみにするときは濃いめの味が美味しいですよね。

ここでは、焼肉のタレ、豚丼のタレなども出てきますが、焼豚にかけて美味しい!おすすめのタレを紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

絶対美味しい市販のチャーシューダレ

【スーパー・通販】

【北海道アイ】・・・・北海道豚丼のタレ

【味】炭火で焼いたような香ばしさ

【グルメキッコー】・・うまかばい(九州)

【味】甘め、鰹だし風味

スポンサーリンク

【コストコ】

【ダイショー】・・・・秘伝焼肉のタレ・まろやか中辛味

【味】にんにくの旨みとごま油、砂糖とりんごの風味

【業務スーパー】

【秦食品株式会社】・・・焼肉のタレ

【味】甘め、お子様向け(唐辛子が入っていない)

【秦食品株式会社】・・・焼肉のタレ・香味醤油

【味】スパイシーで、大人向け、どちらもフルーティー

焼豚のタレの作り方

【調味料】

  • 砂糖・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ5
  • 酒・・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • りんご(おろし)・・・1/4個
  • しょうが(おろし)・・1かけ
  • にんにく(おろし)・・1片
スポンサーリンク

【作り方】

  1. りんごの皮をむく、しょうがにんにくはすりおろす
  2. 深めの耐熱容器にすべての材料を入れてまぜる
  3. ラップせずに、電子レンジで約2分(500W)加熱する
スポンサーリンク

焼豚のタレの残りを保存するには

焼豚のタレの日持ち

市販のもので、ボトルに入っているものは開封後、冷蔵で約2週間

自作のもので冷蔵庫で約1週間

美味しいうちに使い切る

一度栓を開けると、発酵が進んでしまうため時間が経てば経つほど、風味が損なわれてしまいます。

チャーシューアレンジレシピ

スポンサーリンク

【おつまみ塩豚チャーシュー白髪ねぎ添え】

【材料】

  • 焼豚
  • ねぎ(白髪ネキ)・・1/2本
  • 塩・・・大さじ1/2本
  • ごま油・・・・150ml

【作り方】

  1. 白髪ネギを耐熱容器に入れ、塩をくわえてもみ込んで5分おく
  2. ごま油をくわえてよく混ぜる
  3. ラップをしないで電子レンジで2分(500W)加熱する(高温になるためやけどに注意)

【チャーシュー入りおこわ・炊飯器レシピ】

【材料】

  • もち米・・・3合
  • 焼豚・・・・200g(食べやすい大きさに)
  • 枝豆・・・適量
  • しょうが・・小さじ1(千切り)

【調味料】

  • しょうゆ・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  • オイスターソース・・大さじ2
  • 砂糖・・・・大さじ1

【作り方】

  1. もち米はよく洗い、水をしっかりと吸わせる(1時間ほど)
  2. もち米に水を吸わせたら、ざるにあげてしっかり水を切る(20分ほど)
  3. 炊飯器の内釜に、水分を切ったもち米を入れ
  4. 焼豚、枝豆、しょうが、【調味料】を全て入れ、3合より少し多いくらいの水の量にする
  5. 【調味料】が固まらないようによく混ぜたら通常炊飯する

【ラーメン屋さんの中華スープ】

【材料】

  • 焼豚・・・・200g
  • しょうが・・・10g(薄切り)
  • にんにく・・・2かけ
  • ねぎ(青い部分)・・1/2
  • 塩・・・・小さじ1/2
  • 米・・・・25g
  • 水・・・・カップ5

【作り方】

  1. 焼豚を鍋に入れ、にんにく、しょうが、ねぎ(青い部分)を入れる
  2. お米をくわえる(とろみをつけるため)
  3. 塩を入れたら、水を入れる
  4. 沸騰しあくが出たら取り除き、弱火にして30分ほど煮る
  5. ねぎを取り除いて味を見る
  6. 味が足りなければ、塩こしょうで味を整える
  7. 仕上げにごま油をまわしかける

いかがでしたか?

☆焼豚タレの作り方、焼豚アレンジレシピをたくさん掲載したので、ぜひ試してみてください。レシピは永久保存版なので参考にしてみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました