※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

きび砂糖がなくても大丈夫!簡単な代用品7選

料理やお菓子作りに欠かせないきび砂糖。しかし、急に切れてしまったとき、困ったことはありませんか?

きび砂糖は、甘みだけでなく、独特の風味や食感も魅力です。そのため、代用品を使うと、味や食感が落ちてしまうのではないかと心配になりますよね。

そこで今回は、きび砂糖がなくても大丈夫!簡単な代用品3選をご紹介します。

スポンサーリンク

きび砂糖が切れたときの代用品7選

ここでは、きび砂糖が切れたときの代用品7選をご紹介します。

1. グラニュー糖

グラニュー糖は、きび砂糖に最も近い代用品です。甘みや風味はきび砂糖とほぼ同じですが、食感はやや固くなります。

2. 上白糖

上白糖は、グラニュー糖よりもさらさらとした食感です。甘みはきび砂糖よりやや強いので、量を調整しましょう。

スポンサーリンク

3. 黒糖

黒糖は、きび砂糖と同じく黒砂糖の一種です。甘みはきび砂糖よりやや強く、独特の風味があります。

4. メープルシロップ

メープルシロップは、かぼちゃやさつまいもなどの料理におすすめです。甘みとコクを与えてくれます。

5. はちみつ

はちみつは、ヨーグルトやパンケーキなどのお菓子作りにおすすめです。甘みと風味をプラスしてくれます。

スポンサーリンク

6. オリゴ糖

オリゴ糖は甘みはありますが、カロリーが低いのが特徴です。ヨーグルトやスムージーなどにおすすめです。

きび砂糖は、腸内環境を悪化させたり、血糖値を急激に上昇させたりしますが、オリゴ糖は腸内細菌のエサとなって腸内環境を整える働きがあります。また、砂糖に比べてカロリーが低く、血糖値の上昇が緩やかです。

砂糖をフラクトオリゴ糖に置き換えることで得られる具体的なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

* 腸内環境の改善
* 血糖値の上昇の緩和
* カロリーダウン
* 虫歯になりにくい
* 口臭や体臭の改善

そこで、きび砂糖をフラクトオリゴ糖に置き換えることをおすすめします。具体的には、料理やお菓子作りにフラクトオリゴ糖を使う方法があります。

いきなりすべてをフラクトオリゴ糖に置き換えるのは難しいかもしれませんが、無理のない範囲から始めてみてはいかがでしょうか。

下記リンクでAmazonでも特に人気が高いオススメのオリゴ糖を紹介しています。

フラクトオリゴ糖は危険!?デメリットなども合わせて解説!!
フラクトオリゴ糖と聞くとお砂糖よりも太らないイメージがあって、ダイエットや健康のためにつかったりします。 フラクトオリゴ糖は腸にも良い働きがあると注目されており、砂糖よりも体に良いとされ砂糖の代わりに使っている方もいると思います。 ...

7. アガベシロップ

アガベシロップは、ビタミンやミネラルが豊富です。ホットケーキやパンケーキなどにおすすめです。

アガベシロップの危険性は?体に悪い?健康に与える影響を徹底調査
聞きなれない方も多いアガベシロップ。アガベは日本語では竜舌蘭(りゅうぜつらん)と呼ばれており、多肉質の厚く細長い葉が放射状に延びて成長するので、独特な形が特徴です。 アガベシロップはこのアガベのエキスを抽出し、煮詰めて...
スポンサーリンク

きび砂糖とその他の砂糖の違い

砂糖とその他のお砂糖の違いを表にまとめました。一般的な砂糖は上白糖とお考えください

きび砂糖 上白糖 三温糖 黒糖
原料 さとうきび さとうきび さとうきび さとうきび
製造方法 精製を少なくする 精製を多くする 精製を2度行う 精製をほとんどしない
茶色 茶色
甘さ 砂糖よりやや控えめ 砂糖のこと 砂糖よりやや控えめ 砂糖よりやや強い
コク 砂糖よりやや強い 砂糖のこと 砂糖よりやや強い 砂糖より強い
栄養価 ミネラルを多く含む ミネラルをほとんど含まない ミネラルをあまり含まない ミネラルを多く含む
価格 砂糖よりやや高い 安い 砂糖よりやや高い 砂糖より高い
用途 料理やお菓子作りに 料理やお菓子作りに 煮物や照り焼きなどに 和菓子や焼き菓子などに

きび砂糖と上白糖の違い

きび砂糖と砂糖の違いは、製造方法と甘さにあります。きび砂糖は、精製を少なくして作られるため、砂糖よりもやや控えめな甘さです。また、きび砂糖にはミネラルを多く含むため、栄養価が高いという特徴もあります。

三温糖ときび砂糖の違い

三温糖ときび砂糖は、どちらもさとうきびを原料として作られます。しかし、三温糖は精製を2度行うため、きび砂糖よりもやや控えめな甘さです。また、三温糖はきび砂糖よりもコクがあり、煮物や照り焼きなどに適しています。

さとうきびと黒糖の違い

さとうきびと黒糖の違いも、製造方法と甘さにあります。黒糖は精製をほとんどしないで作られるため、さとうきびの栄養素をそのまま残しています。また、黒糖はさとうきびよりもやや強い甘さとコクがあります。

きび砂糖の代用品選びのポイント

きび砂糖の代用品を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 砂糖の種類

きび砂糖は、黒砂糖の一種です。そのため、黒砂糖や上白糖などの砂糖を代用品として使うことができます。

  • 料理・お菓子

料理やお菓子によって、適した代用品が異なります。例えば、ケーキやクッキーなどのお菓子には、グラニュー糖や上白糖がおすすめです。また、煮物や炊き込みご飯などの料理には、黒糖やメープルシロップがおすすめです。

  • 味や食感

代用品を使うと、味や食感に変化が生じる場合があります。そのため、代用品を使う際は、味見や試作をしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

きび砂糖の代用品を使うときの注意点

きび砂糖の代用品を使うときは、以下の点に注意しましょう。

  • 砂糖の種類や料理・お菓子によって使い分けるのがおすすめです。

きび砂糖は、黒砂糖の一種です。そのため、黒砂糖や上白糖などの砂糖を代用品として使うことができます。しかし、砂糖の種類によって、甘みや風味、食感などが異なるため、料理やお菓子によって使い分けるのがおすすめです。

例えば、ケーキやクッキーなどのお菓子には、グラニュー糖や上白糖がおすすめです。また、煮物や炊き込みご飯などの料理には、黒糖やメープルシロップがおすすめです。

  • 代用品を使う際は、味や食感に変化がある可能性があるため、注意が必要です。

代用品を使うと、味や食感に変化が生じる場合があります。そのため、代用品を使う際は、味見や試作をしてみることをおすすめします。

例えば、黒糖を使うと、甘みが増して、独特の風味やコクが出ます。また、メープルシロップを使うと、甘みやコクに加えて、香ばしさもプラスされます。

  • 代用品の分量を調整する必要がある場合があります。

代用品の甘みや風味、食感は、きび砂糖と異なる場合があります。そのため、代用品の分量を調整する必要がある場合があります。

例えば、黒糖を使う場合は、きび砂糖よりも甘みが強いため、分量を調整する必要があります。また、メープルシロップを使う場合は、水分量が多いため、分量を調整する必要があります。

きび砂糖が切れたときは、上記の注意点を参考に、代用品を使ってみてください。

きび砂糖の危険性とは?メリットとデメリットを知って上手に使うコツ

きび砂糖の代用品で作るおすすめレシピ

きび砂糖の代用品を使って作るおすすめレシピをご紹介します。

黒糖を使ったおすすめレシピ

  • きび砂糖の代用品で作る黒糖シフォンケーキ

材料(18cm型1台分)

  • 薄力粉 100g
  • アーモンドプードル 20g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • 卵 3個
  • きび砂糖(黒糖) 100g
  • サラダ油 50g
  • 牛乳 50ml

作り方

  1. 薄力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、塩をふるい合わせて混ぜ合わせておく。
  2. ボウルに卵を割りほぐし、きび砂糖(黒糖)を加えて白っぽくなるまで泡立てる。
  3. 2にサラダ油と牛乳を加えて混ぜ合わせる。
  4. 3に1を加えてさっくりと混ぜ合わせる。
  5. 型に流し入れて、180℃のオーブンで30分ほど焼く。

メープルシロップを使ったおすすめレシピ

  • きび砂糖の代用品で作るメープルシロップパンケーキ

材料(2人分)

  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • 卵 2個
  • 牛乳 100ml
  • メープルシロップ 大さじ3
  • バター 適量

作り方

  1. ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、塩をふるい合わせて混ぜ合わせておく。
  2. 別のボウルに卵を割りほぐし、メープルシロップを加えて混ぜ合わせる。
  3. 2に1を加えてさっくりと混ぜ合わせる。
  4. フライパンにバターを熱し、3を流し入れる。
  5. 両面をこんがりと焼いたら完成。

はちみつを使ったおすすめレシピ

  • きび砂糖の代用品で作るはちみつヨーグルト

材料(1人分)

  • ヨーグルト 150g
  • はちみつ 大さじ1
  • フルーツ お好みで

作り方

  1. ヨーグルトにはちみつを加えて混ぜ合わせる。
  2. お好みのフルーツをトッピングしたら完成。

きび砂糖が切れたときは、上記のレシピを参考に、代用品を使ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

きび砂糖の代用品は、砂糖の種類や料理・お菓子によって使い分けるのがおすすめです。

また、代用品を使う際は、味や食感に変化がある可能性があるため、注意が必要です。

ぜひ、今回の記事を参考に、きび砂糖がなくても美味しい料理やお菓子作りを楽しんでくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました