※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

フラクトオリゴ糖は危険!?デメリットなども合わせて解説!!

フラクトオリゴ糖と聞くとお砂糖よりも太らないイメージがあって、ダイエットや健康のためにつかったりします。

フラクトオリゴ糖は腸にも良い働きがあると注目されており、砂糖よりも体に良いとされ砂糖の代わりに使っている方もいると思います。

しかし、フラクトオリゴ糖とはどいんなもので、体に危険はなくダイエットや健康のためになるものなのでしょうか?

今回はフラクトオリゴ糖は危険なのか、デメリットや副作用も含めて上手な使い方を徹底解説させていただきます。

スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖は危険?デメリットや副作用はある?

ダイエットや腸内環境を整えるために、フラクトオリゴ糖を使っている人もいますよね。

でも、このフラフトオリゴ糖は本当に体に危険はないのでしょうか?

実は摂りすぎたり使い方を間違えてしまうと、体調不良になってしまうこともあります。

ではフラクトオリゴ糖にはどのようなデメリットがあるのか、どんな体調不良を起こしてしまうのか、副作用もふくめてご紹介します。

フラクトオリゴ糖にはどんなデメリットがあるの?

フラクトオリゴ糖には以下のようなデメリットがあります。

  • 体調不良を招くことがある
  • 多く摂取してしまいがちである
  • 人工甘味料を使用しているものがある

体調不良を招くことがある

フラクトオリゴ糖は腸内のビフィズス菌の栄養源であるため、腸内環境を整えますがお腹が弱い人は注意が必要です。

なぜなら一時的に腸内環境が変化するため、下痢や便秘の症状が出てしまうことがあるからです。

また、フラクトオリゴ糖は「難消化性」という消化に時間のかかる食品であるため、摂取しすぎるとお腹の調子が悪くなってしまうこともあります。

上記のような症状が出る場合は、フラクトオリゴ糖の摂取を控えたり、摂取量を少量にするなどして体調不良が起きないように自分に合った摂取量を調整しましょう。

多く摂取してしまいがちである

フラクトオリゴ糖は砂糖よりも甘味が少ないので、砂糖と同じ甘さを求めて使ってしまうと多く摂取してしまいます。

体によいとされている食品でも、やはり摂りすぎは体に害をもたらしてしまいます。

さらにフラクトオリゴ糖は摂りすぎると、腹痛やお腹のハリといった症状があらわれる人もいます。

フラクトオリゴ糖の1日の摂取量は約2~10gを目安にして摂取するようにしましょう。

体に良いとされているものでもやはり摂りすぎは危険ですので、摂取量を考えて使うのが一番ですね。

フラクトオリゴ糖を含む食品の種類と、摂取量の目安
フラクトオリゴ糖は、腸内環境を改善するなどの健康効果があるとされる食品成分です。ただし、過剰に摂取すると下痢などの消化器症状を引き起こす可能性があるため、適切な摂取量を守ることが大切です。 食材別フラクトオリゴ糖を含む食品と含有量 ...
スポンサーリンク

人工甘味料を使用しているものがある

フラクトオリゴ糖は自然界にも存在しますが、フラクトオリゴ糖は砂糖よりも甘さが少ないため、甘さを増やす目的で添加物や人口甘味料を使用しているものもあります。

甘さを増すために使用する人工甘味料がアスパルテームやアセスルファムKなどであると、砂糖の約200倍の甘さを感じる甘味料であるため、甘さによる中毒性や味覚障害などにつながる恐れがあります。

使用する際には原材料表示を確認して、人工甘味料が入っていないフラクトオリゴ糖を選ぶのをおすすめします。

知らないと危険!人工甘味料危険度ランキング
いつの時代も甘い食べ物や飲みものは人々を魅了してきました。 現代においては、低糖質や低カロリーかつ十分な甘みを出すことのできる人工甘味料がさかんに用いられています。 しかしその歴史の浅さや、人工的に合成された物質であることなどから、その...
スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖とは?

最近は健康志向になってきて、オリゴ糖をよくスーパーなどで目にすることが多くなってきています。

オリゴ糖の一種であるフラクトオリゴ糖は、どのようなオリゴ糖なのでしょうか?

フラクトオリゴ糖とは人の手で合成して作ることもできますが、もともとは自然界に存在しているもので、野菜や果物の中に存在しています。

例えば、玉ねぎやゴボウ・アスパラガス・バナナ・ハチミツなどに含まれています。

てんさいオリゴ糖と何が違うの?

ではてんさいオリゴ糖とは何が違うのでしょうか?

てんさいオリゴ糖とは、てんさい糖に含まれている天然のオリゴ糖のことです。

てんさいオリゴ糖の原材料であるてんさい糖は、北海道で栽培されている大根の仲間の甜菜(てんさい)という野菜からとれた砂糖のことです。

フラフトオリゴ糖もてんさいオリゴ糖もどちらも自然由来のものでありますが、ではどこに違いがあるのでしょうか?

それは甘さの度合いや特徴に違いがあります。

以下の表が甘さと特徴の違いです。

オリゴ糖の種類                        特徴  甘味(砂糖の甘さを100%としたとき)
フラクトオリゴ糖 虫歯になりにくい 30%~60%
てんさいオリゴ糖 ビフィズス菌のエサになりやすい 20%

上記のように同じオリゴ糖でも甘さや特徴が違うので、自分にあったオリゴ糖を選んでくださいね。

フラクトオリゴ糖に関する疑問

フラクトオリゴ糖は太る?

フラクトオリゴ糖といってもやはり糖類の仲間であるので、太るのではないかと心配になる人もいるのではないでしょうか?

フラクトオリゴ糖は過剰に摂取しなければ、太ることはありません。

なぜならフラクトオリゴ糖のカロリーは砂糖の半分であり、さらに最大の理由がフラクトオリゴ糖は、体に吸収されない糖であるからです。

フラクトオリゴ糖は消化酵素では分解しにくい性質を持っており、胃や小腸で消化・吸収できません。

そのためカロリーがあっても体が吸収できないため、むしろ太りにくくダイエットなどに向いている食品といえます。

ですが、くれぐれも摂りすぎは十分注意してください。

腸活をするならフラクトオリゴ糖だけでは不十分!?1種類のオリゴ糖では効果が薄い理由
腸活のために、フラクトオリゴ糖を摂取している方も多いのではないでしょうか。フラクトオリゴ糖は、善玉菌のエサとなることで、腸内環境を整える効果があるとされています。 しかし、フラクトオリゴ糖だけでは、腸活の効果が十分に発揮されない可能性があ...

 

スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖 100%に近いおすすめオリゴ糖3選

フラクトオリゴ糖が100%に近いオリゴ糖はどのような商品があるか、おすすめを3つご紹介します。

 

とてもサラサラしてます。大容量なので小分け保存で使い切りましょう

フラクトオリゴ糖が97.5%含まれているオリゴ糖なので、安心して使えますね。


 

こちらも粉末タイプのオリゴ糖で、フラクトオリゴ糖が95%含まれているオリゴ糖です。


 

原材料がサトウキビのみのフラクトオリゴ糖で、自然由来なので安心して使えます。

このように一口のフラクトオリゴ糖といっても、含有量が様々ですので購入する前に成分表示を確認して、どれくらいフラクトオリゴ糖が含まれているか確認してみてください。

フラクトオリゴ糖を使用したお菓子

最近はオリゴ糖を使った菓子もたくさん発売されています。

特に明治のオリゴスマートはよく目にする人気商品となっています。

ぜひこのような体にも良い成分を使った菓子などを取り入れて、健康やダイエットの効果的な食生活を心がけるのも良いですよね。

まとめ

  • フラクトオリゴ糖は摂りすぎてしまうと体に害を及ぼすことがある
  • フラクトオリゴ糖とてんさいオリゴ糖は効果や甘味が違う
  • フラクトオリゴ糖は摂取しすぎなければダイエットに効果的である

今回はフラクトオリゴ糖についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

フラクトオリゴ糖は体に吸収されにくく、適量であればダイエットや健康にも良いものです。

どんなに体に良いものでも同じですが、適正量を超えて摂取をしてしまうと体に害を及ぼすので注意が必要です。

またなるべく人工甘味料を使ってないフラクトオリゴ糖をえらんでくださいね。

ぜひ体が喜ぶものを選んで無理なく食生活に取り入れて、健康的な生活を送ってください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました