※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

冷凍ブロッコリーは栄養価の損失あるの?健康の秘訣はこの一品にあり!

冷凍ブロッコリーを使用する際、栄養価の損失が心配ですよね?

しかし、最新の研究によれば、冷凍ブロッコリーは鮮度を保ちながら栄養素を保存する優れた方法として認められています。

本記事では、冷凍ブロッコリーの栄養価、そして冷凍ブロッコリーを使ったオススメの調理レシピについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

冷凍ブロッコリーの栄養素

冷凍ブロッコリーは、ブランチングと言う熱処理によって酵素の働きを止めて、栄養価も収穫時と変わらない状態で保存されます。

生ブロッコリーと冷凍ブロッコリー栄養価の差

1. ビタミンCの損失

冷凍ブロッコリーは凍結することでビタミンCが一部損失します。ビタミンCは抗酸化作用を持ち、免疫機能の向上やコラーゲンの合成に関与しています。生のブロッコリーに比べて、冷凍ブロッコリーのビタミンC含有量は低くなります。

2. ビタミンKの保持

一方、冷凍ブロッコリーはビタミンKを生と比較しても損失がほとんどないです。ビタミンKは血液の凝固に関与し、骨の健康をサポートする役割があります。

3. フィトケミカルの保持

ブロッコリーには、スルフォラファンやインドール-3-カルビノールなどのフィトケミカルが含まれています。これらの成分はがん予防や抗酸化作用に効果があります。一般的に、冷凍ブロッコリーはこれらのフィトケミカルも生と比較して損失がほとんどないです。

4. 食物繊維の保持

冷凍ブロッコリーは食物繊維も生と比較して損失がほとんどありません。食物繊維は腸内環境を整え、便通を促進する役割があります。

 

スポンサーリンク

冷凍ブロッコリーの栄養を逃さない解凍方法

オーブンで解凍する

オーブンで80度前後の低温でじっくり20分ほど時間をかけて解凍すると水分の流出が抑えられる。冷凍ブロッコリーにありがちなベチャっとした柔らかい食感のブロッコリーが嫌な人はこの方法で解凍するといくらかマシになりますよ。

スポンサーリンク

解凍せずにそのまま調理する

冷凍ブロッコリーは、解凍せずに直接調理することもできます。蒸す、煮る、焼くなどの調理方法を使うことで、栄養素を逃さずに調理することができます。

解凍後の水分を利用する

解凍した冷凍ブロッコリーの水分には、栄養素が溶け出している可能性があります。そのため、解凍後の水分を捨てずに、料理に利用することで栄養を逃さずに摂取することができます。

以上の方法で、冷凍ブロッコリーの栄養を最大限に摂取することができます。ただし、解凍後のブロッコリーは、生のものよりも少し柔らかくなるため、調理方法に合わせて使うのが良いです。

冷凍ブロッコリーを使った栄養を逃さないオススメの調理レシピ

冷凍ブロッコリーのお勧めの調理レシピをご紹介します。

1. ブロッコリーチーズスープ

– 冷凍ブロッコリーを解凍し、小さな花束に分ける。
– 鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切り玉ねぎを炒める。
– 玉ねぎが透明になったら、ブロッコリーを加えて炒める。
– 鶏がらスープの素と水を加え、ブロッコリーが柔らかくなるまで煮込む。
– ブレンダーでスープを滑らかにし、チーズを溶かして仕上げる。

スポンサーリンク

2. ガーリックブロッコリー炒め

– 冷凍ブロッコリーを解凍し、小さな花束に分ける。
– ニンニクをみじん切りにし、フライパンにオリーブオイルを熱して炒める。
– ニンニクが香り立ったら、ブロッコリーを加えて炒める。
– ブロッコリーが柔らかくなったら、醤油や塩、こしょうで味を調える。

3. ブロッコリーピザ

– 冷凍ブロッコリーを解凍し、小さな花束に分ける。
– ピザ生地を作り、トマトソースやチーズをのせる。
– ブロッコリーをトッピングし、オーブンで焼く。

4. ブロッコリーライス

– 冷凍ブロッコリーを解凍し、フードプロセッサーで細かく刻む。
– フライパンにオリーブオイルを熱し、刻んだブロッコリーを炒める。
– 味付けはお好みで、塩やこしょう、ガーリックパウダーなどで。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました