※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

里芋の皮むきのコツ!鍋やレンジで茹でてスムーズに剥く方法

レシピ

この記事では、里芋を美味しく調理するための皮むきのテクニックを紹介しています。

鍋やレンジを使って里芋を茹でることで、皮が簡単に剥けるようになります。さらに、皮むきの際のポイントやコツも詳しく解説しており、初心者でも安心して取り組むことができます。

この記事を読むことで、皮むきが苦手な方でもスムーズに里芋を調理することができるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

里芋を鍋で茹でてスムーズに剥く方法

里芋を鍋で茹でてスムーズに剥く方法は以下の通りです。

里芋をよく洗い、皮の汚れを取り除きます。

里芋の表面の皮に1周包丁で切れ目を入れておきます。

鍋に水を入れ、里芋を入れます。水位は里芋が完全に浸かる程度にします。


中火で加熱し、里芋が柔らかくなるまで茹でます。里芋の大きさによって茹で時間は異なりますが、おおよそ15〜20分程度が目安です。
茹で上がった里芋を水で冷まし、少し手で触れる温度になるまで待ちます。


冷めた里芋の皮を最初に1周切れ目を入れたところを起点に剥きます。


剥いた里芋は水で洗い、水気を切ります。

これで、スムーズに里芋を剥くことができます。

スポンサーリンク

里芋をレンジで茹でてスムーズに剥く方法

里芋をよく洗い、里芋の周りを1周切れ目を入れておきます。

これによって加熱後に剥きやすくなります。

耐熱容器にラップをかぶせて600wでレンジ加熱します。里芋の大きさによって加熱時間が異なるため、最初は2分から3分程度加熱し、竹串などで芋の中心まで十分に柔らかくなっているかを確認します。

里芋が柔らかくなったら、取り出します。熱いので注意してください。里芋が熱いうちに皮を剥くと、剥きやすくなります。

里芋の加熱前の基本の皮剥きのやり方

里芋を洗ったらまな板の上で、里芋の頭とお尻を切り落とします。

里芋を寝かせて、包丁で横に滑らせて切っていきます。

このやり方が怖い人は、里芋の頭を切り落とした面をまな板の下にして側面の皮を上から皮に沿うようにして切り落としていきます。

スポンサーリンク

アルミホイルで皮を剥くやり方

レンジ加熱や、茹でた後の里芋はアルミホイルで剥くこともできます。

ただ、個人的にはあまりオススメしません。ヌメヌメしてて滑ってやりにくいです。

あと、意外と時間がかかりますし、所々皮が残ってしまうので結局、包丁でむいた方が時短になります。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました