※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

玉ねぎの長期保存術!冷凍保存と解凍のコツ

レシピ

この記事では、玉ねぎを長期保存するための冷凍方法と、解凍する際のポイントを紹介しています。

玉ねぎは凍らせることで鮮度を保ち、いつでも使える便利な食材となります。冷凍保存の手順や、解凍する際の注意点を知ることで、玉ねぎの冷凍保存を上手に行い、料理の幅を広げることができます。

詳しい方法やコツを知りたい方は、ぜひ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

玉ねぎの冷凍は生で?加熱してから?

玉ねぎは、生でも加熱してからでも、どちらでも冷凍できます。

軽くソテーしたり、食べやすい大きさにカットして加熱し、冷ましてから冷凍することもできます。

 

スポンサーリンク

玉ねぎの冷凍方法

玉ねぎを冷凍するなら、くし切りやみじん切り、薄切りなど、使いやすい大きさにカットして、ジップロック袋に保存するのがいいでしょう。

 

1. 玉ねぎの皮を剥き、さっと洗ってキッチンペーパーなどで水気をふきとる。

2. 玉ねぎを食べやすい大きさにカットする。

3. ラップで包む

4. ジップロック袋に入れる。

※ この時、しっかり空気を抜いておくこと!

5. 冷凍庫へ入れる。

※ 冷凍保存した玉ねぎは、1カ月を目途に使い切るようにしましょう。

冷凍玉ねぎは解凍してから調理?凍ったままでもいい?

冷凍玉ねぎは、凍ったまま加熱調理をしましょう。解凍すると、玉ねぎから水分が出るのと同時に、せっかくの栄養素も一緒に流れ落ちてしまいます。とてももったいないですよね。冷凍玉ねぎを使用するなら、スープや炒め物などがオススメです!

解凍するならこの方法で!

〇自然解凍する

凍ったまま冷蔵庫に移して、ゆっくり解凍させる方法です。炒めた玉ねぎなどを冷凍した場合は、自然解凍をするのがいいでしょう。

〇流水解凍する

水をためたボウルの中に、冷凍した玉ねぎをジップロックごと入れます。そのまま水を流しながら解凍します。サラダなど、すぐに食べたいときにオススメです。

スポンサーリンク

冷凍玉ねぎが便利なレシピを具体的に教えて!

冷凍玉ねぎは料理の準備時間を短縮し、調理の手間を省くために非常に便利です。以下にいくつかの具体的なレシピをご紹介します。

玉ねぎスープ

– 冷凍玉ねぎを鍋に入れ、オリーブオイルで炒めます。
– 玉ねぎが透明になったら、野菜スープと一緒に煮込みます。
– 好みで塩、こしょう、ハーブを加え、スープが煮込まれるまで弱火で煮ます。

玉ねぎ炒め

– 冷凍玉ねぎをフライパンに入れ、オリーブオイルで炒めます。
– 玉ねぎが柔らかくなったら、お好みの野菜や肉を追加し、炒めます。
– 塩、こしょう、しょうゆ、オイスターソースなどの調味料で味付けし、炒め続けます。

玉ねぎピザ

– 冷凍玉ねぎをフライパンで解凍し、オリーブオイルで炒めます。
– ピザ生地にトマトソースを塗り、炒めた玉ねぎをトッピングします。
– お好みでチーズやハム、野菜を追加し、オーブンで焼きます。

玉ねぎリングのフライ

– 冷凍玉ねぎを解凍し、リング状に切ります。
– 牛乳と小麦粉を混ぜた衣を作り、玉ねぎリングを衣にくぐらせます。
– 180度の油で揚げ、キッチンペーパーで余分な油を取ります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました