※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

米粉とは?メリット・デメリットと小麦粉との違い

レシピ

 

スポンサーリンク

米粉の原料

米粉は、ここ最近グルテンフリー嗜好の方や小麦のアレルギーの代替品として主流となってきました。

米粉とは、お米を細かく砕いて粉状にしたものになります。米粉としてだけでなく、米粉を使用したパンやケーキ・麺などに加工され、摂取されるようになってきています。

上新粉という米の加工品もありますが、これもうるち米を挽いたもので米粉と同じものと考えて良いです。私は上新粉を米粉として使うことは多々あります。

ではこれから米粉について、詳しくお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

米粉と小麦粉の違い

米粉も小麦もどちらも料理やお菓子作りに使用されていますが、そもそも米粉と小麦の違いとは、何でしょうか?どちらもよく料理やお菓子に使用されていますが、違いについて調べてみました。

米粉

米粉を使うと、もちっとした食感に仕上がります。また、米粉の衣で揚げると油を吸収しにくいため、サクサクとした食感になります。

小麦粉

グルテンが含まれており、水を加えることでコシや弾力生まれます。うどんがいい例ですね。小麦で作られているうどんは、コシや弾力があって美味しいですよね。

米粉の種類

米粉には、どんな種類があるかご存じですか?色々な料理やお菓子作りにも、使用されている米粉。白玉粉・上新粉など、食べたことや聞いたことがあるものもあると思いますが、様々な米粉の種類について、みてみましょう。

スポンサーリンク

上新粉

上新粉の原料は、うるち米です。うるち米を乾燥させて、粉状にしたものになります。粘り気がなく、歯切れがいい特徴の上新粉を使用して、柏餅・ういろうなどが作られています。

もち粉

もち粉は、その名の通りもち米からを精白して水洗いしたものを、粉にしてから乾燥させてものになります。もち粉はもちもちとしており、粘り気が強いのが特徴的で、求肥や大福の皮として使用されています。

白玉粉

白玉粉といえば、もちもちとした食感の白玉団子ですよね。ご家庭で作って食べられた経験がある方も多いと思います。白玉子は、精白したもち米を水洗いしたものを、石臼ですり潰し沈殿物を乾燥させたものになります。

スポンサーリンク

寒梅粉

冬の寒梅の花が咲く時期に作られた米粉ということから、寒梅粉と名付けられたそうです。寒梅粉は、もち米を原料とし、求肥や落雁などに使われています。

道明寺粉

もち米から作られる道明寺粉。道明寺粉は、桜餅に使われるのが有名ですが、その他椿もち・おはぎ・道明寺粉を使用した蒸し物などにも使用されています。

玄米粉

玄米粉とは、玄米を煎ってひいたものをいいます。今では、ダイエットや健康・美容にも注目されているポピュラーな玄米粉。玄米には、ビタミンミネラル、食物繊維が含まれており、玄米粉を使用して玄米パンやパンケーキ・クッキーなどが作られています。

スポンサーリンク

米粉が注目される理由

米粉は、より粒子を細かくできるようになったことにより、料理やお菓子作りなど幅広い用途で使用されるようになりました。小麦と比べて、サクサクとした食感やカロリーが低い・油を吸収しにくいなど、多くのメリットがあります

そのほか、注目されている理由は何かまとめてみました。

スポンサーリンク

小麦粉の価格の高騰

現在、輸入小麦の高騰や物価の高騰により、スーパーで販売されている小麦粉の価格も高騰傾向にあります。その点、国産で生産される米粉は、価格が安定しやすいため魅力的ですよね。

アレルギーの人が増加

小麦に含まれる蛋白加水分解物をアレルゲンとして、アレルギー症状が現れます。小麦アレルギーの方は、パンやパスタなど小麦が入った製品が摂取出来ません。代替品として、米粉が主流となってきたのです。

製粉技術の向上

米粉の製造の研究により製粉の技術が向上し、より細かい粒子が生産されることで、米粉の性質を生かした美味しい米粉パンや麺・パンケーキが作られるようになりました。米粉も小麦と同じように、身近な食材となってきていることがわかりますね。

米粉を選ぶメリット

これまで米粉と小麦の違いについて、お話してきました。米粉も小麦粉も性質を活かした美味しい加工食品が増えてきましたね。ここ最近主流となってきている米粉ですが、私達の食生活を担っていると言っていいほど身近なものとなってきました。

米粉の種類についてお伝えしてきましたが、米粉のメリットとは、具体的にどのようなことでしょうか?
米粉のメリットについて調べてみました。

スポンサーリンク

小麦に比べると栄養があり低カロリー

小麦に比べ、米粉は必須アミノ酸が豊富に含まれています。粉だけで比べると、どの粉よりも米粉がカロリーが高くなるのですが、米粉で出来たパンは腹持ちがいいため食べすぎ防止になり、結果的にカロリーを抑えることが期待出来ます。

消化が良い

小麦には消化しにくいグルテンが含まれていますが、米粉にはグルテンは含まれていないため消化しやすい傾向にあります。そのため、米粉は胃にも優しいので、体調の悪いときでも摂取しやすいと言えます。

揚げ物がサクサクに仕上がる

米粉を使った揚げ物はサクサクの食感に仕上がります。これは、米粉の粒子が細かく、油を吸収しにくい性質があるからです。米粉に小麦粉や片栗粉を混ぜ合わせ、お好みの食感を試してみるのもいいですね。

スポンサーリンク

多用途

米粉は、パン・パンケーキ・ケーキなど加工食品として作られるだけでなく、天ぷらの衣・カレーやシチュー・スープなどのとろみ付けなどにも幅広く活躍しています。

圧倒的にダマになりにくい

米粉は粒子が細かいため、ダマになりにくいのが特徴です。そのため、天ぷら・カレーやシチューなどとろみをつける際に、小麦の代用として使用しやすいのです。

小麦アレルギーの人の代替品になる

小麦アレルギーがある方でも、米粉は小麦と同じような作用があるため、代替品として使用されています。近年では、パスタ麺や中華麺・ミックス粉など様々な商品が販売されており、アレルギーがある方も食生活を楽しむことが出来るようになってきています。

血糖値が上がりにくい

米粉は糖質をゆっくりと吸収する作用があります。そのため、低GI値食品になります。血糖値の変動が少ないため、生活習慣病を予防するのにも効果的な食品です。

特に玄米粉は普通の米粉に比べても血糖値の上昇が緩やかなのでお勧めです。

ぜひ、米粉を食生活に取り入れて、生活習慣病を改善・予防してみてはいかがでしょうか?

米粉を選ぶデメリット

米粉は生産される量が少ないため、高価なものになってしまいます。

また、米粉パンは、時間が経つと硬くなったり、表面がべちゃっとした感じになることがあるので、出来るだけ出来たてを食べることをお勧めします。

スポンサーリンク

家庭で使うときの米粉の選び方

米粉のパンやパンケーキ、ケーキなど多様に使用出来るきめの細かい米粉がお勧めです。

なぜなら、洋菓子だけでなく、天ぷらのたねやカレーやシチュー・お汁ものなどのとろみ付けにも最適だからです。
生活習慣病予防にもいい米粉を使って、料理してみてはいかかでしょうか?

【小麦アレルギー必見】米粉パンと普通のパンの違う点

あなたは、米粉パンを食べたことはありますか?出来たての米粉パンは、中はもちもち、外はカリッとしていて、小麦で作られているパンとはひと味違った美味しさを味わうことが出来ますよ。

自宅で米粉パンの生地にあんこを挟んだり、レーズンを入れたりと多種多様に米粉パンを作ることも出来ます。
続いて米粉パンの魅力について、紹介します。

食感

米粉を使用して作られるパンやパンケーキは、もっちりとした食感になります。できたての米粉パンは、中はもっちり、外はカリッとした食感が美味しいです。
また、米粉で出てきているパン粉を使用することで、サクサクとした食感の天ぷらを作ることが出来ますよ。

腹持ち

小麦のパンやうどんを食べて、その後お腹が空いた経験はないでしょうか?小麦は、米粉に比べGI値が高いことが分かっています。小麦に含まれるアミロペクチンという物質は、血糖値を急上昇や急降下させる作用があり、血糖値の変動により空腹感を生じます。

空腹感が生じることで食べ過ぎの原因となることがあります。
その点、米粉は小麦粉に比べGI値が低く、血糖値の変動が少ないことから食べ過ぎにくい傾向があります。

スポンサーリンク

ダイエットには米粉がおすすめ

米粉は、低GI食品であることがわかりましたね。腹持ちがよく、揚げ物をしても油を吸収しにくいなどダイエットにも向いているなんて最高ですね。
米粉だけに拘らず、米粉と一緒にバランスのよい食事を摂取するように心がけてくださいね。

米粉を使ったレシピ

米粉について、たくさんメリットをお伝えしてきましたが、小麦粉とはひと味違う米粉を使った美味しいレシピを作ることが出来ます。
小麦アレルギーやグルテンフリー嗜好の方にも、お勧めの米粉を使ったレシピを紹介します。

米粉のお好み焼き

米粉のもちもち感を活かしたお好み焼きは、いかがでしょうか?米粉と長いも・豆腐を使用することで、腹持ちのいい・ふわふわな美味しいお好み焼きを食べることが出来ます。
玉子がなくても、食べれるので卵アレルギーの方にもお勧めです。

米粉のトロトロ中華スープ

鶏ガラベースのスープの中に、具はニラ・卵を入れ、米粉に水を加えてものを混ぜ合わせれば、米粉のトロトロ中華スープので出来上がりです。
卵が食べれない方は、コーンに替えて試してみてくださいね。

米粉のエビフリット

砂抜きしたエビに塩こしょうで味付けをし、米粉と水を合わせてホットケーキのたねぐらいの硬さにしたものに入れてカリッと揚げると、エビフリットの完成です。
また、米粉パンのパン粉を使用して、サクサクのエビフライをにすることも出来ますよ。そのまま食べても美味しいですし、お好みでチリソース・タルタルソースなどで食べるのもお勧めです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました