※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

もち麦の栄養効果とおすすめの食べ方6選

もち麦は食物繊維やタンパク質、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、血糖値の上昇を抑えたり、腸内環境を整えたりする効果があります。

また、ダイエットや美容効果にも優れており、健康を意識する人々に注目されています。

この記事では、もち麦効果について詳しく解説し、具体的な摂取方法やレシピも紹介します。ぜひ、健康への第一歩としてもち麦を取り入れてみてください。

スポンサーリンク

もち麦に含まれる主な栄養成分

もち麦と白米と食物繊維量を比べると?

もち麦は、白米と比べて食物繊維の含有量が非常に高い特徴があります。通常の白米に比べると、もち麦は約3倍の食物繊維を含んでいます。食物繊維は、腸内環境を改善し、便通を促進するため、消化器系の健康維持に非常に重要です。

もち麦と白米の食物繊維量を比較すると、もち麦の方が圧倒的に多く含まれていることがわかります。

食品 100gあたりの食物繊維含有量(g)
白米 0.5
もち麦 1.82

そのため、もち麦を日常に取り入れることで、腸内環境を整え、生活習慣病の予防に役立てることができます。

また、もち麦は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれています。水溶性食物繊維は、便通を促進する働きがあり、不溶性食物繊維は、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

そのため、もち麦は、便秘や糖尿病の予防に特に効果的です。

なお、白米にも、食物繊維は含まれていますが、もち麦に比べると量は少ないです。

もち麦の食物繊維は、水分を吸収し膨張することができるため、食後の満腹感を長時間持続させる効果もあります。これにより、食事の間食や過食の抑制にも役立ちます。

もち麦のタンパク質

もち麦のタンパク質は、白米の約半分含まれています。タンパク質は、筋肉や骨、臓器など、体のさまざまな部分をつくるのに欠かせない栄養素です。また、代謝を促進したり、免疫力を高めたり、疲労回復を助けたりといった働きもあります。

白米は、主食としてよく食べられていますが、タンパク質の含有量は比較的少ないです。そのため、もち麦を白米に混ぜて炊飯することで、タンパク質を効率的に摂取することができます。

また、もち麦は、白米よりも食物繊維やビタミン、ミネラルなども豊富に含まれています。そのため、もち麦ご飯は、健康的な食生活を送りたい人におすすめです。

以下に、もち麦と白米のタンパク質含有量の比較をご紹介します。

食品 100gあたりのタンパク質含有量(g)
もち麦 2.85
白米 6.1

もち麦と白米を1:1の割合で炊飯した場合、もち麦(100g)あたりのタンパク質は2.85gになります。これは、白米(100g)あたりのタンパク質含有量の約半分です。

もち麦を日常に取り入れることで、健康的な食生活を送り、健康維持やダイエットに役立てることができます。

スポンサーリンク

白米ともち麦の「ミネラル」「ビタミン」を比べると?

白米ともち麦のミネラルやビタミンの含有量を比較すると、もち麦の方が豊富に含まれていることがわかります。

ミネラル

ミネラル 白米(100g) もち麦(100g)
カルシウム 11mg 28mg
マグネシウム 43mg 100mg
鉄分 0.4mg 1.8mg
亜鉛 0.8mg 2.5mg
0.1mg 0.3mg
マンガン 0.6mg 1.4mg
セレン 1.4μg 10μg

ビタミン

ビタミン 白米(100g) もち麦(100g)
ビタミンB1 0.07mg 0.1mg
ビタミンB2 0.04mg 0.1mg
ビタミンB6 0.06mg 0.1mg
ビタミンB12 0μg 0.01μg
ビタミンC 0mg 0.5mg
ビタミンE 0.1mg 0.5mg

もち麦は、白米に比べて、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅、マンガン、セレンなどのミネラルが豊富に含まれています。これらのミネラルは、骨や歯の健康維持、代謝を促進、免疫力を高めるなど、さまざまな働きがあります。

また、もち麦は、白米に比べて、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミンも豊富に含まれています。これらのビタミンは、エネルギー代謝を助け、肌や髪の健康を維持、抗酸化作用を示すなど、さまざまな働きがあります。

そのため、もち麦を日常に取り入れることで、健康的な食生活を送り、健康維持やダイエットに役立てることができます。

なお、白米にも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどのビタミンは含まれていますが、もち麦に比べると量は少ないです。また、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅、マンガン、セレンなどのミネラルは、白米にはほとんど含まれていません。

もち麦に含まれる大麦β-グルカンとは?

大麦β-グルカンは、大麦に含まれる水溶性食物繊維です。水に溶けると、ゼリー状の物質になり、腸内環境を整える働きがあります。

大麦β-グルカンの健康効果として、以下のようなものが挙げられます。

  • 便通を促進する
  • 血糖値の上昇を抑える
  • コレステロール値を下げる
  • 腸内細菌の善玉菌を増やす
  • 免疫力を高める

大麦β-グルカンは、もち麦や大麦粉などに多く含まれています。

便通を促進する

大麦β-グルカンは、水に溶けるとゼリー状の物質になり、腸内を通過する時間を長くします。これにより、腸内を刺激して便通を促進する働きがあります。

血糖値の上昇を抑える

大麦β-グルカンは、食べ物の消化・吸収を遅らせる働きがあります。これにより、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

コレステロール値を下げる

大麦β-グルカンは、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。これにより、コレステロール値を下げる働きがあります。

腸内細菌の善玉菌を増やす

大麦β-グルカンは、腸内細菌の善玉菌のエサになります。これにより、腸内細菌の善玉菌を増やす働きがあります。

免疫力を高める

大麦β-グルカンは、免疫細胞の働きを活性化する働きがあります。これにより、免疫力を高める働きがあります。

大麦β-グルカンは、健康維持やダイエットに役立つ成分です。もち麦や大麦粉を日常に取り入れることで、大麦β-グルカンを効率的に摂取することができます。

もち麦は危険の噂は誤解!夜に食べるより朝が良い理由

スポンサーリンク

もち麦を日常的に取り入れるおすすめの食べ方

サラダにトッピングする

もち麦は独特の食感があり、サラダに加えるとクランチ感がプラスされます。サラダの上に散らすだけで、食物繊維やたんぱく質を摂取することができます。

スポンサーリンク

スムージーに加える

もち麦をスムージーに加えると、食物繊維や栄養素を補充することができます。事前に水や牛乳で煮てから使うと、食感が柔らかくなります。

グラノーラに混ぜる

もち麦をグラノーラに混ぜると、クランチ感が増し、食物繊維やたんぱく質を摂取することができます。ヨーグルトや牛乳と一緒に食べると、朝食にぴったりです。

シチューやスープに入れる

もち麦はシチューやスープに加えて煮込むと、食感がアクセントになります。また、吸水性が高いため、汁気を吸い込んでボリューム感を出すことができます。

スポンサーリンク

パンケーキやクッキーに使用する

もち麦を粉状にしてパンケーキやクッキーの生地に混ぜると、食物繊維やたんぱく質を摂取できます。また、もち麦の風味が生地に豊かな味わいを与えます。

白米と混ぜて炊く

もち麦ご飯は、食物繊維が豊富なので、朝食にもぴったりです。また、もちもちとした食感で、満腹感も得られます。

もち麦をもっと美味しくするコツ

もち麦をより美味しく食べるコツを紹介する見出しです。もち麦は、炊く前の準備や炊き方によって、味や食感が大きく変わります。

スポンサーリンク

もち麦を日常に取り入れるアイデア

もち麦を日常生活に取り入れるアイデアを紹介する見出しです。もち麦は、健康志向の方やダイエット中の方におすすめの食材です。

もち麦のおすすめレシピ

1. もち麦ご飯

もち麦ご飯は、もち麦と白米を1:1の割合で炊くと、もちもちとした食感になります。また、具材として、きのこや海藻、野菜などをプラスすると、食べ応えのある料理になります。

材料(2人分)

  • もち麦 100g
  • 白米 100g
  • 水 200ml
  • だし汁 200ml

作り方

  1. もち麦と白米を一緒に洗って、30分以上浸水させる。
  2. 炊飯器にもち麦、白米、水、だし汁を入れて炊く。
  3. 炊き上がったら、混ぜて完成。

2. もち麦スープ

もち麦は、スープに入れて煮ると、もちもちとした食感が楽しめます。また、具材として、鶏肉や野菜などをプラスすると、栄養バランスの良い料理になります。

材料(2人分)

  • もち麦 50g
  • 鶏肉 100g
  • 野菜(お好みで)
  • 水 400ml
  • だし汁 200ml
  • 塩 小さじ1/2

作り方

  1. もち麦を洗って、30分以上浸水させる。
  2. 鶏肉は食べやすい大きさに切る。野菜は食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋に水とだし汁を入れて沸騰させる。
  4. 鶏肉と野菜を加えて煮込む。
  5. もち麦を加えてさらに煮込む。
  6. 塩で味を調えて完成。

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、もち麦の栄養効果を活かすおすすめの食べ方5選をご紹介しました。もち麦には、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているため、健康やダイエットに効果的です。

ご飯やスープ、お菓子など、さまざまな料理やスイーツに活用できるもち麦を、ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。

本記事が、皆様の健康や美容に役立てば幸いです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました