※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

腸活をするならフラクトオリゴ糖だけでは不十分!?1種類のオリゴ糖では効果が薄い理由

腸活のために、フラクトオリゴ糖を摂取している方も多いのではないでしょうか。フラクトオリゴ糖は、善玉菌のエサとなることで、腸内環境を整える効果があるとされています。

しかし、フラクトオリゴ糖だけでは、腸活の効果が十分に発揮されない可能性があることをご存知でしょうか。

フラクトオリゴ糖は、腸内細菌の餌となる栄養素ですが、1種類のオリゴ糖だけでは、腸内細菌の種類やバランスが偏ってしまう可能性があります。

ここでは腸内環境を最大限に好転させていくための方法を説明していきます

スポンサーリンク

なぜフラクトオリゴ糖だけでは不十分なのか?

  • オリゴ糖は、腸内環境を整えるさまざまな種類の善玉菌を増殖させる効果がある
  • 1種類のオリゴ糖では、特定の善玉菌しか増殖しため腸活の効果が薄くなる可能性がある
  • 複数の種類のオリゴ糖を組み合わせることで、腸内環境を整える効果が期待できる

腸内環境を整えるためには、複数の種類のオリゴ糖を組み合わせることが効果的です。

例えば、フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖を組み合わせると、善玉菌の増殖をより促進することができます。

また、フラクトオリゴ糖とラクチュロースオリゴ糖を組み合わせると、腸内環境の悪化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

ビフィズス菌を増やすフラクトオリゴ糖と乳酸菌を増やすガラクトオリゴ糖を摂取する

オリゴ糖は、腸内細菌のエサとなり、善玉菌を増やす効果が期待されています。しかし、オリゴ糖の種類によって、腸内細菌に与える影響は異なります。

例えば、フラクトオリゴ糖は、主にビフィズス菌を増やす効果があります。一方、ラクツロースやガラクトオリゴ糖は、主に乳酸菌を増やす効果があります。

そのため、フラクトオリゴ糖だけを摂取しても、ビフィズス菌を増やすことはできますが、乳酸菌を増やすことはできません。

腸活の効果を高めるためには、いろんな種類の菌を腸内で増やす必要があるため複数種類のオリゴ糖を組み合わせて摂取することが大切です。

そのフラクトオリゴ糖摂取、実は無意味!?

フラクトオリゴ糖は、腸内環境を整える効果がありますが、その効果は、あなた自身の腸内細菌の種類や数によって大きく異なります。

フラクトオリゴ糖は、腸内細菌によって分解され、エネルギー源として利用されます。しかし、すべての腸内細菌がフラクトオリゴ糖を分解できるわけではありません。

フラクトオリゴ糖を分解できる腸内細菌は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌です。これらの善玉菌が優勢な腸内環境であれば、フラクトオリゴ糖を摂取することで、腸内環境を整える効果が期待できます

しかし、善玉菌が少ない腸内環境では、フラクトオリゴ糖が分解されずに、そのまま排出されてしまいます。そのため、フラクトオリゴ糖を摂取しても、腸内環境を整える効果が薄いと言えるでしょう。

〜フラクトオリゴ糖をより効果的に摂取するには〜

フラクトオリゴ糖をより効果的に摂取するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 善玉菌を増やすために、乳酸菌やビフィズス菌などの発酵食品を積極的に摂取する。
  • フラクトオリゴ糖を他のオリゴ糖と組み合わせて摂取する。

フラクトオリゴ糖と相性の良いオリゴ糖としては、以下のようなものがあげられます。

  • ラクトオリゴ糖
  • イソマルトオリゴ糖
  • マンニトール

これらのオリゴ糖を組み合わせて摂取することで、より多くの善玉菌が活性化し、腸内環境を整える効果が期待できます。

スポンサーリンク

複数種類のオリゴ糖を配合したオススメ市販商品

エンジェルオリゴは4種類のオリゴ糖+食物繊維+漢方理論にのっとって配合した3つの天然素材からできている商品です。

フラクトオリゴ糖以外にも、便通に良いと言われるミルクオリゴ糖など腸内環境を良くするための原材料だけで作られているのが最大の特徴。

原材料:乳糖果糖オリゴ糖(国内製造)、フラクトオリゴ糖、難消化性デキストリン、ミルクオリゴ糖、アカシア食物繊維、植物抽出物(甘草、棗、小麦)、ガラクトオリゴ糖粉末

お試しで7包から買うこともできますし、1箱(30包)のほうが1包あたり安いので、一気に腸内環境を整えたい人は1箱がお勧めです。
それで気に入ったら、定期購入などすれば良いでしょう

エンジェルオリゴ

まとめ

いかがでしたか?

腸活のためにフラクトオリゴ糖を摂取している方へ、フラクトオリゴ糖だけでは、腸活の効果が十分に発揮されない可能性があることをお伝えしました。

重要な箇所をまとめると、以下のようになります。

  • フラクトオリゴ糖は、腸内細菌によって分解され、エネルギー源として利用される。
  • フラクトオリゴ糖を分解できるのは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。
  • 善玉菌が少ない腸内環境では、フラクトオリゴ糖が分解されずに、そのまま排出されてしまう。

そのため、フラクトオリゴ糖をより効果的に摂取するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 善玉菌を増やすために、乳酸菌やビフィズス菌などの発酵食品を積極的に摂取する。
  • フラクトオリゴ糖を他のオリゴ糖と組み合わせて摂取する。

これらのことに気をつけて、腸活をさらに効果的に進めていきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました