※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

わらび餅のカロリーはどのくらい?ダイエットに適している?

レシピ

わらび餅は、日本の伝統的なお菓子の一つで、もち米粉とわらび粉を混ぜて作られます。

もちもちとした食感と、わらびの香りが特徴で、和菓子の中でも人気があります。

歴史的には、わらび餅は奈良時代からあったと言われています。

当時は、草木灰で作ったアルカリ水を使って、もち米を練っていたそうです。

その後、わらび粉が使われるようになり、現在のわらび餅が誕生しました。

わらび餅には、季節ごとに様々なバリエーションがあります。

また、わらび餅は健康にも良い食材です。

わらびには、食物繊維やビタミンCが豊富に含まれており、腸内環境を整える効果があると言われています。

さらに、わらび餅には糖質が少なく、低カロリーであるため、ダイエット中の方にもおすすめです。

それではそんなわらび餅についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

わらび餅とは?

わらび餅は、もち米粉とわらび粉を混ぜて作られる和菓子で、もちもちとした食感が特徴的です。

一般的には、小さな球状に成形されており、きな粉や黒蜜をかけて食べることが一般的ですが、季節や地域によって様々なバリエーションがあります。

春には、桜餅風味や抹茶風味のわらび餅が登場し、夏には、冷たくして食べる白玉わらび餅が人気です。

秋には、栗やかぼちゃを使ったわらび餅が楽しめます。

冬には、きな粉や黒蜜をかけて食べるのが一般的ですが、季節や地域によっては、甘納豆やあんこ、みたらし団子風に味付けされたわらび餅もあります。

スポンサーリンク

わらび餅のカロリー・糖質量

一般的なわらび餅のカロリーと糖質量は以下のようになります。

わらび餅(1個):約50~60kcal、糖質量:約10g~15g程度

ただし、わらび餅によってカロリーや糖質量は異なります。

また、かけるトッピングによってもカロリーと糖質量は変わるため、注意が必要です。

きな粉や黒蜜、あんこなどのトッピングを多めにかけると、カロリーや糖質量が増えてしまうこともあります。

ダイエット中の方は、トッピングの量に気をつけることが大切です。

また、栄養成分については、製造元や販売店によって異なる場合がありますので、確実な情報を得るためには商品のラベルや説明を確認することが望ましいです。

わらび餅のカロリー

わらび餅のカロリーの内訳は、以下のようになります。

もち米粉:約20~25kcal

わらび粉:約5~10kcal

砂糖:約20~30kcal

水:0kcal

上記のように、主な原料はもち米粉とわらび粉で、砂糖は甘味を加えるために使用されます。

水分は、もち米粉とわらび粉を混ぜる際に加えられ、独自の食感を生み出すために重要な役割を果たします。

ただし、トッピングを加える場合は、カロリーの内訳は異なる場合があります。

わらび餅の糖質

わらび餅の糖質量の内訳は、以下のようになります。

もち米粉:約8g~10g

わらび粉:約1g~2g

砂糖:約1g~3g

上記のように、糖質の主な原料はもち米粉と砂糖で、わらび粉はごくわずかしか含まれません。

ただし、わらび餅にかけるトッピングによって糖質量は異なります。

きな粉やあんこ、黒蜜などのトッピングを加えると、糖質量が増える場合がありますので、食べる際には注意が必要です。

また、糖質制限をしている方は、摂取量に気をつけることが大切です。

市販のわらび餅のカロリー

市販のわらび餅のカロリーは、商品によって異なりますが、一般的には以下のような範囲となっています。

わらび餅(1個):約50~60kcal

ただし、トッピングによってカロリーが変わるため、トッピングの種類や量によっては、カロリーが増加する場合があります。

また、製造元や販売店によってもカロリーが異なる場合がありますので、商品のラベルや説明を確認することが望ましいです。

スポンサーリンク

市販のわらび餅のカロリー一覧

よくスーパーで見かけるのは明日香食品さんのわらび餅が有名だと思います。

では明日香食品さんのわらび餅はどれほどのカロリーがあるのでしょうか。

一般的な商品のひとつ、黒糖蜜付わらび餅は、1パック当たり285kcalです。

また、抹茶味のおいしいわらび餅である黒糖蜜付抹茶わらび餅は1パック当たり284kcalとされています。

スポンサーリンク

その他の和菓子とのカロリー比較

和菓子には種類が豊富で、それぞれカロリーや糖質の含有量に違いがありますが、以下に一部の和菓子と、わらび餅とのカロリー比較を示します。

その他の和菓子のカロリー一覧

わらび餅以外のほかの和菓子のカロリーは以下のようになります。

大福(1個):100~200kcal

どら焼き(1個):150~200kcal

ようかん(1本):100~200kcal

あんみつ(1杯):150~250kcal

おしるこ(1杯):200~300kcal

餅菓子(例:きなこ餅):60~150kcal/個

和菓子のゼリー(例:寒天):10~50kcal/個

わらび餅のカロリーを抑えるポイント

そもそも和菓子の中でも低カロリーなわらび餅ですが、工夫次第によってはさらにカロリーを抑えることが可能になります。

以下に簡単ですがカロリーオフをするための方法を挙げてみます。

トッピングを使わない、量を減らす

わらび餅のカロリーや糖質はトッピングの影響を受けます。

和三盆糖やきな粉、黒蜜など、カロリーが高いトッピングを控えめにするか、低カロリーのフルーツやきな粉風味の低糖質シロップなど、ヘルシーなトッピングに変えることで、カロリーオフが可能です。

スポンサーリンク

ヘルシーなわらび餅を作る

わらび餅の代替品として、低カロリーのわらび餅、わらび粉を使用したスイーツ、または別の低カロリーの和菓子を選ぶこともできます。

また、わらび餅は、自宅で手作りすることができます。

自作することで、トッピングの量や種類、サイズなどを自分で調節することができ、よりヘルシーなわらび餅を作ることができます。

わらび餅のカロリーについての疑問

わらび餅のカロリーに関するよくある質問についていくつか紹介します。

わらび餅はどんな栄養素がある?

わらび餅には、以下のような栄養素が含まれています。

・炭水化物

・食物繊維

・タンパク質

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンE

・カルシウム

・カリウム

・マグネシウム

わらび餅は炭水化物が主成分であり、食物繊維も豊富に含まれています。

また、ビタミンB1やB2、ビタミンE、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの栄養素も含まれており、健康に良い影響を与えることが期待されます。

ただし、わらび餅は添加物や砂糖、シロップ、トッピングなどを使ったバリエーションが多く、それによって含まれる栄養素やカロリーなどは異なるため、食べる際には注意が必要です。

わらび餅ダイエットって無理?

わらび餅は糖質が豊富であるため、ダイエット中の方が過剰に摂取すると、逆に太ってしまう原因になる可能性があります。

ただし、適量であればわらび餅もダイエット中に取り入れることができます。

わらび餅には、食物繊維が豊富に含まれているため、食事の中で食物繊維を摂るのが苦手な方にとっては良い選択肢になります。

また、わらび餅は糖分を抑えた低カロリーのものも販売されており、そういった商品を選んで摂取することで、ダイエット中でもわらび餅を食べることができます。

しかし、ダイエット中には偏った食事をせず、栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

また、わらび餅を摂取する際には、適量を守り、トッピングやシロップなどの砂糖類を極力避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

わらび餅を一日に食べて良い量は?

わらび餅を食べる場合、摂取量には注意が必要です。

一般的に、1個あたりのわらび餅の重量は40〜60g程度で、カロリーは100〜150kcal程度とされています。

また、糖質の量も20g〜30g程度含まれていることが多いです。

健康な成人であれば、1日に必要な総カロリー量や糖質量は、年齢、性別、身体活動レベルなどによって異なりますが、一般的には2000〜2500kcal程度の総カロリー量、糖質量は1日あたり50g程度とされています。

以上のことから、1個あたりのわらび餅の摂取量は、総カロリーや糖質量の目安を考慮して、1日あたり1個から2個程度に抑えることが望ましいとされています。

また、わらび餅にはシロップやトッピングなど砂糖類が加えられていることがあるため、できるだけシンプルなものを選び、量も控えめにすることが大切です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました