※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

アガベシロップの危険性は?体に悪い?健康に与える影響を徹底調査

 

畑で栽培されているアガベ (竜舌蘭)

聞きなれない方も多いアガベシロップ。アガベは日本語では竜舌蘭(りゅうぜつらん)と呼ばれており、多肉質の厚く細長い葉が放射状に延びて成長するので、独特な形が特徴です。

アガベシロップはこのアガベのエキスを抽出し、煮詰めて作られる樹液の甘味料になります。

スポンサーリンク

アガベシロップの特徴と効果

アガベシロップ

アガベシロップの成分

100gあたりの成分は以下の様になります。

エネルギー 310 kcal
タンパク質 0.1 g
脂質 0.5 g
コレステロール 0 mg
炭水化物 76 g
食物繊維 0.2 g
ナトリウム 4 mg
カリウム 4 mg
カルシウム 1 mg
0.1 mg

76%が炭水化物(糖質)で25%が水分、他ミネラルが含まれる成分で、ビタミン類は含まれていません。この糖質の内訳が果糖 80%、ブドウ糖 15%、ショ糖等となっています。

低GI食品

砂糖より1.3倍甘いとされるアガベシロップですが、ブドウ糖が少ないため、血糖値が急上昇することのない食品です。GI値は21と低GIの分類に含まれます。血糖値が緩やかに上がるので、血糖値が気になる方、健康志向の方、ヴィーガンの方にも注目されています。

スポンサーリンク

食物繊維(イヌリン)

イヌリンは水溶性食物繊維の一つで、チコリやゴボウ、玉ねぎ等にも多く含まれています。イヌリンは、腸内細菌のエサとなる事で腸内細菌を増や腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善する働きがあるほか、血中中性脂肪の低減や食後の血糖値上昇の抑制効果も期待できるとされています。

スポンサーリンク

アガベシロップの危険性

危険性①果糖の過剰摂取に繋がる

アガベシロップに含まれている果糖(フルクトース)は、同じ糖質であってもショ糖と異なる点があります。それは、分解できる臓器になります。果糖は肝臓で分解される成分で、たくさん摂取すると肝臓も果糖の分解をしなければならない為、肝臓の負担になり、体に悪いと言われています。

しかしながら、果糖は砂糖やはちみつにも含まれる成分で、アガベシロップと比較すると少ないだけです。砂糖の1日の摂取目安は25g程度とWHOが定めています。これは小さじ5杯程度の量です。

アガベシロップに限らず、甘味料は正しい量を摂取するようにしましょう。

危険性②本当に自然甘味料と言えるのか

アガベシロップは、アガベのエキスを抽出したシロップで原料は天然の物になります。

しかしエキスを抽出する際に、加熱する工程があります。この加熱によって甘味のある果糖(フルクトース)が生成され、アガベシロップとなる為、人工的に熱処理されたものという観点から人工甘味料と言われることもあります。

また、アガベシロップを製造するコストは、長い時間をかけてアガベを育てるため決して安くはありません。健康ブームで人気が高まり需要が上がったものの、供給が追い付かない現状も見え隠れしており、添加物や別のシロップ、水分などが添加されている商品も多数存在しています。いわゆる、加工品としてアガベシロップが出回っているようです。

こういった見方から自然甘味料ではないという主張も多数ある事は事実の様です。

スポンサーリンク

危険性③原材料は何か

先ほど、アガベシロップにはフルクトースと呼ばれる果糖が含まれると説明しましたが、このフルクトースは血糖値を上げない為、健康に良いとされています。

しかしながら、過剰摂取は肝臓に悪く、肥満のリスクがあるとも言われています。フルクトースを分解する役割を持っているのが肝臓です。そのため、アガベシロップの濃度が濃いほどたくさんのフルクトースが含まれているので、肝臓の負担が大きくなります。

甘味が強いため、依存性があり過剰摂取に繋がりやすい面もあり、1日の摂取量を決めて過剰摂取は避けましょう。

アガベシロップは子供や赤ちゃんにはダメ?

妊婦の方や赤ちゃんには、出来るだけ健康に良い物を取り入れたいのは皆さん同じ認識でしょう。

アガベシロップは健康への危険性こそありますが、あくまで過剰摂取となった場合の話です。毎日の適量を守って摂取すれば、アガベシロップの健康効果を享受できると言えます。

一番気を付けたいのが、依存性です。甘いので、つい使い過ぎてしまうことがあります。パンケーキに掛け過ぎたり、料理でも砂糖やはちみつの代わりに同量のアガベシロップを使用してしまったりと、色々考えられます。

逆にアガベシロップの甘さに慣れてしまうと、他の甘味料の甘さが物足りなくなることもあります。

決して、単に”体に良い”、”体に悪い”だけで判断するのではなく、”体に良い摂り方”で上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

アガベシロップの保存方法

アガベシロップの保存方法は、冷暗所での保存が基本になります。商品に記載があると思いますが、未開封であれば2~3年程度は賞味期限があります。

開封後は、冷蔵庫での保存がお勧めですが、常温保存も可能です。ただし高温多湿や直射日光は避けましょう。

開封後も冷蔵保存であれば、1年は余裕で日持ちするので砂糖の代用品としてアガベシロップを大量消費するつもりであれば、このページの1番最後に紹介している大容量タイプを買っておくと、コスパ良く買えます

アガベシロップの使い方

アガベシロップは冷たい飲み物にも溶けやすいので、甘味を付けたい飲み物に良いです。また、はちみつやメープルシロップなどの甘味料の代用としても使い勝手は良いでしょう。

甘味が強いのではちみつやメープルシロップよりは少なめにしましょう。

以下に使い方例を挙げます。

ドリンクやスムージーに加える

アガベシロップは、コーヒーや紅茶、フレッシュジュース、スムージーなどのドリンクに加えることができます。甘さを調整するため、好みの量を加えてください。

ヨーグルトやシリアルにかける

アガベシロップは、ヨーグルトやシリアルにかけることで、甘みを与えることができます。トッピングとして使用することもできます。

スポンサーリンク

デザートに使用する

アガベシロップは、アイスクリーム、パンケーキ、ワッフル、フレンチトーストなどのデザートに使用することができます。独特な風味があるため、他の甘味料との組み合わせもおすすめです。

バーベキューソースやマリネ液に加える

アガベシロップは、バーベキューソースやマリネ液に加えることで、甘みを与えることができます。独特の風味が料理にアクセントを与えます。

パンやお菓子の材料として使用する

アガベシロップは、パンやお菓子の甘味料として使用することができます。レシピに指定された分量を使用してください。

スポンサーリンク

料理の砂糖の代用で使う

和食の煮物や照り焼きなどのタレ、めんつゆを作る時など料理の砂糖の代用として使用できます。アガベシロップは、自然な甘さと風味を持っており、健康にも良いとされているので積極的に使っていきましょう。

ただしアガベシロップは砂糖よりも甘さが強いため、量を調整する必要があります。通常、アガベシロップを使用する場合は、砂糖の約2/3の量を使用します。

また、アガベシロップは独特の風味を持っており、砂糖とは異なる味わいがあります。そのため、料理や飲み物の風味が変わることに注意しながら使用してください。

アガベシロップの選び方

アガベシロップは、アマゾンや楽天といったネット販売やコストコやカルディ、イオン等の店舗にも販売されており、簡単に購入出来ます。

アガベシロップは外国産のものがほとんどで、主にメキシコで栽培されているブルーアガベから作られています。

アガベが50%以上使用されていればアガベシロップとして販売が出来るようで、添加物やはちみつ等で調整されている商品も存在します。

以下にアガベシロップの選ぶ基準を紹介しますね。

オーガニックかどうか

アガベシロップを選ぶ際には、オーガニック認証を取得しているものや有機JAS認定を取得した物などを確認しましょう。

色味の違いで選ぶ

アガベシロップには、エキスの抽出の違いから、「ライト」、「アンバー」、「ダーク」の大きく3種類に分けられます。

「ライト」は一番明るい黄色をしており、くせがないため、食材の味や風味を邪魔をしません。デザートやソースを作るのに適しています。

「アンバー」はメープルシロップに似た色合いでキャラメルに近い風味をもっており、「ダーク」はさらに濃い色をしています。ダークは肉料理やパンケーキ、ワッフルにかけるシロップにお勧めです。

色味が濃くなるほど、コクが強まると知っておきましょう。

オールマイティーに使うならライトを選ぶことをオススメします。

スポンサーリンク

産地

先ほども書いたように、アガベシロップは主にメキシコ産が流通しています。

メキシコ産のアガベシロップの足が物足りなかったり美味しくないと感じるようなら、他の産地のアガベシロップを試してみることもおすすめです。

スポンサーリンク

オススメのアガベシロップ

似たような商品がたくさんあるのですが。。?

アマゾンや楽天でアガペシロップを検索すると、同じような商品がたくさんヒットすると思います。

それらは一体何が違うのでしょうか?

結論から言うと、どれも一緒です。

アガベシロップ人気やブームにあやかって、いろいろなメーカーがアガベシロップを販売しているだけですので、有機や産地、色味などが一緒であれば選ぶ基準は値段のコスパです。

グラムあたり一番安いアガベシロップを選ぶようにしましょう。

以下に初期からある有名なアガベシロップに絞って紹介しました。

↓こちらはライトタイプのアガベシロップです。

↓こちらはアンバータイプのアガベシロップです。

↓こちらはダークタイプのアガベシロップです。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました