※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

バナナの賞味期限はいつまで?腐った時の見分け方や日持ちする保存法

大人から子供まで食べている果物で、まず思い浮かぶのがバナナではないでしょうか。バナナは包丁を使わず簡単に食べられる上、栄養価が非常に高い果物です。

そんなバナナですが、買ってから黒くして悪くしてしまう方も多いはず。

バナナの賞味期限ってどれくらいなんだろう?バナナを日持ちさせるにはどうしたらいい?

そんなお悩みをもつ方のためにバナナの期限や長持ちさせる方法を説明します。

スポンサーリンク

バナナの賞味期限は長い?短い?

バナナなどの果物は、肉や魚、加工食品などのように賞味期限や消費期限は存在しません

ですので、食べる時期については自分で判断しなくてはいけません。

何となく黒いポツポツが出てきたり黒くなってきたら危険信号のサインかなと思う方も多いとは思いますが、一体どれくらいもつものなのでしょうか。

スポンサーリンク

バナナの賞味期限はどのくらい?保存方法は?

バナナを常温、冷蔵、冷凍保存した場合、保存期間にどれくらい差があるのでしょうか。

また、保存方法はどうするのが最適なのでしょうか。

バナナを常温保存した場合:3〜4日

バナナの期限はその時の温度や環境によって異なります。

バナナにとって最適な温度は15〜20度です。南国で育つバナナですので、暖かければ早く熟しますが13度以下になると熟すのが遅くなると言われています。一般的には春夏は3〜4日秋冬は7〜10日くらいもつと言われています。

バナナを冷蔵保存した場合:10日

バナナを冷蔵保存した場合、保存状態がよければ約7〜10日もちます。

冷蔵で保存する場合、以下の「バナナの皮を黄色い状態で長持ちさせるには?」に詳細を記載してありますが、サランラップや新聞紙、またお湯につけた後で保存すると長持ちします。

スポンサーリンク

バナナを冷凍保存した場合:1ヵ月

冷凍するとバナナの保存期間はさらに長くなり、1ヶ月くらいは日持ちします。

バナナを冷凍する場合は輪切りにしてジップロックなどの袋に空気が入らないように密閉させます。もしくは皮をむいた1本のバナナをサランラップで密封するように巻きます。

輪切りにした場合はそのままヨーグルトにのせたりスムージーやミックスジュースに入れることができます。

お子さまがいらっしゃるご家庭は、1本まるごとおやつに出しても喜ばれます。ちなみにバナナを解凍してしまうとべちょべちょになってしまうため、冷凍庫から出したら少しだけ解凍して食べるのがよいでしょう。

バナナは冷凍保存が便利!栄養価もアップの美味しい食べ方

バナナが腐るとどうなる?食べられない場合とは?

バナナは生物なので、そのまま放置していると状態が悪くなり、やがて腐ってきます。

腐ったバナナはどのようになるでしょうか。

腐ったバナナの見た目の特徴

・皮の部分にカビが生えてくる

・腐って溶けてきて汁がでてきている

・皮が黒くなっている、また皮をむくと果肉部分も黒くなっている

 

腐ったバナナの感触の特徴

・皮をおすとブヨブヨしてくる

・つんとした鼻につくような臭いがする

・皮をむこうとしてもむくことができない

・酸味や苦味、舌がピリピリする

 

このような状態の時は食べずに破棄しましょう。

 

スポンサーリンク

バナナは皮が黒くても食べられる

皮が黒くなっているバナナは食べられるものと食べられないものがあります。

・食べられるバナナ︰皮をむいても中の果肉が綺麗で問題ないもの

冷蔵庫など冷たいところで保管すると皮が黒くなることがありますが、この場合は中身が大丈夫で食べられます。

・食べるのを避けた方がよいバナナ︰カビが生えている、果実が黒く傷んでいる、腐った臭いがする

時間が経って腐っていると皮も中身も黒くなってきます。腐っている場合、細菌が付着して食中毒になる可能性があるので、破棄しましょう。

 

スポンサーリンク

バナナの皮を黄色い状態で長持ちさせるには?

バナナの柄の部分にラップをする

バナナだけでなく果物や野菜から発生される「エチレンガス」

このエチレンガスは野菜や果物を追熟させます。

バナナは柄からエチレンガスが発生していますが、1本ずつ分けて柄の部分にラップをするとエチレンガスによる追熟を遅らせることができます。

バナナハンガーを使う

バナナは接触している部分から黒くなっていく性質があります。

黒くなるのを防ぐために、柄の部分をつるしてバナナを宙に浮かせると多少長持ちする効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

バナナをお湯につけてから保存する

バナナをエチレンガスから守ることで追熟が遅くなり傷みにくくなります。

また、お湯につけることでバナナを長持ちさせ黒くなるのを遅らせます。

ちなみに皮が黒くなってきても中は新鮮なままで、冷蔵庫で7〜10日ほどもちます。

バナナをお湯につける手順は、

①バナナを1本ずつ分ける

②50度のお湯を用意する

③バナナを5分間つける

④お湯から取り出し常温に1時間置く

⑤1本ずつポリ袋に入れて5〜10度の野菜室で保存する

です。

 

バナナを新聞紙にくるむ

バナナを新聞紙にくるんでからポリ袋に入れて冷蔵保存することで、バナナを黄色いまま保存することが可能です。

新聞紙にくるむことで冷蔵庫の冷気からバナナを守ります。

保存状態がよければ1週間〜10日前後もちます。

 

バナナの賞味期限に注意しよう

バナナには賞味期限はないですが、生物ですのでそこまで長く日持ちはしません。

腐ったバナナは時には食中毒を起こすこともあり注意が必要です。

バナナをたくさん購入してしまったり長持ちさせたい場合は、上記方法でバナナを長持ちさせてみてはいかがでしょうか。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました